謎の石田氏と「はやし」「いわなし」について考える                  「サイトの歩き方」も参照してください。

大和の初期王朝の大王たちは、何れも様々な伝説の意匠を纏っているので、中々その実像をしっかりと捉える事自体が難しいのですが、取り分け垂仁・景行と続く時代に登場する人物たちを、数少ない資料の分析から得られる確かな証拠で裏打ちすることはとても困難が付き纏います。オノコロ・シリーズでは今までにも幾度となく大王たちの戸籍調べを行い、后妃たちと子女の足跡を辿りながら、少しでも輪郭の確かな肖像画の一端を描き出したいと云う思いで「重箱の隅をつつく」作業を積み重ねてきたのですが、それでも尚殆どの項目に「?マーク」が付けられたままの状況に変わりはありません。最近では二人の大王の子供たちの多くが「亦の名=別名」を持っており、それが一つや二つには留まらない事までは分かってきましたが、参照することが可能な、どの様な資料に当ってみても手掛かりが皆目得られない後裔も居るのです。それが今回の主役「石田君」です。

日本書紀によれば「石田君」の祖先は垂仁帝と山背の苅幡戸辺との間に産まれた五十日足彦命(イカタラシヒコ)という皇子なのですが、古事記は苅羽田刀辨の生んだ五十日帯日子王は「春日の山君、高志の池君、春日部の君の祖」であると記して内容が一致しません。また厄介なことに古代氏族の名鑑とも言うべき「新撰姓氏録」には肝心の「石田君」という姓を持った氏族が掲載されておらず、その代わりに次のような文章が記録されています。

  讃岐公  右京皇別   大足彦忍代別天皇(景行)の皇子 五十香足彦(亦の名、神櫛別命)の後なり。
  酒部公  右京皇別   同皇子(五十香足彦) 三世孫の足彦大兄王(タラシヒコオオエ)の後なり。
  酒部公  和泉国皇別  讃岐公と同祖、神櫛別命の後なり。

そして姓氏録は、この他にも「山公 和泉国皇別 五十日足彦の後なり」「山守 摂津国皇別 五十日足彦の後なり」とも伝えていますから、垂仁帝の皇子だと記紀の云う「イカタラシヒコ」の実体は、どうやら景行帝の皇子だとされている「神櫛別命」という人物であるらしい事が分かります。と云っても皆さんには余り馴染みの薄い名前だと思うので、記紀や姓氏録そして物部氏の伝承録「先代旧事本紀」の記事などから、彼の人物像を明らかにしてみる事にしましょう。見やすさを第一に、表形式にします。

 古 事 記   この天皇(景行)、針間之伊那毘能大郎女を娶して生みませる御子、櫛角別王、次に大碓命、次に小碓命、次に倭根子命、次に神櫛王なり
 神櫛王は、木国の酒部の阿比古、宇陀の酒部の祖なり。 櫛角別王は茨田の下の連らの祖なり。
 
 日本書紀  次の妃、五十河媛は、神櫛皇子と稲背入彦皇子を生めり。              (記は垂仁皇女の阿邪美都比売り命が稲瀬毘古王に嫁いだとする)
 その兄、神櫛皇子は、これ讃岐国造の始祖なり。 弟の稲背入彦皇子は、これ播磨別の始祖なり。         (景行紀、四年の条より)
 天皇本紀  またの妃、五十河媛は、神櫛皇子と稲背入彦皇子を生んだ。                               [景行天皇の条]より
 五十河彦命は、讃岐直、五十河別の祖なり。   大稲背別命は、御杖君の祖なり。   櫛角別命は、茨田連の祖なり。
 国造本紀  讃岐国造  応神天皇の御世に、景行天皇の子・神櫛王の三世孫、須売保礼命(スメホレ)を讃岐国造に定められた。
 姓 氏 録  讃岐公 (右京皇別)   大足彦忍代別天皇(景行帝)の皇子 五十香足彦(亦の名、神櫛別命)の後なり。
 酒部公 (和泉国皇別) 讃岐公と同祖、神櫛別命の後なり。
 羽咋公 (右京皇別)   垂仁天皇皇子、磐衝別命の後なり。亦名、神櫛別命なり。続日本紀に合えり。

ここまで見てくると「五十日足彦命」は垂仁ではなく、その次の大王景行帝の息子だとされる「神櫛皇子=神櫛王=神櫛別命」と同じ人物で「櫛角別王、五十河彦命、五十香足彦」の別名も持っていた四国の讃岐を本拠地とする豪族の祖だったことが明らかになります。謎の一つ「石田君」の正体は解明されましたが、次の問題が生じます。それは『何故、実在もしていない氏族名を態々書紀が公の文書=史書の中で取り上げたのか?』と云う一点です。他の同族のように「何々の君」あるいは「何々の公」の祖先が「イカタラシ彦」だったと書き残せば済む話なのに、敢えてそうしなかったのには何か「それなりの」理由があったはずなのです。筆者の想像に過ぎませんが、人が「架空」の物を必要とするのは大抵、何か都合のよくない事情がある場合ですから、五十日足彦命(先祖)が「景行帝の皇子である」とする伝承そのものに「問題」があったのだと考えれば納得出来ます。もっと言うなら、古代から平安期にかけて、事実を公言する事自体が憚られたのだと思われます。当サイトが幾つもの記事で検証してきた様に、ここで「イカタラシヒコ」と呼ばれている人物自体は記紀の編集者が創り上げた物語上の登場人物ではなく、垂仁帝の「娘婿」として帝室の一員となった稲瀬毘古王即ち「稲背入彦命の父親」に当る人物に他なりません。そして、彼にはもう一つ良く知られた別名もあったのです。

石田君・書紀  石田神社  丹哥府志   

垂仁帝と天津彦根命の後裔、山代氏の娘・綺戸辺との間に産まれたとされる「磐衝別命(イワツクワケ)=神櫛別命と同じ」がその亦の名で、先代旧事本紀は母親を丹波道主命の娘・真砥野媛だと伝えていますが、記紀も旧事本紀も同皇子が「三尾氏、羽咋氏らの祖」であると明記しており、三尾氏が六世紀初めに大和の実力者たちによって大王に推挙された継体帝の母親・振媛の実家であることは周知の通りです。つまり「石田君」は「イシダ」と読むのではなく飽く迄も「イワタ」と呼んでこそ、書紀が暗喩で伝えたかった「真の情報」を正しく理解したことに成るのだと思います。十九世紀の初め頃相次いで上梓された地域志『丹哥府志』(小林充章ら、1763〜1841年に記録)や『丹後旧事記』(基白堂著、小松国康遍、1810年頃成立、上右の画像参照)には、

  あじかまの潟:あじかの社は、いま何を祭るか村人も知らず。(中略)是より前、五十建速石別命を祭りしによりて名を「建石」という。稲浦より貢奉る。
  五十建速石別命は丹波道主王の孫なり。薊瓊入媛の子なり。兄を建速石別命という。速石里より貢奉る。弟を五十日足彦尊という。五十日里より貢を奉る。 [丹哥府志]
                    
  五十日足彦尊は、垂仁天皇と薊瓊入媛との皇子で、成務天皇の別名である。(中略)膽香足媛の「イカガ」は、今の五十河のことである。              [丹後旧事記]

等の記述もあり「イカタラシヒコ」が丹後地方と大変縁の深い帝室の重要人物だったことが良く分かりますが、筆者は丹後よりも京都府の八幡市(旧山城国久世郡)にある小さな神社に着目しています。苅幡戸辺の父が山背大国不遅という名の人でしたから、その娘が産んだ皇子を祀る社が山城国内にあって当然です。そして、今、五十日足彦命を主祭神とし、大山咋命を配神として鎮座しているのが延喜式内社の石田(イワタ)神社で、同社が建つ周辺の地名も「岩田茶屋の前」と呼ばれているのです。また、そこから、ほぼ東の方角に1.7qほどの距離にも「磐裂神」を祀る石田神社(岩田辻垣内)があり、岩田の字を持った地域全体を支配していた「石田(イワタ)」一族の存在を強く印象付けます。元々、大王家には「姓」そのものがありません。「イワタ」は応神、継体など息長氏の血脈を受け継いだ帝の後裔を象徴した暗号のような文言だったのかも知れません。[註:速石里は与謝郡の拝師周辺一帯を指すものと考えられる。著名な天の橋立でも知られる地域です]

ここからは、久しぶりの「おまけ話」になります。当サイトの「カカシと、はやし」でも書いたことですが、皆さんは「はやす」と聞いて、どのような意味だと思われますか?。多くの方が「生やす」か「囃す」と云うイメージを思い浮かべるはずですが、出雲地方では、何かを「切る」「切り分ける」言葉として使います。例えば『スイカが冷えたから、はやして下さい』の様な感じで話されるのですが、この「方言」は出雲だけではなく石川、新潟、山形、秋田などの日本海側諸県にも残されているようです、それはさておき。「丹哥府志」にある「速石里」の「速石」は「ハヤシ」と読ませるものらしく、丹波を支配していた丹波道主王の孫は「イタケハヤシ」と呼ばれる人だった様です。この名に冠された「五十(イ)建」は始祖神の「五十猛神」を示した文言に他なりませんから、彼が景行帝の息子では無かったとしても天孫族の出身だったことは間違いなさそうです。

丹後風土記の逸文には『与謝の郡、郡家の東北の隅の方に速石(ハヤシ)の里あり』と紹介されている「ハヤシ」の里はオオクニヌシの本拠地出雲にも在ります。出雲風土記が記した「拝志(ハヤシ)」がそれで、意宇郡「拝志の郷」の条には次のような説明文が載せられています。

  天の下造らしし大神(大穴持命)、越の八口を平けんとして幸しし時、ここの樹林茂り盛りき。その時詔りたまいしく「吾が御心の波夜志」と詔りたまいき。故、林と云う。

二つの地名を、短絡的に結びつけることは早計に過ぎるかも知れませんが、この拝志の郷が『天の下造らしし大神、大穴持命の御子、山代日子命坐す。』屯倉のある山代の郷の直ぐ近くに在り「御子」を天津彦根命の後裔(金属神の天目一箇命か?)に比定することが出来れば、案外的外れな想像でも無さそうな気がします。また、播磨風土記が伝える以下の伝承も参考になりそうです、

  林田の里、本(もと)の名は談奈志(イワナシ)なり。談奈志と云う所以は、伊和の大神、国占めましし時、御志(ミシルシ)を此処に立てたまうに、
  遂に楡(イワナシ)の樹生いき。故、名を談奈志という。                                               [播磨風土記、揖保郡、林田の里]

岩波の日本古典文学大系の編集者が『恐らくは備前国磐梨郡石成(イワナシ)郷を本拠地とする石成氏(和気氏と同族)の住む土地である故の名称だろう』と丁寧な注釈を付けてくれているのに従うなら「イワナシ−−ハヤシ」の訛(変化)は想定して良さそうです。何しろ、和気氏が自分たちの祖先だとする鐸石別命は、垂仁帝と丹波道主王の娘・渟葉田瓊入媛との間に産まれた皇子であり、古事記は「沼帯別命(鐸石別命)と伊賀帯日子命(イカタラシヒコ)は兄弟」だと記していますから、これらの地名は帝室とも近しい金属神たちの足跡を後世に伝える役割を持っているようです。

 HOME    
     
 人気のページ   お地蔵様の正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは天目一箇命か   邪馬台国と卑弥呼