不思議の国イズモ大国主命素戔嗚の里                   サイトの歩き方」も参照してください 

前の楽章では「オオクニヌシはいなかった」という独断的な結論めいた事柄を書いてしまったので、じゃあ次はどうするのか、中々良いアイデアも浮びません。そこで管理人の雑学の断片をつなぎ合わせて、題名のような内容のものを書いてみたらどうか−、と思いついたワケです。神話そのものが「不思議」の塊みたいなものですから、その上に一体どんなフシギがあるというのか?と思われるでしょうが、結構、謎はあるものなのです。

 出雲大社はオオクニヌシを御祀りしています(photo by misako)  古図  熊野大社

現在、誰もが出雲大社という神社が出雲地方を代表する一番格式の高いお宮さんだと考えているでしょう。まぁ、それはそれでいいのですが、これまで神様たちの神話や昔話を読んできた読者なら『国譲り神話の例もあることだし、何か、また面白い話があるのかな』と、少しは期待するかも知れませんね。そこで又、記紀・風土記に目を向けて、古代の出雲に旅してみましょう。

出雲一の宮は熊野大社 出雲大社が「頭を下げて」お願いする!

意外に思われるでしょうが、出雲大社は決してナンバー・ワンのお宮さんではありません。何故、そんなことが言えるのか、分かるのか?と思うでしょう。それが分かるのです。一つの伝承によって。

出雲の国に「大社」さんと名のつくお宮は二つしかありません。その一つが出雲大社であり、その祭神がオオクニヌシであれば、誰が考えても地域のナンバー・ワン、最高のカミサマのはずなのですが、この地方に今でも伝わる神事の内容が、二つの大社の微妙な関係(かつての力関係)を暗示しています。

熊野大社は紀州との結び付きがある、という人もあるのですが、もともと熊野山にあったという、このカミサマは、その別名がクマノノオオカミクシミケノミコトである、とされています。その名前が示しているように「ミケ」(食べ物)の守護神だと思われるのですが、皆さん、その本名が分かりますか?分かりますね。そうです、国造りをしたオオクニヌシの大神でさえ頭の上らないカミサマと言えば、あの神様しかいませんね、祭神はスサノオのミコトです。この神社がある地域は、昔風の言い方で「意宇郡」(おうぐん)と呼ばれるところで、出雲風土記はその地名の由来を『国つくりをなさっていた神様が4回の国引きをされた後、意宇の杜に杖を衝き立てて「おゑ」(終えた)と語られた』からだと言っているので、国つくりの最終段階で出来たクニだった事が分かります。ここで微妙なのが『最後に出来上がった所』という表現で、勘ぐれば−最後まで国引きに反対していた−とも考えられるのです。ただ、考古学的には、この意宇地方は早くから古代文化の中心的な地位を占めていたと見られていますから、ひょっとすると出雲大社よりも、ずっと以前から信仰の対象になっていた可能性も十分にあるのです。

祭神がスサノオとオオクニヌシであることを知れば、神社どうしの力関係がどうなっているのか想像もつきますが、熊野大社の祭神を知らなければ、どうして出雲大社のお使いが、毎年、貢物を持って熊野大社を訪れ、大切な儀式に使う道具を授からなければならないのか、理解に苦しむことでしょう。

その神事の内容を分かりやすく箇条書きにすると、

 1 そのお祭りを「鑚火祭」という。これは出雲大社で行う新嘗祭に使用する「火」をおこす儀式である。

 2  儀式には「ひきり臼」と「ひきり杵」が必要であるが、それらは熊野大社から授けられる

 3  出雲大社の使者は「長さ1メートルもの大きな餅」を貢物として熊野大社に届ける

つまり、出雲大社で行われる1年の節目の大切な儀式に用いる重要な「道具」が出雲にはなく(あるいは出雲側の持っているものには資格が備わっていない)わざわざ熊野まで毎年出かけて、貢物と引き換えに授けてもらわなければならない、ということなのです。これは、素直に理解すれば、かつては熊野大社が出雲大社より優位に立っていた証拠と言えなくもありません。

大社の神楽殿   熊野大社に餅を届ける儀式の様子(熊野大社のHPより)

そして、とても面白いことに、折角、出雲が持ってきた大きな餅について、熊野大社側の受け取る人物が神職の位がずっと相手よりも低いのにもかかわらず『この餅は色が悪い、去年よりも随分小さい』などと、とても口やかましく言い立てるのです。ところが位の高い出雲大社の使者は一言も弁明することなく、ひたすら頭を下げて儀式に必要な道具を授けてください、とお願いするのです。そして、やっとのことで「臼と杵」を渡してもらえる訳なのですが、この神事から、出雲地方では口やかましい人のことを『亀太夫』(餅をけなす熊野側の人の名前)と呼び習わしています。前に見た国譲りの神話は、何か神話的な要素が多く、分かりにくい部分がありましたが、この亀太夫の存在は、かつての両神社あるいは地区勢力のあり方、力関係を如実に示唆しているように思えてなりませんが、皆さんはどのように感じられましたか?

出雲大社と竜神様の関係は神々がお帰りになる神立橋

出雲地方では10月のことを「神有月」と呼ぶ事は、先に紹介しましたが、出雲大社では当然、全国から集まってこられる神様たちをお迎えする儀式が執り行われます。このお祭りは「神迎祭」「神在祭」「神等去出祭」の三つで構成されているものなのですが、竜神さまが主役を演じるのが旧暦10月10日の夜に行われる「神迎祭」と呼ばれる御祭りなのです。

普通、出雲大社に全国から神様が集まってこられるのですから、それをお迎えするのは、当然、大社の祭神であるオオクニヌシであるべきだと思うのですが、どうでしょう?

そして、その竜神が神々を迎える場所が、あの国譲り神話の地・稲佐の浜だと言ったら…。なにか、因縁めいた気がしてきませんか。

竜神さま(HPより)  神様たちの宿・十九社  万九千神社

国譲りの神話では国を譲り受ける側の神々がどの方角(天空?)から来られたのかはっきりとしていませんでしたが、この「神迎祭」では、神々は海から来るという言い伝えを形として残しています。そして、オオクニヌシの代理が竜神であるという事実は、出雲(オオクニヌシの出雲)と大和の大神神社とのつながりを暗示しているように思えてなりません。その話はおいといて、この「海から来る神」については、古事記にちゃんと伏線が引いてあります。

その内容をかいつまんで紹介すると、

  その昔、オオクニヌシが国づくりを共に進めてきた協力者のスクナヒコナが先に無くなった(常世国に渡った)ため、
  これから独りでどうやって国づくりをやればよいか、思い悩んでいると、
  海を照らしてより来る神があった。
  その神様が『わたしを大和 の三輪山に祭るなら協力しても良い』 と言われた。

といったもので、この神様が大神神社のご祭神であるオオモノヌシなのです。また、古事記などによれば、一族の大先達である素戔嗚(スサノオ)が、もともと治めていたのが「大海原」なのですから、ご先祖たちを迎えるためにも海辺と言う場所が選定されたのかも知れません。また、もっと想像を逞しくするなら、人々の記憶の中に『海の彼方から来る神々』  の姿が鮮明に残されていた時代から話継がれたものなのかも知れません。そして、この神々を迎える儀式の途中にある一の宮に必ず立ち寄ってから稲佐の浜に、行列は向かうものとされています。そうです、先にお話した熊野大社の出張所が、ちゃんと順路の途中に設けてあるのです。

さてさて、このようにして全国から集まった神様たちは10月11日から17日までの一週間の間、出雲大社で「神事」を「神議り」(かみはかり)にかけて決裁されるのですが、海から来られた神様たちは、きっとまた海の方へ帰ると思いますか?ここまで、このページを読んできた皆さんなら、きっと、随分天邪鬼になっているでしょうから、答えは「ノー」ですよね。そのとおーり、海へは帰らないのです、では、どちらへ??

空からくるはずの神々が海から来られたのですから、お帰りになるのはその又逆の発想で、空・天空に旅立たれることになっています。上の写真はカミサマたちの宿泊所である十九社なのですが、カミサマたちは直接ここからお立ちになるわけではありません。理由は不明ですが、別の神社から、それぞれの国にお帰りになります。その神社の名前を万九千神社(まんくせん神社)といい、その儀式を「神等去出祭」(からさでさい)と呼びます。

この神社がカミサマたちの旅立たれる場所なのですが、この神社は独立したものではなく立虫神社に併設されたもの。つまりは居候の分際なのですが、なぜか全国のカミサマは自分の国に帰る前に、この小さなお社を訪ねる慣わしになっているのです。その理由は分かりません。でも、祭神は分かっています。誰でしょう?

万九千神社の祭神はクシミケヌノミコト、オオナムチノミコトそしてスクナヒコナノミコトです。この、一番初めのカミサマの名前、見覚えがありますか?このページのトップで紹介した熊野大社の祭神くまののおおかみクシミケノミコトと同じであると考えられ、さらには、この物語の主人公の一人であるスサノオと同一視されているカミサマですね。ここまで来れば、神々を迎え・神々を送り出す儀式の「表向きの主役はオオクニヌシ=オオモノヌシ」ということになっているが、その実、本当の主役はクシミケヌ・スサノオに代表される、さらに古い神々=原初の神(祖神)=穀物・食物の神であったことが仄見えてきませんか?紀州の熊野大社それに大神神社とのつながりも書きたかったのですが、それは次のページまで、お預けということにします。

神々が旅立たれる神立橋   奈良の大神神社の拝殿

(このサイトのトップページや最新のページへ行きたいときは、ご面倒ですが左下のリンクをクリックして下さい)

    トップページへもどる      
       
 人気のページ   オオクナヌシは居なかった   オオクニヌシは天津彦根命と同神か   お地蔵さまの正体   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖