橋の上の自画像    富永太郎                      「サイトの歩き方」も参照してください。

 

 

今宵私のパイプは橋の上で

狂暴に煙を上昇させる。

 

今宵あれらの水びたしの荷足は

すべて昇天しなければならぬ、

頬被りした船頭たちを載せて。

 

電車らは花車の亡霊のやうに

音もなく夜の中に拡散し遂げる。

(靴穿きで木橋を踏む淋しさ!)

私は明滅する「仁丹」の広告燈を憎む。

またすべての詞華集とカルピスソーダ水とを嫌ふ。

 

哀れな欲望過多症患者が

人類撲滅の大志を抱いて

最期を遂げるに間近い夜だ。

 

蛾よ、蛾よ、

ガードの鉄柱にとまつて、震へて

夥しく産卵して死ぬべし、死ぬべし。

咲き出でた交番の赤ランプは

おまへの看護には過ぎたるものだ。



  富永太郎      電子書籍ストア BookLive!





  トップページへもどる