諸家人名江戸方角分と大田南畝と古希の祝                               「サイトの歩き方」も参照してください

柳亭種彦(1783〜1842)は、このサイトの常連、江戸の浮世絵師・東洲斎写楽より一回り以上も若い世代の戯作者ですが、その門人の一人に笠亭仙果(りゅうてい・せんか,1804〜1868)という人物がおり、大田南畝の蔵書について『四方ぬし、二万冊に満てり』(文政十二年五月『よしなし言』)と書き残しているそうです。乏しい小遣いをためては目星を付けておいた書物をこつこつ買い求め、どうしても費用が工面できない場合には伝手を頼って持ち主から借り受け、せっせと筆写したと云う南畝の本好きは有名で、その小さな家には正に万巻の書が積み重ねられていました。ある年の夏、一人の人物が南畝の許を訪ね、一冊の書を進呈しました。それが、今回の表題でも取り上げている「諸家人名江戸方角分」という写本なのですが、この書物は何故か大田の蔵書目録(「南畝文庫蔵書目」)にも書名をとどめず、専門家の調べでも早くに彼の手許を離れ、古書店の経営者(達磨屋五一,1817〜1868)の手に落ちたことが分かっています。この「人名方角分」は、十九世紀初頭の江戸文化を支えた著名な文人雅人の名簿録だったのですが、従来のモノとは一味違った特色を備えていました。一千名を超える人数の多さも去ることながら、それまで文人録では取り上げていなかった「狂歌師」「浮世絵師」そして「戯作者」といった庶民感覚の表現に巧みな人々の存在にも焦点を合わせ、市井の人たちが欲しがるであろう個人情報の網羅に努めています。取り分け蜀山人の原点とも言うべき「狂歌」の作者達が最も多数を占めている点を重視するなら、正にそれは大田南畝の半世紀に亘る交友記録でもあったと言えるのではないでしょうか。

もっとも「狂歌」師に限ってみれば、既に文化八年(1811)版の『狂歌画像作者部類』(石川雅望編、下左の画像))が先行して刊行されています。ところが方角分の編者は、恰好の材料であったはずの作者部類に掲載されていた内容を、そのまま全て取り入れている訳ではなく、独自の取材を行い四百名ちかくもの狂歌師を登場させています。石川(1753〜1830)は南畝の門人、浮世絵師・石川豊信の五男として江戸で生まれた人で、六樹園と号して狂名を宿屋飯盛と称しました。狂歌四天王の一人にも数えられた、その道では知らぬ者の無い存在だった訳ですが、その著作に背を向けている節が感じられるのには何か理由でもあったのでしょうか?それはさておき。時間を十年ばかり遡ります。寛政の改革の目玉政策の一つ「学問吟味」で好成績を収めた南畝は勘定所取調御用という「役」に付きます(要するに年俸が[米30俵]分増えるのです)。彼は、その後も大坂銅座、長崎奉行所などで無難に経歴を積み重ね、玉川巡視役を仰せつかった文化八年(1808)、目出度く還暦を迎えます。この年の旧暦三月三日自宅で開かれた祝の席に出されたメインディッシュはヒラメの刺身と煮付け、豪華な伊勢エビの盛り付けもあり澄まし汁の具は白魚、香の物として沢庵とハリハリ漬も添えられていたと言ったら信じますか?ざっと二百年前の個人宅で行われた小宴の献立が何故分かるのか!種を明かせば簡単な事、大田自身が随筆集『一話一言』(巻三十二)の中で当日の料理と費用の全てを書き残しているのです。さて、今回の主題は「それだけ本好きで、若い頃から珍しい書物を集めていた南畝が、何故、方角分に余り興味を示さず、早々と手離したのか」といった辺りに端を発します。(南畝は宴を盛り上げるために三味線弾きを呼んでいたらしく、その費用が百六十四文だったと記しています。当時の米の価格が一升・百二十文だったそうですから、数千円といったところでしょうか。子供連れの芸人に彼は、上田紙二束を心づけとして渡しています。上田紙は長野産の再生紙の名称だそうです)

狂歌師作者部類より  還暦の項の記述(部分)  献立表  

無類の、と言うと語弊があるかも知れませんが、それでも並外れた数の蔵書を収集し、狂歌師や戯作者は勿論当時の文人仲間たちの間では『本好き』人間として認められていた南畝は、家庭の事情もあり還暦を迎えて即楽隠居の身になれた訳でもなく、その後も黙々とお役所仕事に精を出していました。彼の周囲で文化年間に起きた大きな出来事と言えば加藤千蔭(1808)、瀬川菊之丞(1810)、朋誠堂喜三二(1813)、山東京伝(1816)など知友の死去だと言えますが、中でも「盟友」京伝が僅か五十六の若さで鬼籍に入ったことは元気印がモットーの彼にも相当応えたのではないかと思われます。寄る年波か、将又心の隅に知らず知らず緩みでも生じていたのか南畝は登営の途上、神田橋の内で転倒し負傷します。怪我の詳しい内容までは分かりませんが、再び出仕出来るようになるまでには時間がかかった模様で、最晩年の随筆『奴凧』では次のように記録しています。

  つらつら思えば、老病など見たくでもなく、忌々しきものはあらじ。家内の者には飽きられて、善く取扱う者なし。

一家の大黒柱を粗末に「取り扱う」はずもなく、半ば、外出がままならない事に対する南畝の「我が儘」であることは明白なのですが、彼にとって「痛かった」のは怪我をした五体もさることながら、このままでは目前に迫っていた「古希の祝」を延期あるいは中止せざるを得なくなることの方だったでしょう。何しろ、転んだのが「きさらぎ十八日」つまり、誕生日まで二週間しかない二月十八日だったのですから…。彼が「現役」のままで七十の誕生日が迎えられる日を楽しみにしていたことは、年明け早々自らが編んだ狂歌集を『蜀山百首』と名付けて自費出版していることでも良く伝わってきます。風来山人こと平賀源内の序文を巻頭に頂き、初の狂詩集『寝惚先生文集』を上梓して、なんと半世紀もの歳月が経っていたのですから、南畝の感慨もさぞ一入だったに違いありませんね。歌集作りに勤しむ彼の脳裏には、かつて時代の寵児としてもてはやされ絶頂に在った時から「七十翁」の今日までの出来事が走馬灯の如くに浮かんでは消え、南畝は過ぎし日の歌を幾度も幾度も反芻したと思われます。『奴凧』との前後関係は調べきれていませんが、この年の著作と思われる『武江披砂』の序文にも、

  いつしか七十の翁となりぬ。老の病のひのある日、この草稿を求めいでて(中略)、文政と改まりぬる年の冬の半ば

とありますから、二月半ばの顛倒事故で自宅療養を余儀なくされた南畝が、それまで書き溜めてきた原稿類をまとめようと思ったのも、やはり着実に迫りくる「老い」を実感していたからなのかも知れません。そして彼の想いは、やはり青春の日々、在りし日の回顧へと向かったのでしょう。『奴凧』の前半で狂歌の「始まり」と大流行を親しみを以て詳しく細々と述べているのも、南畝という人物の詩心の源が何処に在ったのかを如実に示していると考えられるのです。彼は万感の思いを込めて、表向きはさらりと言います、

  江戸にて、狂歌の会ということを始めてせしは、四ツ谷忍原横町に住める小島橘州(唐衣橘洲、1744〜1802、田安家の家臣、名は源之助)なり。
  その時、会せしもの、わずかに四五人なりき。大根太木、馬蹄、大屋裏住、東作(へづつ)、四方赤良なり。

『たった数人で始めたのさ、私たちが』『それが日本中に広まったのさ』−−自分の子供の成長を語るような口ぶりの背景にはきっと、南畝が狂歌に注いだ熱い思いが横たわっているのでしょう。そして「明和の初め」の頃を次のように回想しています。

  牛門の四友と称せし岡部平次郎、大森晃昌、菊池角蔵に南畝の四人で東江先生を招いて歓談した。
  目白台にあった漏々亭という店で酒盛りをしたのだが、白馬道人と名乗る酔客が大声で騒ぎたてると、先生は根っからの臆病なので早々に店を出ようと言ったものだった。

ここに出ている「東江先生」とは、学者でもあり戯作も出していた東江流の書家として知られた沢田文治郎(1732〜1796、両国生まれ)の事なのですが、南畝は更に続けて、

  東江先生が八丁堀地蔵橋に住んでいたころ、まだ門人も少なく、正月の会はじめにも岡部公修(平次郎)と一緒にいったものだった。

と述懐しています。これは恐らく東江が酔郷散人のペンネームで『吉原大全』を出版した明和五年(1768)頃の話ではないかと思われるのですが、全くの初耳で意外でした。と言うのも大田南畝が「八丁堀」という江戸でも特別な地区を地理的な知識として認識していたとは考えていましたが、彼自身が若い頃それも狂詩集の『寝惚先生文集』を上梓した直後あたりから「八丁堀地蔵橋」に在った先輩文人宅を訪れていたのであれば、少し変な言い方ですが南畝には「土地勘」が在った証拠になります。そんな見方も頭の隅に置いて「方角分」の登場を分析するとどうなるのか…。まず、時間的な流れを整理してみると…。

  @ 文化十四年頃から歌集「蜀山百種」の準備に入る=己の原点としての狂歌、狂詩を再確認する。
  A 古希の誕生日(三月三日)を目前に控えた文化十五年二月十八日、通勤の途上で顛倒して負傷。しばらく自宅療養を余儀なくされた。
  B 時間を持て余した南畝が出来る事と言えば、過去半世紀にわたる活動の回顧と記録であり、幾つかの随想を書き留めた。
    「奴凧」も、そんな文集の一つであり序文によれば筆を起こしたのは文化十五年四月二十日である。(その二日後に文政と改元される)
  C 病も癒えた六月晦日に山東京伝自筆の「浮世絵追考」が届けられる。
  D それから僅か数日後、七月五日には竹本某という人物が「江戸諸家人名方角分」を届ける。

奴凧  寝惚先生・序  蜀山百首より

現実家であり有能な官吏でもあった南畝が、この頃「感傷」にばかり浸っていたとは言いませんが、少なくとも「天明の黄金期」を懐かしみ狂歌を媒介として己の周囲に集まり、そして次々と帰らぬ人となった有縁の誰彼との幾多の思い出を新たにしていた…、その最中に現れた「方角分」を手に取ったのであれば、書かれた内容を隅々まで噛みしめたはずなのです。何しろ自らの半世紀の生き様をそっくり描いた交遊録が目の前に提示されたのですから−−。絶妙のタイミングで手許に届けられた「自らの存在証明」、己の分身と等身大の文人録を若し貴方が思いがけずプレゼントされたならどうしますか?直ぐに誰かにやってしまいますか!そこが今回の主題そのものなのです。『いやいや、そうではない。彼は所付を書き加え、ちゃんと奥書まで記しているじゃないか』という反論があるのは承知の上で疑念を示したのには理由があります。それが「代筆」者の存在です。よく知られている江戸飯田町の商人・亀屋久右衛門(1768〜1829、文宝亭、馬琴の莵薗会のメンバーでもある)は南畝の門人というか崇拝者で二代目蜀山人を名乗り「半ば公然と」南畝の代筆を行った人ですが、江戸では生前から南畝の書体を真似る「蜀山流」の書法がある種のブームになっていたようで、早くに南畝の門下生となって活躍した酒月米人(さかづきのこめんど、?〜1818?、名・榎本治右衛門)なども文宝堂に劣らず『蜀山流の手をよく書いた』(三村竹清)と評されているほどです。つまり、これまで「方角分」の奥書は研究者によって『紛れも無く蜀山人の手になる書付』だと太鼓判が押され、管理人をはじめ素人の読者はその判断を鵜呑みにしてきた訳ですが、その大前提を見直す必要があるのかも知れないと言うことなのです。若し、そのような推理が成り立つのであれば、

  @ 書物大好き人間の南畝が、何故、はやばやと「方角分」を手放したのか?=本当に全文が彼の目に触れていたのか!
  A 南畝による奥書が頁を変えて二条もあるのに、何故、かれの蔵書印が認めてないのか?更には、彼の蔵書目録にも無いのか?
  B 南畝であれば、すぐに気づくはずの間違った情報が訂正されないままになっていたのか?=例えば、村田春海の没年など。

などの疑問は氷解しますし、これだけの内容を備えた文人録なのに編集者だとされる瀬川富三郎自身の原本も伝わらず、わずかに確認できる写本が「二本」しか存在せず、そのいずれもが当時の「珍書扱い店」の持ち物となっていた「事情」が透けて見えるようにも思えます。方角分の名前とは裏腹に、まだまだ迷路は続きます。オマケ話の代わりに、今回の資料調べで明らかになった些事を一つ紹介しておきます。「方角分」を松平定信という人物を核にした相関図で分析した記事を昨23年に紹介し、その折「八丁堀」に載せられた十九人の内十人が定信と何らかの繋がりを持っていることを明らかにしましたが、八丁堀の部最後の人物「此道蔵伎(このみち・くらき)」も南畝と縁の深い人物であることが分かりました(『写楽斎』という文言の真横に掲載された人名)。大田は狂歌が盛んであった天明三年(1783)『判取帳』という狂歌を主軸にした文集兼文人録を作成しているのですが、その「157」番目に、

  世の中の 義理とふどしを かへるとも  恋には死ぬ我 姿かな    此道くらき

という一首があって『蜀山人判取帳』補正を著した浜田義一郎は、享和二年に『花折紙』という題名の洒落本評判記を書いた彼を「四方連」の一員であったと注記しています(小島橘洲が天明三年に蔦屋から出した『狂歌評判俳優風』を典拠とする)。四方連は言うまでも無く「四方赤良」を盟主に頂く狂歌師の最大の勢力であり、上で見た酒月米人も主要メンバーでした。南畝は旧知の名前の右に書かれた「写楽斎」の文字を見ていなかったのでしょうか?写楽探しの旅、まだまだ終わりそうにありません。

 TOP     

東洲斎写楽: 役者絵85図+プチ解説 (日本の名画シリーズ)

     
 人気のページ   お地蔵様の正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは天目一箇命か   邪馬台国と卑弥呼