朝の歌     中原中也                                            「サイトの歩き方」も参照してください。

 

天井に 朱きいろいで

   戸の隙を 洩れ入る光、

鄙びたる 軍楽の憶ひ

   手にてなす なにごともなし。

 

小鳥らの うたはきこえず

   空は今日 はなだ色らし、

倦んじてし 人のこころを

   諌めする なにものもなし。

 

樹脂の香に 朝は悩まし

   うしなひし さまざまのゆめ、

森竝は 風に鳴るかな

 

ひろごりて たひらかの空、

   土手づたひ きえてゆくかな

うつくしき さまざまの夢。



   中也    

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2016/11/1 09:02時点)


(このサイトのトップページや評論のページ等へ行きたい時は、下のリンクをクリックして下さい)

   中原中也の生い立ち   中原思郎さん   お地蔵様の正体