天津彦根命の系譜から見る古代氏族たち                                 「サイトの歩き方」も参照してください。

サノたち兄弟の一行が古里に残る家族や地域の顔なじみたちとの別れの宴を終え、決して二度とは故郷の土を踏まない覚悟で生家を後にしたのはいつの頃だったのだろう?日本書紀は神武天皇が九州の故地を出立したのは「数え年四十五」の時だったと記録しているが、彼は大王として「七十六年」もの間君臨していたのだから、人生の三分の一を少し過ぎた青年期の只中にあったと考えても良いだろう。筆者にでも理解できる引き算を利用するなら、神武は137年の生涯を送ったのだから(「137-45-76=16」)およそ16年間もの歳月を費やしてヤマト入りを果たした勘定になる(古事記は127歳で崩御とする)のだが、その辺りの事情について古事記は、

  日向を立って先ず筑紫へ(宇佐) 岡田宮で1年  安岐国 多祁理宮で7年  吉備国 高島宮で8年

それぞれの宮に留まり「兵、船、食糧」を十二分に蓄えた後、大和を目指したのだとツジツマ合わせの記述を弄しているが、それだけ周到な準備をしながら、何故、浪速国の白肩津でナガスネヒコの軍勢に簡単に排撃されたのかについては「日の御子」が太陽に向かって進軍したのが良くなかったとだけ苦しい言い訳をしています。書紀は塩土老翁に『東には美しい国がある』と聞いた神武帝が『天磐船に乗り、飛び降ったのはニギハヤヒという者だろう』と応えた場面を即位前紀の冒頭に用意していますが、本当にそれだけの情報を事前に得ていたのだとすれば、彼らの「東征」は、もう少し円滑に進められただろうと思うのは歴史の素人だけで、王者の征服譚には胸躍る大活躍の筋書きが不可欠なのかも知れません、それはさておき。さて、下表は当オノコロ・シリーズの主人公の一人である天津彦根命の後裔を一覧にした略系図ですが、筆者は記紀が「神様」として扱っている同命を「オオクニヌシ」の実体と推測し、更に、この神様と神話に出てくる「天若日子」もまた同じ人物であると考えています。そして、人皇初代神武天皇も、西暦170~180年頃にヤマト入りを果たして王権の基となった実在の人として捉えています。なお下の系譜は国立国会図書館が収蔵している『諸系譜』を参考に作成したものですが、推定の部分も当然含まれています、飽く迄も参考としてご覧になって下さい。

兄、五瀬命の戦病死という大きな代償を払いながらも紀国から大和を目指した神武の軍勢は、途中、高倉下(タカクラジ、尾張氏の祖)が奉った「韴霊(フツノミタマ)」の霊力に助けられ中洲入りを図りますが、この時、神武の夢に現れたアマテラスが「頭八咫烏(ヤタガラス)」を嚮導者として遣わした事を知ります。そして、この鳥に化身したヤタガラスこそ、天津彦根命の息子の一人である天日鷲翔矢命その人であり、彼には「少彦名命、陶津耳命」の別名があり、更に鴨縣主の祖先でもあったのです。つまり、記紀神話が「オオクニヌシと一緒に葦原中国の国造り」を行ったと伝える少彦名命が、実は鴨一族の祖神であって神武の皇后となった姫蹈鞴五十鈴姫の祖父に当る人物だった訳です。記紀は天若日子と味鉏高彦根命が「大変親しい間柄であった」と記録していますが、その深い縁は息子の代にも維持踏襲されたものと見え、三輪のオオモノヌシが摂津三島の溝杭耳神(少彦名命と同神)の娘である活玉依姫(玉櫛姫)と結ばれ、生まれた娘が神武皇后となっているのです。孫娘の婿のために少彦名命が神武の大和入りを支援した可能性がゼロとは断言できませんが、二世代という時間差の壁は大きいと思われますから、実際には彼の子供孫たちが天孫族の象徴として神武を受け入れる役割を果たしたのではないでしょうか?葛城国造の始祖となった剣根命などが、その代表格と言えます。

古事記  日本書紀  日本書紀

一方「敵役」であるナガスネヒコの婿となっていたのが、天津彦根命のもう一人の息子である天目一箇命の子・ニギハヤヒでした。しかし、記紀その他の資料を突き合わせて考えれば、長髄彦もまた三輪の血筋を引く大物主の一族であることに変わりは無く、ニギハヤヒの妻となった御炊屋姫は宇摩志麻治命を産んで穂積氏、物部氏の祖となっているのですから、大王位を手中に収めた帝室と、物部として早くに臣下に降った二流(系統)の天孫族の間にあった「国譲り」(実質は支配権の奪取)という厳しい現実が、神話の形をとって尚、後世に語り継がれたのだと思います。同じ「兄弟」であっても神武王統の発生時から協力者であったヤタガラスとは異なり、先行してヤマトに入って地元勢力との融合を果たしたことにより、新政権樹立の障害物になってしまったニギハヤヒ側の立場の違いが、その後も長い期間にわたって帝室と天津彦根命系物部氏との通婚が行われなかった大きな要因ではなかったかと推察されるのです。また、記紀の編集時においても「敵役」は必要とされたに違いなく、凡河内直味張や都祁国造に関わる「貶められた氏族」としての記述も、その源泉は偏に神武朝誕生時の出来事に遡るものだったと言えそうです。

以下は全くの憶測になりますが、天孫族の国内移動についての一つの推理を示してみたいと思います。若しも神武天皇の「東征」が二世紀の第四四半期(西暦175~199年頃)に行われ、彼の一族が大和の一角で地元勢力を抑えて地域の支配者になったと仮定すると、天津彦根命は神武にとっては「三世代前」の遠い縁戚の一人に相当することになります。古代日本の一世代を何年間と考えるのかについては研究者たちによって多少異なるようですが、例えば仮にそれを「25年」だとするなら、神武と天津彦根命の間にある歴史的な時間差は「およそ75年前後」だという事に成るでしょう。九州から先ず出雲地方に入って基盤づくりを行った天津彦根命の長子と思われる天目一箇命(天御影命と同神)は、その勢力を越国と吉備播磨の二つの方面に伸ばしたと思われ、それはオオクニヌシと沼河比売(高志国の女神)の「御合(みあい)」話にも明らかですが、播磨風土記は別な形で天目一箇命の逸話を伝えています。

  ここに居ます神、名は道主日女命、父なくして、み児を生みましき。盟酒(うけいざけ)を醸まんとして、田七町を作るに、七日七夜の間に、稲、成熟りおえき。
  すなわち、酒を醸みて、諸の神たちを集へ、その子をして酒を捧げて、養らしめき。ここに、その子、
  天目一命に向きて奉りき。すなわち、その父を知りき。後に其の田荒れき、故、荒田の村と号く。                        (託賀郡 荒田の項)

勿論この話は全国の各地にある神婚譚の一つに過ぎませんし、風土記に採用された古事の内容全てが何らかの事実を反映したものだと即断することは出来ないにしても、鍛冶の神様である天目一箇命を祀る有力な集団が、現在の西脇市周辺に居た事は間違いなさそうです(同市内に式内社の天目一神社が鎮座)。また「諸系譜」の東国諸国造系図には天目一箇命の息子である意冨伊我都命の母親が「針間荒田道主日女命」だと註文が添付されていますから、出雲を発った製鉄氏族の長が滋賀近江に勢力を拡大する以前に、播磨の有力者との間で姻戚関係を結んでいたのではないかと思われます。一方、オオクニヌシとの国造り半ばに「常世国」に渡ったとされる少彦名命の児・玉依彦命の母親は「丹波伊可古夜姫」ですから、大和、摂津そして山城の広い地域に展開したヤタガラス一族は丹波の実力者との縁を深めていたようです(四道将軍の派遣という逸話も、これらの氏族間同志の合従連合を下敷きにした可能性があります)。

天津彦根命の子孫には、その他にもまだ二つの大きな流れがありました。古代氏族の中でも特筆される物部氏の源流となったニギハヤヒの後裔と、その物部氏の基盤作りの過程で濃密な婚姻関係を結んで協力し、古代祭祀の分野で重きを為した三上祝、山背国造などがそれです。神武の皇統をついだ何代もの大王たちは、王朝の創成期の「出来事」を忘れず、最大勢力だった物部氏からは永らく后妃を受け入れていなかったのですが、孝元帝の御世になってやっと物部と山背氏の血を引く「内色許売命」が輿入れすることになり、二人の間に開化天皇が生まれます。時代は更に下りますが丹波氏の祖である彦坐王と垂仁天皇の双方に娘を嫁がせたのも山背国造家でした。更に次の景行天皇は吉備氏の娘を皇后として迎えるのですが、同地方には先に見てきた意冨伊我都命に象徴される同族が先住し、帝室と吉備の間を取り持った可能性もありそうです。

 TOP    
     
 人気の頁   オオクニヌシは居なかった   お地蔵様の正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   写楽と浮世絵   邪馬台国と卑弥呼