中原中也         「サイトの歩き方」も参照してください。

       ――在りし日の歌――

 

 

なにゆゑに こゝろかく羞ぢらふ

 風白き日の山かげなりき

椎の枯葉の落窪に

幹々は いやにおとなび彳ちゐたり

 

枝々の 拱みかはすあたりかなしげの

空は死児等の亡霊にみち まばたきぬ

をりしもかなた野のうへは

あすとらかんのあはひ縫ふ 古代の象の夢なりき

 

椎の枯葉の落窪に

幹々は いやにおとなび彳ちゐたり

その日 その幹の隙 睦みし瞳

姉らしき色 きみにはありし

 

その日 その幹の隙 睦みし瞳

姉らしき色 きみにはありし

あゝ! 過ぎし日の 仄燃えあざやぐをりをりは

わが心 なにゆゑに なにゆゑにかくは羞じらふ……


   中也    

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2016/11/3 09:41時点)


(このサイトのトップページや最新のページへ行きたい時は、下のリンクをクリックしてください)

 トップページへもどる   中原思郎さんの思い出に進む