秋の悲嘆     富永太郎                                                               「サイトの歩き方」も参照してください。

 

 

 私は透明な秋の薄暮の中に墜ちる。戦慄は去つた。道路のあらゆる直線が甦る。あれらのこんもりとした貪婪な樹々さへも闇を招いてはゐない。

 私はただ微かに煙を挙げる私のパイプによつてのみ生きる。あのほつそりした白陶土製のかの女の頸に、私は千の静かな接吻をも惜しみはしない。今はあの銅色の空を蓋ふ公孫樹の葉の、光沢のない非道な存在をも赦さう。オールドローズのおかつぱさんは埃も立てずに土塀に沿つて行くのだが、もうそんな後姿も要りはしない。風よ、街上に光るあの白痰を掻き乱してくれるな。

 私は炊煙の立ち騰る都会を夢みはしない――土瀝青色の疲れた空に炊煙の立ち騰る都会などを。今年はみんな松茸を食つたかしら、私は知らない。多分柿ぐらゐは食へたのだらうか、それも知らない。黒猫と共に残る残虐が常に私の習ひであつた……

 夕暮、私は立ち去つたかの女の残像と友である。天の方に立ち騰るかの女の胸の襞を、夢のやうに萎れたかの女の肩の襞を、私は昔のやうにいとほしむ。だが、かの女の髪の中に挿し入つた私の指は昔私の心の支へであつた。あの全能の暗黒の粘状体に触れることがない。私たちは煙になつてしまつたのだらうか?  私はあまりに硬い、あまりに透明な秋の空気を憎まうか?

 繁みの中に坐らう。枝々の鋭角の黒みから生れ出る、かの「虚無」の性相をさへ点検しないで済む怖ろしい怠惰が、今私には許されてある。今は降り行くべき時だ――金属や蜘蛛の巣や瞳孔の栄える、あらゆる悲惨の市にまで、私には舵は要らない。街燈に薄光るあの枯芝生の堅い斜面に身を委せよう。それといつも変わらぬ角度を保つ錫箔のやうな池の水面を愛しよう……

 私は私自身を救助しよう。



    富永太郎  




(このサイトのトップページや最新のページへ行きたい時は、下のリンクをクリックしてください)
 トップページへもどる

 人気の頁   中也の生い立ち   中原思郎さんの思い出   お地蔵様の正体を探る   出雲の阿国は歌舞伎の元祖