或る心の一季節     中原中也                                       「サイトの歩き方」も参照してください。

                 ――散文詩

 

 

 最早、あらゆるものが目を覚ました、黎明は来た。私の中に住む幾多のフェアリー達は、朝露の傍では草の葉つぱのすがすがしい線を描いた。

 私は過去の夢を訝しげな眼で見返る……何故に夢であつたかはまだ知らない。其処に安座した大饒舌で漸く癒る程暑苦しい口腔を、又整頓を知らぬ口角を、樺色の勝負部屋を、私は懐しみを以て心より胸にと汲み出だす。だが次の瞬間に、私の心ははや、懐しみを棄てゝ慈しみに変つてゐる。これは如何したことだ?……けれども、私の心に今は残像に過ぎない、大饒舌で漸く癒る程暑苦しい口腔、整頓を知らぬ口角、樺色の勝負部屋……それ等の上にも、幸ひあれ!幸ひあれ!

 併し此の願ひは、卑屈な生活の中では「あゝ昇天は私に涙である」といふ、計らない、素気なき呟きとなつて出て来るのみだ。それは何故か?

 私の過去の環境が、私に強請した誤れる持物は、釈放さるべきアルコールの朝の海を昨日得てゐる。だが、それを得たる者の胸に訪れる筈の天使はまだ私の黄色の糜爛の病床に来ては呉れない。――(私は風車の上の空を見上げる)――私の唸きは今や美はしく強き血漿であるに、その最も親はしき友にも了解されずにゐる。……

私はそれが苦しい。――「私は過去の夢を訝しげな眼で見返る……何故に夢であつたかはまだ知らない。其処に安座した大饒舌で漸く癒る程暑苦しい口腔を、又整頓を知らぬ口角を、樺色の勝負部屋を、私は懐かしみを以て心より胸にと汲み出す」――さればこそ私は恥辱を忘れることによつての自由を求めた。

 友よ、それを徒らな天真爛漫と見過るな。

 だが、その自由の不快を、私は私の唯一の仕事である散歩を、終日した後、やがてのこと己が机の前に帰つて来、夜の一点を圍ふ生暖き部屋に、投げ出された自分の手足を見懸ける時に、泌々知る。掛け置いた私の置時計の一秒々々の音に、茫然耳をかしながら私は私の過去の要求の買ひ集めた書物の重なりに目を呉れる、又私の燈に向つて瞼を見据える。

 間もなく、疲労が軽く意識され始めるや、私は今日一日の巫戲けた自分の行蹟の数々が、赤面と後悔を伴つて私の心に蘇るのを感ずる。――まあ其処にある俺は、哄笑と落膽との取留なき混交の放射体ではなかつたか!――だが併し、私のした私らしくない事も如何にか私の意図したことになつてるのは不思議だ……「私の過去の環境が、私に強請した誤れる私の持物は、釈放されべきアルコールの朝の海を昨日得てゐる。だが、それを得たる者の胸に訪れる筈の天使はまだ私の黄色の糜爛の病床に来ては呉れない。――(私は風車の上の空を見上げる)――私の唸きは今や美はしく強き血漿であるに、その最も親はしき友にも了解されずにゐる」……さうだ、焦点の明確でないこと以外に、私は私に欠点を見出すことはもう出来ない。

 

 私は友を訪れることを避けた。そして砂埃の立ち上がり巻き返る広場の縁をすぐつて歩いた。

 今日もそれをした。そして今もう夜中が来てゐる。終列車を當てに停車場の待合室にチヨコンと坐つてゐる自分自身である。此所から二里離れた私の住居である一室は、夜空の下に細い赤い口をして待つてゐるやうに思へる――

 

 私は夜、眠いリノリュームの、停車場の待合室では、沸き返る一抱きの蒸気釜を要求した。


   中也    

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2016/11/7 19:00時点)


(このサイトのトップページや最新のページへ行きたい時は、下のリンクをクリックしてください)

  トップページへもどる
 人気のページ   お地蔵様の正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは居なかった   中原思郎さんの思い出