石川五右衛門仲間たち、全員集合!

 このページで紹介している錦絵のほとんどは東京国立博物館が収蔵しているものです。「サイトの歩き方」も参照してください 

     五右衛門の大立ち回り  

このところの健康ブームと関係でもあるのか、地方の家庭には最近まで残っていた「五右衛門風呂」が、今ちょっとした人気商品になっているのだとか。もちろん、その名前の由来は、あの石川五右衛門(いしかわ・ごえもん)さんからきています。歌舞伎芝居の世界で有名になったことから、架空の人物だと思っている方も多いようですが、彼は安土・桃山時代を生きた実在の大泥棒で、同時代の公家・権中納言山科言経(やましな・ときつね,1533〜1611)が残した日記『言経卿記』文禄三年(1594)八月二十四日の項に「庚牛、天晴」とあり、続けて、

    盗人、スリ十人、又一人は釜にて煎らる同類十九人は磔。三条橋間の川原にて成敗なり

と記されているのが五右衛門の最期らしく、この「同類十九人」には実の子供と彼の母親も含まれていたようです。この時代でも珍しい極刑の執行を一目見ようと都の「貴賎」が川原に群がり集まったと言経は伝えていますが、子供の最期については巷説が幾つかあり、

    五右衛門が息絶えるまで、我が子を両手で抱え上げていた

とするものがある一方、

    五右衛門は自分の子供を踏み台にして逃れようとした。  子供が苦しまないように即死させた。

と正反対の風聞も伝わっているような有様、ただ、この「貴賎」の一人であったに違いない行動派の言経も盗人の名前までは書き残してくれていないので、これが本当に五右衛門さんだったのかどうか、今となっては知りようがありません。その他の資料で五右衛門の存在を確かめようとすれば、半世紀余り後の寛永十九年(1642)に編集された『豊臣秀吉譜』という書物に、

    文禄の頃、石川五右衛門という盗賊が強盗、追剥、悪逆非道を働いたので

    秀吉が京都所司代の前田玄以に逮捕させ、母親以下同類二十八人と共に三条川原で煎り殺した

とあるのを信用するしかありません。また、歴史の専門家によれば「言経卿記」そのものも、どういう訳か「歴史上の重大事件が起こったとされる日付の部分の殆どが欠損」しているらしく、その記述内容の信憑性を危ぶむ向きもあるそうです。まあ、信じるしかない、といった頼りなさはあるのですが、丁度、同じ頃、日本に滞在していた貿易商人アビラ・ヒロンの書いた書物にも「都を荒らしまわる盗賊団があり、其の中の15人の頭目が官憲に捕えられ、京都三条の川原で生きたまま煮られた」(『日本王国記』1656年著)という記述があり、当時イエズス会の京都修道院長だったペドロという人物が、これらの盗賊の首領の名前を「ixicava  goyemon」だったと注釈しているそうなので、五右衛門の実在を疑う余地はないでしょう。では、どんな大泥棒だったのか?

今、三十代以上の皆さんなら、かつてのTV人気バラエティ番組に出演していたザ・ドリフターズ加藤茶が、よく時代劇風のコントで、ぼうぼうに伸びた大きな鬘(百日かづら)を被り、派手な色柄のドテラ(本来の格好は黒のビロード地)を身にまとい、大人の腕ほどもある太い煙管(きせる)を持って見栄を切るシーンがあったことを覚えているかも知れませんが、あの五右衛門ルックの原典は、勿論、歌舞伎役者の扮装から来ているもので、江戸時代・寛永4年(1851)正月に中村座で四代目市川小団次が演じた演目などがお手本になっている、ともされています。また、浄瑠璃の世界では既に元禄以前(1700年頃)に五右衛門物が演じられており、現在でも出し物として有名な『楼門五三桐』(並木五兵衛作)は安永七年(1778)に初演されているので、五右衛門という役柄は歌舞伎芝居にとって無くてはならない悪(わる)キャラクターだったと言えそうです。以後、歌舞伎の世界では彼を『義賊』として扱い、演じられることが多かったため、史実よりもお芝居の世界・虚構の世界での活躍ぶりが世間一般に広まり、そのため様々な「説」も生まれたらしいのですが、例によって盗人・五右衛門の出自は明確ではありません。

WEBで調べてみても、余り多くの資料を見つけることが出来ませんでしたが、

    秀吉の時代に活躍した三好家の家臣・石川明石の子

    遠州浜松の生まれ

とする説があるかと思えば、

    伊賀の石川村の生まれで、忍術の修行をしていた。    生まれは伊賀・交野郡である

    丹後守護・一色家の家臣であった石川秀門の次男で石川五良衛門がモデル(丹後旧事記

とするものもあり、正に諸説紛々・五里霧中といったありさまです。ただ、関西の住民という立場からすると、彼の苗字「石川」は、やはり近畿地方を流れる、あの石川から頂戴したのではないか、と思いたいのです(現在の大阪府南河内郡太子町という所には「石川五右衛門が腰をかけ休息した」とされる石が残っている)。時代は全く異なりますが中大兄皇子中臣鎌足に協力した蘇我氏の一族・石川麻呂の名前の由来である、あの「石川」です。

絶景かな、絶景かな!と「見栄」を切る

出身地にも諸説  関白・秀次  絵本太閤記   PR

それはそれとして、江戸の庶民が盗賊の首領であり釜煎りという前代未聞の極刑に処せられた大泥棒に、例え空想世界とはいえ歌舞伎の舞台空間の中で、

    石川や  濱の真砂は尽きるとも  世に盗人の  種は尽きまじ

といった辞世まで詠ませてやり、京都の古刹・南禅寺山門という格好の晴れ舞台をしつらえて、五右衛門に、

    絶景かな、絶景かな。春の眺めは値千金とはちいせえ、ちいせえ。

と大見栄を切らせた、その心情的な背景には豊臣家、つまりは豊臣秀吉を出来るだけ悪役に仕立てたい−つまりは江戸幕府・徳川家の立場を良くして置きたい、というお上の意向が陰で強く働いていたのではないか、と勘ぐりたくなってきます。虚実混じりの五右衛門話を調べてみると、確かに彼を捕えたのは当時の京都所司代で前田玄以(まえだ・げんい,1539〜1602)という役人だったらしい。では、何故、泥棒の捕り物にわざわざ所司代という大物が出向いたのかと言うと、ここからは、少し話しの内容が講談調で怪しくなりますが、

    五右衛門が時の権力者秀吉に対抗意識を燃やし、その命を狙って伏見城に忍び込み

    あと一歩という処で秀吉のお宝「千鳥の香炉」が鳴き声を上げたので捕えられ

    秀吉の直々の取調べに対して「お前こそ天下を盗った大泥棒だ」と啖呵を切ったので

秀吉はプッツン、家臣に、釜煎りの刑にするよう命じた、ことになっています。勿論、これは1802年に出版された読み物『絵本太閤記』に影響された巷説に過ぎない作り話で、実際の五右衛門は「配下の者を養うため」という明確な目的で京都大阪を中心に大名や公家、豪商や社寺まで荒らしまわっていた凶悪な強盗団の親分であったのです。世間への見せしめ効果を時の最高権力者だった秀吉が狙ったのは確かですが、わざわざ一族郎党の全てを公開処刑したのには、やはりそれ相応の理由があった−彼等が稀な凶悪犯だったからに違いありません。その極悪人・五右衛門が舞台では『義賊』として権力に立ち向かう英雄に仕立て上げられるのですから、市井の機微とは摩訶不思議なものです。それだけ江戸庶民のストレスが強かったということなのでしょうかね。俗に言う判官贔屓の典型と言ってしまえば身も蓋もありませんが、どうも我が国の同胞連中は目に見える形のあるモノに影響されやすい性格のようです。文禄三年八月、五右衛門は最期の日を迎えますが、その処刑の方法は五右衛門風呂のように釜の中で熱湯を浴びたのではなく、釜の中に入れた油で煎り殺されたというのが本当のようです。どちらにしても、極限の苦痛を伴ったに違いありませんが油炒めといったほうが正確なのでしょう。

本来なんのつながりもなかったのですが、権力者・秀吉は五右衛門を葬り去った翌文禄四年八月、関白秀次(ひでつぐ,1568〜1595)の遺児、妻妾四十余名を同じ三条川原で処刑しています。「絵本太閤記」が、この事件を意図的に取り上げ、直前に刑死した大泥棒と関白秀次を関連付け、秀吉暗殺の筋書き、そして虚構としての義賊・五右衛門を創造したとしても不思議ではありません。

義賊鼠小僧次郎吉さん 盗みはすれども非道はせず… 

 芝居の世界でも人気のあった鼠小僧   お江戸日本橋  鼠小僧と弁天小僧

義賊ということなら、この人のことを忘れてはいけません。五右衛門が関西代表なら、お江戸を代表する大泥棒と言えば鼠小僧さんを置いて他にありません。彼も歌舞伎の世界で人気者として大活躍していますが、時代が下ったこともあり(寛政の頃)その人物像は、かなり細部まで知られています。次郎吉(じろきち)は、その生い立ちから歌舞伎世界に縁が深く、浮世絵版画の世界から写楽が姿を消して間もない、

    寛政九年(1797)頃、江戸に生まれ

    江戸三座の一つ、中村座の木戸番を親に持ち

    建具職人として普通の生活をしていたが

お定まりの博打狂いで身を持ち崩し、借金に追われて無宿人となり、小さな体と身のこなしの軽さ(一説では鳶職人だったとも言われている)で泥棒稼業にいそしむようになったらしい。彼が稼業を始めたのは24,5歳になった頃からで、大名や武家屋敷を専門に忍び込み、現金だけを頂戴していた。もっとも初めから名盗だった訳ではなく、泥棒生活2,3年目にあたる1825年に一度逮捕され『入れ墨・追放』という刑を受けています。この当時としては軽い処分で済んだのは「人を傷つけていなかった」という情状酌量があったようで、この点も後に義賊に仕立て上げられた要素の一つになっているのでしょう。

ところで次郎吉が一般の民家・商家ではなく大名・武家屋敷に標的を絞ったのは、勿論お金がありそうな場所だったからなのでしょうが、もう一つ大事な状況判断があったようです。それは、武家が被害にあって届け出た場合、

    盗賊に入られるとは武士の風上にも置けない不届者

と逆に主家からお咎めを受ける可能性があり、少少のことは町奉行に届けないのが一般的だった事情を逆手に取ったもので、警備が厳重だった商家よりも、奥の保安が手薄だった武家のほうが忍び込みやすかったのも事実のようです。一度の失敗にもめげず、鼠小僧は約十年の現役時代76軒の屋敷に入り込み、3,200両を盗み出したのですが、天保三年(1832)5月9日、日本橋浜町の松平宮内少輔宅に忍び込んだ処を見つかり逮捕されました。「十両盗めば首が飛ぶ」この時代、これだけの「仕事」をやってのけた次郎吉を待っていたものは「打ち首・獄門」という当然の結末でした。世の中には奇特な人が居るもので、盗人次郎吉のために伊勢屋四郎兵衛という名の商人が肝いりとなって墓を建ててやったと伝えられていますが、大泥棒の彼の戒名が『教覚速善居士』(異なる資料もある)となっているのは洒落心でしょうか。

忍び込む対象が、ことごとく支配階級のお屋敷で、人は全く傷つけずに現金だけを巧みに盗み出す−この二つの要素を強調して市井の人々に鼠小僧の「怪盗」ぶりを喧伝したのが当時の講釈師と呼ばれる人たちで、記録によれば二代目・松林伯円(しょうりん・はくえん,1834〜1905)の語り口は絶妙で、お上に立ち向かう次郎吉=庶民の味方、という分かりやすい図式で聞き手にとって心地よい虚像をふくらませたようです。さらに次郎吉の最期から数十年を経た19世紀の末頃、歌舞伎芝居が「鼠小僧」を主役にした演目を興行するようになり、幕末から維新・明治にかけての不安定な世情もあって、次郎吉人気は急上昇したのです。ただ、よくお芝居の中などで、盗んだ金を貧しい庶民の家にばら撒くシーンが見受けられますが、これについて歴史は口を閉ざしていますので、人々の願望が生んだ絵空事と判断したほうが無難なようですね。

知らざぁ言って聞かせやしょう! 問われて名乗るもおこがましいが

先の二人は実在の大泥棒ですが、江戸末期の歌舞伎世界では、もう一人の大盗賊をモデルにした『白波五人男』という出し物が人気を集めていました。その中でも特に有名なのは第二次大戦後の歌謡ブームにのって、全国的なヒット曲となった『弁天小僧』(三浦洸一、昭和三十年)でもおなじみの弁天小僧菊之助でしょうか。

   さてその次は江ノ島の岩本院の稚児あがり  日本駄右衛門   PR

この弁天小僧は無論、歌舞伎人気作者の河竹黙阿弥が創作した人物ですが、文久二年(1862)三月に江戸・市村座で初演され大当たりをとった『青砥縞花紅彩画』(あおとぞうしはなのにしきえ)の主人公「五人男」の統領「日本駄衛門」には実在のモデルがあり、その名を「日本左衛門(にほんざえもん)」と言います。彼の履歴、人物像もかなり細部にわたって知られていますが、どうもその背景には大名の移封(国替え)というお上の厳しい処分を伴った全国規模の大事件であったことが手伝っているようです。

日本左衛門こと浜島庄兵衛(はましま・しょうべい)は、享保四年(1719)、尾張藩の下級武士の子として生まれ、父親が「七里役」(藩が主な街道に置いた情報収集のための役人)という役職に就いたことから金谷の地で幼い頃を過ごしたようです。なかなか利発で親からも期待されていたのですが、その父親が役目柄とは言え『町人など切り捨ててもお構いなしだ』などと公言し、特に弱い立場の者には横暴な振る舞いをする小役人の悪い典型を絵に描いたような人物で、それを間近に見て育った息子・庄兵衛は十代の後半から博打に手を出すなど放蕩を繰返すようになり、弱冠の年にはとうとう勘当されてしまいます。そして後は、お定まりの盗人稼業一筋ということになるのですが、先の二人と違い、あくまでも武家出身の彼はそれなりの修行も積んでいたようで、庄兵衛の人となりについて『浜島竹枝記』という書物は、

    日本佐衛門と申す者は、悪党大勢の棟梁と申しながら

    知恵深く、威勢強く、力業、剣術早業の達者にて常に大小を指し

    大勢の者をよく手なずけ、武家の方も恐れず、昼夜徘徊仕候

と、彼の「見事な」親分ぶりを細かく記述しています。     

どこまで本当のことか分かりませんが、この日本佐衛門、遠州の豊田郡貴平村を本拠地に東海八カ国を荒らし回っていたのですが「昼夜」を問わず出没していただけあって、相当見た目を気にしていたらしく、指名手配の人相書きは彼の外見を、

    黒革の兜頭巾に薄金の面頬

    黒羅紗、金筋入りの半纏に黒縮緬の小袖、黒繻子の小手・脛当てを着け

    銀造りの太刀を佩き、手には六尺余りの神棒を持ち、腰に早縄をさげたいでたち

と表現していますから、そのまま歌舞伎の舞台に立てそうな強盗ルックです。劇場型の犯罪、などという言葉がかつて使われましたが、彼の意識の中に、

    不義にして富める者の財物は、盗み取るとも咎めなき理なれば(『甲子夜話』)

という盗人の論理があったのかも知れません。お芝居では、反権力の立場を貫く格好いい義賊の一人として描かれた日本佐衛門も実像は荒っぽい強盗集団の頭目で、延享三年(1746)の事件では富裕な民家からニ千両もの金を強奪、大名・旗本領そして天領などが複雑に入り組んだ治安の不安定な地域を狙って出没を繰返したのです。地元の代官所では埒があかないと判断した豪農の一人、三右衛門は娘の嫁ぎ先が襲撃を受け、金品を奪われただけではなく家族が乱暴狼藉された実態を幕府に直訴、これがきっかけとなり、TVなどで皆さんお馴染みの「江戸火付盗賊改」の徳山五兵衛が直接捜査することとなります。配下の同心22名という大規模捜査の結果、子分たちは次々とお縄を頂戴したのですが、肝心の日本佐衛門は雲隠れ、美濃、浪速、安芸と逃げ回った挙句、なんと京都町奉行所に自首してきたのです。歌舞伎・白波五人男「稲瀬川勢揃いの場」で、日本駄右衛門が真っ先に述べる口上、

    問われて名乗るもおこがましいが、産まれは遠州浜松在

    六十余州に隠れのねえ賊徒の首領日本駄右衛門

は町奉行の取調べの際、日本佐衛門が切った大見栄を下敷きにしたものだとする説が残っています。延享四年(1747)三月、日本佐衛門は生まれ故郷の遠州で処刑され短い人生を終えました。ところで、なんで盗人のことを「白波」と言うのか?皆さん考えてみたこと、ありますか。辞書によれば、昔「中国で黄巾の賊・張角の残党が西河の白波谷にこもり白波(はくは)賊と呼ばれ、その訓読から盗賊を意味するようになった」とあり、外国語から借用したもののようです。

金谷の宿   遠州浜松  地雷也 

ここまで書いてきて思うのですが、管理人が子供の頃、よく、ベッタン(面子)で遊びました。その図柄の多くは映画・歌舞伎の人気者だったような記憶があります。弁天小僧や石川五右衛門も居たのかも知れませんが、強く印象に残っている人物は「地雷也」(じらいや、妖術使いで、蝦蟇に乗って現れる)です。昭和の30年代までは、まだ、歌舞伎という芸能が庶民生活の中でそれなりの影響力を持っていた証なのかも知れません。その地雷也の錦絵を最後に飾って、このページをしめくくります。

 このサイトのトップページや最新ページに行くときは、ご面倒ですが下左のリンクをクリックして下さい。「サイトの歩き方」も参照してください 

     
     
人気の頁   お地蔵様の正体   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   山背大兄王と聖徳太子   トランペットの正しい吹き方   オオクニヌシは居なかった   邪馬台国と卑弥呼