中原中也               「サイトの歩き方」も参照してください。

 

 

 ある朝 僕は 空の 中に、

黒い 旗が はためくを 見た。

 はたはた それは はためいて ゐたが、

音は きこえぬ 高きが ゆゑに。

 

 手繰り 下ろさうと 僕は してが、

綱も なければ それも 叶はず、

 旗は はたはた はためく ばかり、

空の 奥処に 舞ひ入る 如く。

 

 かゝる 朝を 少年の 日も、

屡々 見たりと 僕は 憶ふ。

 かの時は そを 野原の 上に、

今はた 都会の 甍の 上に。

 

 かの時 この時 時は 隔つれ、

此処と 彼処と 所は 異れ、

 はたはた はたはたみ空に ひとり、

いまも 渝らぬ かの 黒旗よ。



  中也    

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2016/11/3 18:42時点)



(このサイトのトップページや評論のページへ行きたい時は、下のリンクをクリックしてください)



  トップページへもどる  「生い立ち」のページに進む