五十」と書いて、何故「(そ)」と読ませるのか?                                「サイトの歩き方」も参照してください

少しでも古代史に親しんだことのある方なら、古事記などに書かれた文章を読みながら、同じような言葉(単語)が登場人物の氏名などに幾つも異なる時代の場面で屡使われていることに気づかれるはずです。その多くは数字の「八」や「五」あるいは「五十」といったものや地名、山脈河川などの地方の著名な自然にまつわるものなどですが、今回取り上げる「五十」は中でも有名人?の名前として広く使われているものです。先ず、初期王朝の大王名から見てみると、

  崇神天皇(御間城入彦五十瓊殖、ミマキイリヒコイニエ)    垂仁天皇(活目入彦五十狭茅、イクメイリヒコイサチ)

の諱が共に「五十(イ)」を含んでいますし、崇神・垂仁帝の子供にも「五十日鶴彦(イカツルヒコ)」「五十瓊敷入彦(イニシキイリヒコ)」の名前を持つ皇子が存在し、更に次の世代には「五百城入彦(イオキイリヒコ)」という名前を持つ皇子が居たことも分かっています。一方、大王家と同じ位古い家系であるとされている物部の系譜にも「五十」の入った名前を持つ人物はいます。神功皇后の頃に活躍したとされる「五十琴宿禰」や、その弟妹の「五十琴姫命(イコトヒメ、五十功彦命の母親)」「五十琴彦命」などがそうですが、前回「阿蘇ピンク石」と景行帝さらには息長氏の祖先を巡る旅の記事で紹介した「五十河彦」「五十河媛」が、ほぼ同世代の人名であることに注目すると「五十」の表記は、元々「イカ」と同じ意味を有する「イ」を表していたのではないかと思われるのです。そのような考え方を頭の片隅に置いて、更に、古代人(神)の名前を追いかけてみると、また別の世界が見えてきます。

それが物部一族の重要人物で崇神帝の母親でもある「伊香色謎命」と兄の「伊香色雄命」の兄妹です。この二人の場合「伊香イカ)」という文字が使われ、読みも「イカ」となっていますが、いつも利用する「東国諸国造、天津彦根命之裔」系譜では始祖天津彦根命の孫にあたる神様が「意冨伊我都命、オオイカツ」であり、その系譜は、

  天津彦根命−−天目一箇命(天御影命)−−意冨伊我都命−−彦伊賀津命−−阿目夷沙比止命−−川枯彦命−−坂戸彦命−−国忍冨命

と連なる訳ですが、物部連の祖とも言われる「大禰命」あるいは「彦湯支命」に嫁いで出石心大臣命を産んだ淡海川枯媛、そして中臣連の祖・御食津彦命に嫁いだ御食津媛命(又の名、伊香刀自比売命、イカトジヒメ)の姉妹はいずれも川枯彦命の妹であり、坂戸彦命の妹の坂戸由良都媛命は出石心大臣命の許に輿入れして孝元帝の皇后となった内色許売命(ウツシコメ)を産んだとされています。同系譜は重ねて、国忍冨命の姉妹二人がそれぞれ内色許男命と中臣祖・梨迹臣命の妻となったと伝えていますから、天津彦根命を遠祖に仰ぐ一族の間では、

  物部連、中臣連そして三上祝など古くから神々を祀ってきた由緒ある氏族は皆、同族(五十族)なのだ

という伝承が語り継がれていたのだと思われます。その中臣氏の或る血筋が後の藤原氏を名乗った(賜姓された)ことは余りにも有名ですが、日本書紀は神功皇后摂政前紀の仲哀九年三月条で、殊更に、

  皇后、吉日を選びて、斎宮に入りて、親ら神主となりたまう。即ち竹内宿禰に命して琴撫かしむ。中臣烏賊津使主(イカツオミ)を召して、審神者にす。

と古事記が伝えていない「中臣」烏賊津臣が、大王亡き後の重大な場面で「審神者(さにわ)」となって皇后が神から託された「神の言葉」の意味を解いたのだと強調しているのは、記紀の編集時において藤原氏の権力が如何に強大なものであったかを示唆しているものと言えるでしょう。『大王の最も身近に居て、告げられた神の意を解釈してきたのは、他でもない大昔から我々中臣なのだ』と云う訳です(恩智社は大御食津彦命を主祭神とする=下の画像参照)。閑話休題、五十を冠した名前の持ち主は、より古い時代にも登場します。先ず、最も良く知られている女性が神武帝の皇后、姫蹈鞴五十鈴姫命であり、その妹も五十鈴依姫ですが、事代主命(コトシロヌシ)の後裔と伝えられている十市県主は五十坂彦といい、その娘は当然、五十坂媛でした。少し時代が下って第七代孝霊帝の息子で四道将軍の一人として山陽道に派遣され吉備を統治したとされる吉備津彦の別名(本名)も彦五十狭芹彦命(ヒコイサセリ)といって垂仁帝との血のつながりを想像させます。また「伊賀(イガ)」は現在でも忍者の里として子供たちにも知られている地域名ですが、旧伊賀国については垂仁帝の皇子である息速別命が伊賀に宮を造って移り住み、その子孫が国造を務めたという伝承があります。(この皇子の母親が薊瓊入媛(アザミニイリヒメ)という名前なので、稲背入彦命の妃が垂仁の娘・阿邪美津比売命(アザミツヒメ)であった事との強い類似性をここで指摘しておきたいと思います)恐らく上で見てきた「五十」一族が古くから住み着いたクニなので「イカ」と呼ばれたのでしょう。(下右画像=姫蹈鞴五十鈴姫命などを祀る社)

諸系譜  恩智神社  溝杭神社  PR

さて、では「イカ」が本来表していたものは何なのかを推理してみたいと思います。筆者は、これまで幾つもの記事を綴ってきた経験から、イカには主に二つの側面があると考えています。先ず一つ目が上で見てきた「祭祀」に関わる事柄になりますが、これだけ多くの古代人たちが「五十」という言葉そのものに尊崇の念を抱いて、自らの名前として大切にしてきた実態を踏まえるなら、恐らく彼らの祖先それも極めて重要な存在とされた人物(神様)の名が「五十」を含んでいたに違いありません。この見方が正しいとするなら、その神様はスサノオの息子、五十猛神(イタケル、イソタケル)その人に違いないと思われます。傍証にもう一つ例を上げると、天津彦根命の後裔とされる山代国造の祖は「伊岐志邇保命(イキシニホ)」と伝えられていますが(天神本紀)、これは物部の系譜に現れる「五十研丹穂命」と同じ神様と考えられ、表記から同氏族の金属との深い関わりが窺えます。二つ目の可能性は言葉に含まれる音から導き出されるもので、それは「(イカヅチ)」であり、更に雷の「ツチ」には金属加工に必需の金槌(カナヅチ)そのものが含まれているとも考えられます。これらを融合すると「稲光のような金属=剣(ツルギ)」の象徴と云えるでしょう。つまり「五十族」と筆者が仮に呼んでいる人々の祖先は「大変優れた金属(鉄)」がシンボルだった訳で、その中に「饒速日命(ニギハヤヒ、豊かで速い日とは稲妻を表す)」という名前の人物が居て当然です。さて、五十が「イ」あるいは「イカ」の音で何を伝えようとしたのか少しは解明できたように思いますが、現代にも継承された名前を一つ例に上げると「五十嵐」という姓がすぐに脳裏に浮かびます。

皆さんも、この表記を見て恐らく直ぐに「イガラシ」と読んだはずですが、では、何故これが「いがらし」なのかは中々説明出来ないと思います。新潟三条市は金物、刃物の産業で全国に知られた地方都市ですが、その中心を流れる河川を五十嵐川と云い、同地には伊加良志神社もあります。祭神は垂仁帝と丹波道主王の娘・薊瓊入媛との間に産まれたとされる五十日足彦命(イカタラシヒコ)その人で、記紀はこの人物の後裔として石田君、春日の山君、高志の池君などをあげていますが、実は京都山城の久世(現在の八幡市岩田)にも同皇子を主祭神とする石田神社があり、大山咋命と共に祀られています。そして、不思議なことに五十日足彦命には『母親は薊瓊入媛ではなく、実は山背大国不遅の娘の苅幡戸辺である(つまり天津彦根命の子孫)』という有力な伝承もあって、息長一族との接点も見え隠れするのです。それはさておいて、五十嵐が「イカ+アラシ」の結びついた言葉であることだけは確かですから、やはり「五十」には「イカ」の音が原点に存在したと考えたいのですが如何でしょう?(天明年間にまとめられ、文化七年[1810]に小松国康が校訂した『丹後旧事記』は五十日足彦尊を「イカガタラシヒコ」と訓み、垂仁帝の娘・胆香足姫命(イカガタラシヒメ)の『イカガ』は、京丹後市五十河そのものの意だとする)

五十日足彦命の母親が丹波道主王の娘、つまり彦坐王の孫娘・薊瓊入媛ではなく、天御影命から分かれた阿多根命の子孫で山背国造の娘・苅幡戸辺かも知れないという異伝の存在は、垂仁帝周辺の王統譜の「混乱」に起因するものではなく、息長氏と大王家との複雑な婚姻を暗示しているように思われます。いずれにせよ、五十日足彦命は調べてみる価値のある人物と言えそうです。

 TOP    
     
 人気の頁   お地蔵様の正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは天目一箇命か   邪馬台国と卑弥呼