秋の日      中原中也                              「サイトの歩き方」も参照してください

 

秋の日は 白き物音

むきだせる 鋪石の上に

人の目の 落ち去りゆきし

あゝ すぎし 秋の日の夢

 

空にゆき 人群に分け

いまこゝに たどりも着ける

老の眼の 毒ある訝かり

黒き石 興をおさめて

 

あゝ いかに すごしゆかんかな

乾きたる 砂金は頚を

めぐりてぞ 悲しきつゝましさ

 

涙腺をみてぞ 静かに

あきらめに しりごむけふを

あゝ天に 神はみてもある



  中也      




(このサイトのトップページや評論のページへ行きたい時は、下のリンクをクリックしてください)

    トップページへもどる    「生い立ち」のページに進む  「中原思郎さんの思い出」に進む