役行者は葛城氏の一族、剱根命の子孫か                              「サイトの歩き方」も参照してください。

大和国、葛城山(標高960m)は現在でも全国の修験道(山伏)の聖地として知られています。それと云うのも開祖である役行者(えんのぎょうじゃ、役小角634〜701年)が厳しい山岳修行をしたとされる場所を自らも訪れ、行者の感得した呪法の息吹そのものに少しでも触れてみたいと願う人々が毎年絶えない事によるもので、彼の生家も大和国葛城上郡茅原村(現・御所市)に在りました。何しろ人々が恐れる鬼は勿論、地元葛城の神様でさえ支配下に置いて使役したという「伝説」の持ち主で、その他にも幾多の秘話が伝えられる役小角は、余りの神秘性と摩訶不思議な言い伝えが外国を舞台にしたものまで敷衍していることから、実在性を疑う方も少なくありませんが、彼が七世紀後半から八世紀の初めにかけて活躍したのは紛れもない事実で「続日本紀」には次のような記録が残されています(下右の画像参照)。

  丁丑 役君小角流于伊豆島 初小角住於葛木山 以咒術稱 外從五位下韓國連廣足師焉
  後害其能 讒以妖惑 故配遠處 世相傳云 小角能役使鬼神 汲水採薪 若不用命 即以咒縛之                巻第一、文武天皇三年(699)五月丁丑条

また、後世、様々に姿を変えながら人々の間で喧伝された行者像の原型とも言える逸話が「日本霊異記」(西暦820年頃に成立)には、

  役の優婆塞は葛木上郡茅原村の人で、賀茂役公の民の出である。若くして雲に乗って仙人と遊び、孔雀王呪経の呪法を修め、鬼神を自在に操った。
  鬼神に命じて大和国の金峯山と葛木山の間に橋をかけようとしたところ、葛木山の神である一言主が人に乗り移って文武天皇に役の優婆塞の謀反を讒言した

と書かれてあり、彼が「神がかり」した人物によって「讒言」された事も明らかになっています。ここで登場する「一言主」という神様は、土佐風土記(下右の画像)の逸文に『土左の高賀茂の大社あり、其の神の御名を一言主尊と為す。其のみ祖は詳かならず。一説に日へらく、大穴六道尊(オオアナムチ)の御子、味鋤高彦根尊なりといへり』とあることから葛城の産土神であると考えられているのですが、そうすると行者が自らの郷土神と鋭く対立したことになり、不審と言えなくもありません。

一言主神社  役行者像  続日本紀 

一方、この一言主が古事記(712年)に登場するのは「下巻」(雄略帝段)に入ってからなので、神々の中でも比較的「新しい」(時代に出現した)存在のようにも思えます。葛城山で狩を催していた大王の前に「装束や人数」まで帝の一行と良く似た鹵簿が現れます。不審と怒りを覚えた雄略は弓に矢を番えて『名を名乗れ』と詰問したところ『吾は悪事も一言、善事も一言、言い離つ神。葛城の一言主の大神ぞ』との答えが返ってきたと記は伝え、日本書紀(720年)は「雄略四年春二月」の出来事で、二人は「面貌容儀」相似ていたとも記し、一事主神と名乗った相手と帝は「與に遊田(かり)」を楽しみ、日暮れて家路に就いた帝を久米川まで神が見送ったと記録しています。つまり、この一言主(一事主)という神格は、応神王朝の正嫡である雄略帝の偉大さを最大限に引き出すための「相方」として記紀編集者たちによって創造されたものだった可能性があります(帝室と葛城氏との『対立』と討伐の過程を知る者にとって、両者の優雅な立ち居振る舞いは如何にも作り物めいて見えます)。

何より「続日本紀」の記述には「葛城の神」の姿は無く、ある人(行者と対立する側の人)が「讒以妖惑」したことにより配流されたのだと明言しており「讒言」した人物と葛城の地との関連つながりなどは一切触れられてはいないのです(更に言えば、その人物は悪意を持って役行者を貶めようと画策したに違いありません)。古代において「呪法」は最高の知識であると同時に、誰かに「呪い」をかける事の出来る大変危険な手段でもあった訳ですから、朝廷内に立場を得ていた人物が『役小角が呪法で人心を惑わせております』と正式に訴え出たなら、朝廷も真剣に対処する他無かったものと思われます。さて、その行者の出自については、どの資料を当ってみても「葛城を本拠地とする賀茂一族の出」とあり、地祇を祖とする賀茂氏の一流だと解説していますが、その論拠となる具体的な系譜などを示すものは見当たりません。恐らく、日本霊異記と土佐風土記(逸文)にある記述が唯一とも言える傍証とされているのだと思われますが、風土記の逸文は『その(一言主)御祖は詳かならず』とも伝えており「一言主尊」が、必ずしも味鋤高彦根命の亦名では無い可能性すら示唆しているのですから、行者と同神との「対立構図」そのものが創作であったと考えられなくもありません。又、何より古代の人々が自らの祖神を取り分け大切にし尊崇していた事に思いを馳せるなら、役小角が葛城の郷を護る神々を蔑にしたとは到底想像出来ないのです、それはさておき。

続日本紀  日本霊異記   PR

役行者と鬼たち  田使首の系図  日本書紀

さて、その行者を「賀茂氏」の一族であると日本霊異記が明言している訳ですが、一番初めに照会した「続日本紀」は、ただ「役君小角」としか記していません。二つの資料が編纂された時期には凡そ一世紀ちかくの時間差があるので、この間に「役君」が「賀茂役君」という姓を賜った可能性は確かにあります。その根拠の一つが「続日本紀」にある次の一文です。

  従六位上賀茂役首石穂並びに正六位下千羽三千石など百六十名に賀茂役君姓を賜った。           養老三年(719)七月十三日条

解説するまでもありませんが、それまで「首(おびと)」姓であった「石穂」という人を筆頭に、百六十名もの人々が「賀茂役君」という「姓」を朝廷から与えられたという記事です。八世紀の時点でも尚、多くの人たちが神社・祭祀などに関わる「公役」に従事していたことが分かりますが、ここに名前が記された石穂が大和葛城を本貫とした一族の代表であったのかは詳らかではないので、筆者はむしろ古代氏族難波田使首の系図に名を遺した人物こそ行者の祖先ではないかと想像しているのです。これまで当オノコロ・シリーズでは、この氏族について何度か天津彦根命や葛城氏に関連した頁でも触れてきましたが、その系図は国立国会図書館が収蔵している『諸系譜』に含まれている書き物で、凡そ次のような家系を伝えたものです。

  高魂命−−伊久魂命−−天押立命(又名、神櫛玉命)−−陶津耳命−−玉依彦命−−剱根命−−夜麻都俾命−−久多美命−−加豆良支根命−−垂見宿禰
  −−伊牟久足尼−−宮戸彦宿禰(景行御宇)

神様たちの系譜に詳しくない方にとっては余り馴染みのない漢字の列がずらりと並んでいますが、これは「スサノオ・五十猛神」を氏族の源とする、所謂「天孫」系に属する或る一族が伝えたもので、系図に登場している「天押立命」が当サイトの主人公の一人(一柱)でもある天津彦根命と同神であり「陶津耳命」が八咫烏の異名を持つ鴨健角身命(亦の名が少彦名命)に相当する神様です。そして、その孫の代に名を連ねている「剱根命」が葛城国造として知られる人物であって、その子孫が連綿天孫の血脈を伝えたとされているのです(註:孝元帝〜武内宿禰を祖先と称する葛城氏とは系統が異なる。但し、剱根[つるぎね]の後裔に当る荒田彦足尼の娘・葛比売が武内宿禰に嫁いでいる)。そして、上で引用した景行帝の頃の当主として上げられている「宮戸彦宿禰」の兄弟に「長島」という人物の存在が記されており、彼が「役直(えんのあたい)祖」であるとの注が書き込まれています(上中央の画像参照)。若し、この伝承が正しい内容のものであるとするなら、正に葛城の地で古くから繁栄していた天孫の少彦名命一族の後裔に役行者が出たことになるでしょう。また、鴨縣主の系譜を見ると、

  賀茂建角身命(少彦名命)−−玉依彦−−五十手美命(生玉兄彦命)−−麻都躬乃命−−弥加伊支命−−津久足尼命−−鴨部刀支命

と続く家系に見える「鴨部刀支命」の妹である鴨部美良姫命が三輪系統の飯肩巣命に嫁いで有名な大田田根子を産んだとされていますから、ここからも「鴨、賀茂(カモ)」との深い繋がりが見て取れます。当サイトでは「鴨(カモ)」は「神(カミ)」や「剣(ケン)」に転訛し人々の意識の中に取り込まれたのではないか、という仮説も紹介してきましたが、その神々たちの威光も大王の権威が喧伝されるのに反比例して次第に輝きを失ったようです。

 TOP    
     
 人気のページ   お地蔵さまの正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは天目一箇命と同神   東洲斎写楽と十遍舎一九