一つのメルヘン     中原中也                                      「サイトの歩き方」も参照してください。

 

 

秋の夜は、はるかの彼方に、

小石ばかりの、河原があつて、

それに陽は、さらさらと

さらさらと射してゐるのでありました。

 

陽といつても、まるでけい硅石か何かのやうで、

非常な固体の粉末のやうで、

さればこそ、さらさらと

かすかな音を立ててもゐるのでした。

 

さて小石の上に、今しも一つの蝶がとまり、

淡い、それでゐてくつきりとした

影を落としてゐるのでした。

 

やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、

今迄流れてもゐなかつた川床に、水は

さらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました……



    中也    

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2016/11/1 09:02時点)

 


(このサイトのトップページや最新のページへ行きたい時は、下のリンクをクリックしてください)

  トップページへもどる   「中也の生い立ち」に進む  「中原思郎さんの思い出」に進む