謎の彦坐王垂仁天皇陵について考える                                                      「サイトの歩き方」も参照してください。

JR西日本「万葉まほろば線(桜井線)」に乗って無人の巻向駅で降り、そのまま踏切を西に渡って南の方角に進むと箸墓古墳に到り、その反対に東に向かって進むと国道169号線に突き当たります。現在はバスも行き通うこの道筋が『山の辺の道』と呼ばれている大和の古くからの主要街道の一つで、少し勾配のある道沿いに北上して行くと、右手に小山のような古墳が見えてきます。それが景行天皇陵に比定されている全長300メートルの方円墳です。古事記が『山辺の道の上』にあると記録しているこの古墳が景行陵で、更にもう1キロメートルほど北上すると、もう一つ重量感のある崇神陵が威容を現します。さて、我が国の古代王朝の創生については色々な学説があるようですが、三輪山周辺の纏向遺跡の発掘調査が進められた現在、四世紀初め頃までには崇神大王による一定規模の権力基盤が大和国内で形作られ、その政権発足とほぼ並行して大型古墳の築造も始められたのではないかと考えられるようになりました。そして、大王家の血脈は「崇神−−垂仁−−景行」と、いずれも親子によって引き継がれ、更には「成務−−仲哀」を経て、偉大な神の子とされる応神帝が誕生したと記紀は伝えているのですが、それはさておき。

案内板  景行陵古墳  崇神天皇陵

珠城宮跡  日代宮跡  穴師兵主神社  野見宿禰碑

大和(三輪)王朝の原点とも言うべき崇神帝が都を置いたとされる瑞籬宮は、現在の桜井市金屋の辺り(志貴坐懸主神社が跡地とされる)でしたが、その子孫たちも垂仁・景行の二代にわたり三輪山北方の「纏向」に拠点を構え、それぞれ「珠城宮、日代宮」と称したと記紀が伝えています。この二人の大王が都した場所が、今、穴師坐兵主神社が建っている辺りだと考えられ、そのほぼ真北に崇神帝たちの古墳が築造されたのは自然の成り行きだったと思われますが、ここで一つの疑問が浮上します。それは、三輪王朝の二代目で、古代相撲の王者・野見宿禰の進言を採用して陵墓に供える「埴輪」を作らせ、皇后の死去に際して臣下が殉死することを止めさせた、とされる垂仁帝の古墳が纏向の地には無く、何故遠く北に離れた佐紀古墳群の外縁に造営されているのか?という素朴な思いです。確かに書紀は彼の陵を「菅原伏見陵」と記録し、古事記も「菅原の御立野の中」に御陵があると記してはいますが、最晩年に至って都をわざわざ近江の高穴穂宮まで遷した景行の陵墓でさえ纏向の地に作った帝室が、前の皇后沙本媛とは縁のある土地柄ではあるにせよ、垂仁だけを例外扱いにした明確な理由が見当たらないのです。また、後の皇后が祖父・日子坐王の母方である和爾氏ゆかりの佐紀に葬られたと云う事情も分からなくは有りませんが、父の景行が都とした近江の地を生涯離れなかったと見られている息子・成務帝と隣り合わせに陵墓が造られているのも不思議と云えば不思議です。(註:朝廷に反乱を企てた兄妹の故郷に帝の陵墓を営むとは到底思えないので、垂仁の前の皇后に纏わる品牟都和気命[ホムツワケ]伝説を含めた伝承は、相当な粉飾が後代に加えられていると推測できます)

もう一つの疑問点は考古学的な面からの指摘に基づくものです。我が国の古墳には「墓碑」がありません、従がって各陵墓の築造年代については記紀などの文献資料を参考にしながら、古墳の形状、出土した遺物などの製造時期を相対的に分類した上で、それぞれの造営されたであろうと思われる時間軸そして場所等を想定して行くのですが、現在「景行陵」に比定されている渋谷向山古墳が「四世紀後半」の築造と見られているのに対し、その「父親」であるはずの「垂仁陵=宝来山古墳」の想定築造年代が「五世紀前半」とされ、親子の陵墓造営時期に逆転現象が生じているのです。また、最近では古墳自体の平面設計に関わる研究が進められ、堅田直氏によれば複雑に見える方円墳も、単純な「円と直線」の組合せによって構成されており、その型も僅か「三つ」に分類することが出来ることが明らかになっています。そして今回取り上げてきた纏向周辺では畿内最古と言われる箸墓古墳(U型)が最初に登場した後、西殿塚古墳(U型)が続き、少し時間を置いてから同じ「U型」の渋谷行燈山(崇神陵)古墳と渋谷向山(景行陵)古墳が造られると、大和における巨大古墳の系譜は途絶えてしまうのです。一方、佐紀古墳群では「景行陵」の造営とほぼ同時期に「T型」の五社神(神功皇后陵)古墳が出現し、佐紀石塚山(日葉酢媛陵)古墳の跡に同じ「T型」の宝来山(垂仁陵)古墳が造られたと考えられています。この「三つの型」の違いが何に基づくものであるのかは不明ですが、堅田氏の分類方法に依る限り、崇神・垂仁の二人の陵墓と垂仁陵の設計が異なっていたことだけは確かです。つまり「祖父と孫」は同じ形式の墓で祀られているのに、中間の二代目だけが自らが都した土地とは異なる所で「異なる形式」の陵墓に埋葬された事になるのは如何にも不自然ではないか、と思うのです。では、これら築造年代と埋葬地更には古墳形式の違いといった幾つかの問題点を矛盾なく解消できる「仮説」はあるのでしょうか?

 三輪山の周辺図  垂仁帝の略系図

上に掲げた垂仁の略系図を見ても分かる通り、彼の后妃は天津彦根命の後裔と彦坐王(日子坐王)の子孫であり、謎が多い人物とされる彦坐王は、和爾氏の血筋を伝える王族の長です。その系譜の一端を文字で示すと、以下のようになります。

  彦坐王−−大俣王、小俣王(母・山代荏名津姫=天津彦根命系)−−曙立王、菟上王(ホムツワケの介添え人として出雲に同行)
  彦坐王−−沙本彦、袁邪彦、沙本姫(前の皇后、母は春日の建国勝戸売の娘。ホムツワケの生母、又の名は佐波遅姫) 註:兄の沙本彦が「反乱」を起こし討伐された。
  彦坐王−−丹波比古多多須美知能宇斯王(母・天御影神の娘の息長水仍姫)−−日葉酢姫(垂仁の後の皇后)−−景行天皇、五十瓊敷入彦命
  彦坐王−−山代之大筒木真若王(母は袁祁都姫、和爾氏)−−迦爾米雷王−−息長宿禰王−−息長帯姫命(神功皇后、仲哀帝の皇后、応神帝の生母)

古事記は開化段において長々と「日子坐王」の系譜を書き記していますが、一人の「王」の後裔をこれほど詳しく伝えているのは「後世」彼の血統から偉大な人物・息長帯姫命(神功皇后)が誕生したからであり、帝室と和邇氏の強固な関係が時代を経て継体・欽明朝まで持続していたからだと思われます。ただ、この系図で問題になるのは、彼の妻の一人が「天御影神」の娘とされている点で、この血脈から垂仁の皇后・日葉酢姫が生まれ、二人の間に景行と五十瓊敷入彦命が誕生したと記紀は伝えます。しかし、物言わぬ皇子であったホムツワケと同様、国の基盤作りに大きく貢献したとされる五十瓊敷入彦命も実在性が疑われる存在であり、何より、この時期(四世紀後半)に「天御影神の娘」が居る筈も無いことを思えば、彦坐王と天津彦根命系との婚姻は曙立王につながる山代之荏名津姫とだけ行われたと考えるべきであり「息長水仍姫」は帝室との関わりの深さの象徴として捉えるべきだと言えそうです。(応神系の継体帝が妻とした手白香皇女の母は春日大郎皇女、その兄に当る武烈帝の妻も春日郎子で和邇出身者、更に継体の息子・安閑帝の皇后・春日山田皇女も和邇氏の血を引く女性であり、宣化帝の妻も同様の橘仲皇女という人物でした。五世紀から六世紀半ばの時代に於いても、このように和邇氏は息長系統の帝室と極めて緊密な関係を築いていたのです。従って、記紀の編纂時にも同氏が伝えた故事や系譜などが一定の影響力を持っていたと考えても良いでしょう)。

応神帝の登場を四世紀末〜五世紀初め頃(西暦400年前後)と想定するなら、難波根子武振熊命に代表される和邇一族は大王の側に立って新政権樹立を推し進めた「功績」により、皇親の立場を得ました。そして何人もの大王に后妃を送り込むことにより帝室との繋がりは大変強固なものになったと考えられます。そして、息長氏族も応神と共に大和河内近江などに展開して地域で重要な地位を占めたのでしょう。このような背景を前提に垂仁陵に纏わる謎解きを試みるなら、

  @ 陵墓が纏向の近くに造営されなかったとされる理由=和邇氏および息長氏などの伝えた古事などにより当初の造営地が後世「改変」されたからではないか。
  A 垂仁と景行の陵墓の築造年代が逆転している理由=@に関連して、三輪王朝三代の陵墓所在地が後世「改変」されて文書化された可能性が強い。
          文献資料などの記述から「箸墓古墳」は倭迹迹日百襲姫陵だとされてきたが、最も古い方円墳の主は纏向王朝の祖、崇神帝であったとする方が自然である。
          この想像が許されるなら、今「崇神陵」に比定されている行燈山古墳が本来の垂仁陵だと考えることも可能になる。また、築造時期についての矛盾も解消される。
  B Aから箸墓、行燈山、渋谷向山の三つの古墳は、すべて「U型」の平面設計によるものであり、それぞれが三人の大王の都の近くに造営されていると見做せる。
     (佐紀古墳群の近くにある宝来山古墳は「T型」の設計によるものなので、垂仁の陵墓としては相応しくない様に思われる)

などの推論を得ることが出来そうです。宝来山古墳は、その位置から見て和邇氏族の重要人物が葬られていると思われ、被葬者候補の一人として彦坐王の名前も上がりそうですが、同墳の築造時期が五世紀前半ですから王自身の墓では無さそうです。彦坐王の後裔と称する氏族に軽我孫(かるのあびこ)が有り、王を祭神とする軽樹坐神社も軽古地区に建っているので、今回、何とか関連付けられないか腐心しましたが、所在地(橿原市池尻町)が和邇氏の本拠から遠く離れている事もあって、納得のゆく推理を得ることが出来ませんでした。「軽我孫」は応神帝の都「軽島豊明宮」とのつながりで考えるべきなのかも知れません。再考すべき課題として残しておきます。

おまけ話を久しぶりに一つ…。ホムツワケの「伝説」が古事記などで詳しく語られている理由ですが、それは次の三点に集約されそうです。

  @ 生母と、その兄(伯父)が「反乱」を企てた=近い将来において帝室内で「反乱」が起こり、新たな王朝が起こる予兆を示している。
  A その新しい王朝の主は垂仁帝の血筋を引いた人物である。
  B 新しい王朝の主を、息長系および和邇系氏族が全面的に支援し、加えて天津彦根命・天御影命系の氏族も大王の祭祀を補完する。

筆者の念頭にあるのは言うまでも無く応神帝の出現です。彼は、義理の「兄弟」が「反乱」を起こしたので和邇氏の協力を得てこれを平定し、大王位に就いたと記紀は記していますが、実態は彼が実力で「兄弟」たちを排除したのだと思われます。そして、出雲と縁の深い天津彦根命の後裔である山代之荏名津姫と彦坐王との間に生まれた大俣王の子が品遅部君の祖とされているのにも、明確な理由があったのです(『この曙立王は、伊勢の品遅部君、伊勢の佐那造の祖なり』古事記・開化段)。

TOP      
     
 人気のページ   お地蔵様の正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは天目一箇命か   松平定信と東洲斎写楽