中原中也                             「サイトの歩き方」も参照してください。

 

 

天は地を蓋ひ、

そして、地には偶々池がある。

その池で今夜一と夜さ蛙は鳴く……

――あれは、何を鳴いてるのであらう?

 

その声は、空より来り、

空へと去るのであらう。

天は地を蓋ひ、

そして蛙声は水面に走る。

 

よし此の地方が湿潤に過ぎるとしても、

疲れたる我等が心のためには、

柱は猶、余りに乾いたものと感はれ、

 

頭は重く、肩は凝るのだ。

さて、それなのに夜が来れば蛙は鳴き、

その声は水面に走つて暗雲に迫る。


   中也    

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2016/11/3 09:47時点)


(このサイトのトップページや最新のページへ行きたい時は、下のリンクをクリックしてください)

  トップページへもどる  中原思郎さんの思い出に進む