記紀に登場する「」の正体を探る                                                                        「サイトの歩き方」も参照してください。

古事記神話を読まれた方は良くご存知だと思いますが、出雲神話の主人公である大穴牟遅神(オオアナムチ、大国主神の別名とされる)には兄弟が八十柱も居ました。悠久の昔の神々の世界ですから実際に八十人もの「庶兄弟(異母兄弟)」がおられたのかも知れませんが、名前を覚えるだけでも大変だっただろう、等と考えるのは筆者が只の凡夫である証と言えそうですが、それはさておき。オオクニヌシが稲羽の素菟(しろうさぎ)に正しい治療方法を教えたことで、皆が嫁に迎えたいと望んでいた八上比売の心を射止めた事に怒った八十神たちは、彼を亡き者にしようと画策します。共謀した八十神は伯伎国の手間の山本まで来た時、

  赤き猪この山に在り。故、我、共に追い下しなば、汝、待ち取れ。若し待ち取らずば、必ず汝を殺さん

と大国主命に命令し「火を以て猪に似たる大石を焼き」山の上から転がし落としました。兄たちに云われるまま愚直に「猪」を捕えようとした彼が「その石に焼」かれて命を落としたのは言うまでもありません。この時は母親の刺国若比売が神産巣日之神に頼み込んで派遣してもらった「キサガイ姫とウムギ姫」の二人に何とか治療して復活を果たしたのですが、執念深い八十神たちは再度「欺き」山の中に樹木で拵えた罠のようなものを仕掛けてオオクニヌシの命を狙い続けました。そんな状況の中、何とか生を永らえた彼は、母の忠告に従い木国の大屋毘古神(五十猛神の別名)の許に逃れ、更には同神の『須佐能男命の坐します根の堅州国に参向うべし』との託宣を受けて、スサノオの待つ国に赴くことになるのです。八上比売との婚姻話が、いつの間にかスサノオの娘須勢理毘売との出会いへと発展して行く訳ですが、ここでは出雲神の象徴としてのオオクニヌシが如何に再生力(復活力)に優れているかを強調するのが編集者たちの狙いだったとも考えられます。

古事記より  日本後紀  姓氏録

ところで、日本書紀には本物の「赤い猪」が巻第九に登場します。それは神功皇后が海外への遠征を終えた後「筑紫国の宇彌(うみ)」で応神帝を無事出産し、倭に還る途中での出来事でした。夫である仲哀帝の殯(もがり)を穴門の豊浦宮で行った神功たちは、瀬戸内海を東へ船で進みますが、

  時に香坂王・忍熊王、天皇崩りましぬ、また皇后、西を征ちたまい、併せて皇子新たに生れませと聞きて、密かに謀りて曰わく、
  「今、皇后、子有します。群臣皆従がえり。必ず共に議りて幼き主を立てん。吾等、何ぞ兄を以て弟に従がわん」と云う。

そこで、先帝の二人の遺児は「詳りて天皇の為に陵を作るまね」をして「播磨に詣りて山陵を赤石(兵庫の明石)」に建てようとします。書紀は続けて「よりて船を編みて淡路島に渡して、その嶋の石を運びて造る。即ち、人毎に兵(器、つわもの)を取らしめて、皇后を待つ」と記し、古代に於いて実際に播磨や淡路島で古墳築造用の石材が産出されていたことを想像させます(これに関しては『播磨風土記』にも、息長帯日女命が石作連大来を率いて、讃岐の国の羽若の石を求めたとあります。印南郡大国の里、伊保山の条)。自分たちに味方する一部の豪族を従がえ二人の王子は「菟餓野(とがの)」に出て戦の勝ち負けを占う「祈狩(うけいがり)」を催したのですが、仮に設えた棚に座っていた二人の所に「赤き猪」があっという間に乱入し、あろうことか香坂王を咋い殺してしまったのです。これとは別に、和気氏の祖先について記した一文が「新撰姓氏録」(下の括弧内の文言,815年の成立)にあるのですが、

 『新撰姓氏録』右京皇別、和気朝臣 神功皇后征伐新羅凱帰 明年車駕還都 于時忍熊別皇子等 窃搆逆謀 於明石堺備兵待之 皇后鑑識 遣弟彦王針間吉備堺  造関防之 所謂和気関是也 太平之後録従駕勲 酬以封地仍被吉備磐梨県始家之焉 光仁天皇宝亀五年(774) 改賜和気朝臣姓也

ここには二人の企みを察知した皇后が「弟彦王」という武将を「針間(播磨)と吉備の堺」に派遣し「関」を造って王子側の攻撃を防いだとあります。勿論、ここに記録された内容が和気氏の伝えた伝承であることは言うまでもありませんが、西暦819~840年に作成された「日本後紀」にも次のような記述があり、主旨は姓氏録の文言に酷似しています。

  和気清麻呂の先祖は垂仁天皇の皇子、鐸石別命(ぬでしわけ)より出て、三世孫、弟彦王が神功皇后に従がって新羅討伐に出征した。
  凱旋の翌年、忍熊別皇子が反乱すると、皇后は弟彦王を遣わして播磨国と吉備国の堺の山で誅殺した。この軍功によって弟彦王は、
  藤原の懸を与えられ、吉備地方に勢力を築きあげた。

そして、実は、この文章の直前に、和気清麻呂が道鏡事件に巻き込まれ、大隅国に流されていた時期の不思議な出来事が物語風に記録されているのです。別部穢麻呂に姓名をも変えられ地方での配流生活を送っていた彼は、精神的な疲れからか足が不自由になり、自力で立つことすら出来なくなる程までに衰弱していたのですが、或る日、宇佐の八幡神を拝礼しようと急に思い立ち、輿を用意して貰い出立しました。後紀巻八は、その時の様子を次のように描写しています。

  豊前国宇佐郡楉田村(大分県宇佐市和気の周辺か)を通りかかった時、三百頭ばかりの野猪が現れ、道を挟んで列を作り、十里程ゆっくりと先導した後、
  山中に消えて行った。これを目にした人は皆、不思議な事だと思った。神社を拝礼すると、即日、清麻呂は歩けるようになった。

和気神社の社頭に、狛犬ならぬ狛猪が鎮座している由縁も此処にある訳ですが、和気氏を象徴する動物としての「猪」が、八、九世紀の当時、広く知られていた可能性があります。ただ、ここで一つの疑問点が浮かび上がります。筆者は「道鏡事件」をかつて取り上げた時、大王位に関する極めて重要な決定を宇佐神宮が下したのは、帝室そのものの祖神が同社と深い縁で繋がっているからだと単純に考えていたのですが、若し、清麻呂が垂仁帝皇子の子孫であって、その母方の祖が丹波道主王の娘・渟葉田瓊入姫だとする書紀の記述をそのまま受け取るなら、そこに九州地方との直接的な繋がりを見つけることが出来ません。と云うより、言葉を変えれば和気氏出身の清麻呂が宇佐に遣わされたのは、彼の家系自体が宇佐神宮と関係があったと考える方が自然ではないかと思う様になりました。また、五十瓊敷入彦命を初め崇神、垂仁など倭の初期王統の親子関係を推理するために思いついた「瓊・玉理論」から見ても「葉田入姫」という女性の名前には格別なものがあります。何故なら、垂仁帝の皇后となって次の大王の母親となった実の姉(日葉酢媛命)でさえ名前として冠してはいない「渟と瓊」を二文字も含んでいるにも関わらず、彼女の名は詳細な開化記の系譜に登場しません(更に記は沼羽田入毘売命と表記する)。貴い二文字を含んだその理由として、近親者或いは近い子孫に大王となる人物が居た可能性が高いのですが、未だ調べ切れていません。(「渟(ぬ)」も玉を意味する文字です。時代は下りますが継体帝の孫に当る敏達帝の名前は名倉太珠敷尊というものでした。また、応神帝の息子の一人に稚毛二俣皇子が居ます)

 瓊玉理論による推定  ⑦五十瓊敷入彦命(景行)--⑥崇神(御間城入彦五十瓊殖)--(開化、孝元)--⑤孝霊(大日本根子太瓊)--(孝安)--④孝昭(観松彦  香殖稲)--③懿徳(大日本彦耜友)--②安寧(磯城津彦玉手看)--(綏靖)--①神武   [註:丸数字は世代を表している。神武の在位は二世紀第四四半期か]

一方、和気氏は大和朝の皇子の子孫が吉備の一地方で栄えた帝室の遠い分家筋に当ると考えられてきましたが、清麻呂が宇佐の八幡神(としての応神天皇と神功皇后)に直接つながる縁を持っていたと仮定するなら、その出自について再考する必要もありそうです。伝えられた「垂仁帝--鐸石別命--稚鐸友別命--田守別命--弟彦王……和気氏」の系譜が何らかの事実を基に作成されたものであれば、垂仁帝そして吉備と極めて関係の深い稲背入彦命の周辺をもっと詳しく分析すべきなのかも知れません。古代史には、まだまだ調べなければならない多くの謎が横たわっています。

TOP

トップページへもどる  
     
 人気のページ   お地蔵様の正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは天目一箇命か   邪馬台国と卑弥呼