加茂岩倉遺跡と天津彦根命の一族について                                        「サイトの歩き方」も参照してください。

「かも」と名の付く地方自治体の数は加茂市、美濃加茂市など幾つかに限られていますが、町や郡或いは地区の名、更には「字(あざな)」を含めれば可也の数になると思われます。全国的にみて最も良く知られた「かも」と言えば、京都に鎮座している上下の社であることは論を俟ちませんが、考古学の分野で著名なのは島根県の加茂岩倉遺跡だと言って良いでしょう。専門家たちの間では「出雲神話」は確かに存在するが、古代出雲の地には大和に対抗できるような勢力は存在しなかった、と云う評価が定着していた昭和58年、斐川町神庭(かんば)西谷の一角から358本もの銅剣が一挙に出土し、更に翌々60年には至近距離の場所から、銅鐸六個と銅矛十六本が一緒に見つかり、国内外から多くの注目を集めました。出雲での「発見」はそこで終わる事はありませんでした。。荒神谷の興奮が落ち着き始めた平成八年(1996)今度は、大原郡加茂町(現・雲南市)の農地から銅鐸三十九個がまとまった形で出土したのです。この加茂岩倉遺跡と荒神谷遺跡は、わずか3.5㎞ほどしか離れていません。また、古代史に興味を持ち記紀の文章に日々触れてきた筆者にとって、別な意味で二つの遺跡のある土地は気がかりな場所だったのです。

上賀茂神社  姓氏録 

いつもサイトで利用する「新撰姓氏録」によれば『角凝魂三世の孫、天湯河桁命の後裔』を称する鳥取連の祖は、

 垂仁天皇皇子、誉津別命 年向三十不言語 于時見飛鵠 問曰 此何物 爰天皇悦之 遣天湯河桁尋求 詣出雲国宇夜江 捕貢之 天皇大嘉 即賜姓鳥取連 

垂仁皇子ホムツワケのために遠く出雲の「宇夜江」まで「鵠(くぐい)」を追いかけて捕獲し献上したので、その功績を天皇が大変喜ばれ「鳥取連」の姓を賜ったとあります。このホムツワケの白鳥伝説について日本書紀は垂仁二十三年冬十一月条で次のように記しています。

  天皇、大殿の前に立ちたまえり。誉津別皇子侍り。時に鳴鵠(クグイ)有りて大虚を度る。皇子仰ぎて鵠を観して曰わく「是、何物ぞ」とのたまう。
  天皇、即ち皇子の鵠を見て言うこと得たりと知ろしめして喜びたまう。左右に詔して曰わく「誰か能く是の鳥を捕えて献らん」とのたまう。
  是に、鳥取造の祖、天湯河板挙奏して言さく「臣、必ず捕えて献らん」と申す。即ち天皇、湯河板挙(板挙、此れをば佗儺[タナ]と云う)に勅して曰わく、
  「汝、是の鳥を献らば、必ず敦く賞せん」とのたまう。時に湯河板挙、遠く鵠の飛びし方を望みて、追い尋ぎて出雲に詣りて捕獲えつ。

書紀では、上のように皇子が鵠の姿を見て言葉を話す様になったので、その鵠を「鳥取造の祖」に捕まえさせたと云う簡略化された筋書きに成っていますが、古事記は品牟都和気命(本牟智和気王)の出生譚を詳しく「物語り」皇子は山辺の大鶙と云う人物が「高志国の和那美」で捉え持ち帰った鵠を見ても、話し始めることは無かったと伝え、更に、天皇の夢に顕れた神が『我が宮を天皇の御舎の如く修理めたまわば、御子必ず真事とわん』と託宣、夢から覚めた垂仁が太占に占うと、その祟りが「出雲の大神の御心」であることが判明したのです。大王は王子の出雲詣りを即決、占いによって吉と出た曙立王と菟上王の二人を介添え人として都を出立しました。仮宮を建て大御食を出雲国造の祖・岐比佐都美が献上しようとした時、突然、王子が『此の川下にある青葉の山のようなものは、若しかして出雲の石くまの曽宮に鎮座する葦原色許男大神を斎祀る祝の大庭か?』と問いかけ、お供の曙立王たちも大変喜んで、都に知らせる「駅使(はゆまづかい)」を送り出したと古事記は伝えます。「神の御心」による祟りは先の大王、崇神帝の治世にもあって、大物主神を「児」である大田田根子に祀らせることにより天下は平らぎました。ほぼ、同じ内容の「神と大王」の対峙と和解が弐代続けて綴られているのは、恐らく、後世に垂仁帝を「祖」と仰ぐ勢力が朝廷内において重要な位置を占めたことから、同大王を始祖王並に扱う記述が記紀に盛り込まれたものと筆者は想像しています。

垂仁帝の略系図  周辺図

帝室の系譜や個々の伝承の類が何故、後世に架上潤色されたのか、その原因の一つが応神の即位にあると思われます。彼の不思議な出生自体が全てを物語っている様にも見えますが、垂仁記などに現れた「品牟都和気命(ホムツワケ)」に関わる一連の記述は、将来生まれるであろう「偉大な大王」への序曲とでも言うべきもので、仲哀帝の急逝、母親神功皇后の大遠征話なども、全ては応神の突出した異能を飾りたてるためのものだと考えられるのです。その推理の過程は稲背入彦命に纏わるページで詳しく解説していますので、ここでは上に乗せた垂仁の略系譜に基づいたお話を進めることに致します。大王家と和爾氏の緊密ぶりについてはWEB上でも屡取り上げられますが、上の略図を見て直ぐ分かる様に彦坐王の一族と天津彦根命の女性たちが垂仁帝の血脈を受け継ぎ、閨閥を形作っています。彦坐王の家系は丹波氏と便宜上呼ばれていますが、図の右側に別個に記した和爾氏との婚姻の系譜に見える人名に注目すると、山代(背)氏の娘・息長水仍姫の子である丹波道主王と和爾氏の娘・袁祁都姫の子供とされる「山代之」大筒木真若王は同一人である可能性が極めて高いと思われます(袁祁都姫は彦坐王の叔母に当る人で、所謂、異世代婚の典型と言えますが、造作された系譜の色彩が濃いように思えます。もっと踏み込んで言えば、和爾氏が伝えた彦坐王との姻戚関係は架空のものである可能性もあります)。

明らかに山代氏の娘でありながら「息長」の姓を冠しているのは、彼女が嫁いだとされる彦坐王その人が、丹波の実力者でありながら系譜上息長氏の血統の頂点の一つに位置しているからに他なりません。つまり彼は、和爾氏の主張する血筋から見れば「大筒木真若王--迦爾米雷王--息長宿禰王--息長帯姫命」と続く一族の祖先であり、垂仁の娘婿である稲背入彦命(稲瀬毘古)から見ても系図の頂点に聳える存在なのです。更に、稲背入彦命が応神帝の真の父親であるという仮説が正しいものであるのなら、彦坐王こそ応神・継体王朝全体の祖であることにもなります。ただ、古事記が水仍姫を「天御影命の娘」と表記している点に注目すると、この世代に天津彦根命の孫が暮らしている訳がありませんから、彼女は後世の編集者の手によって作り出された系譜上のジョイント役の人物だと考えられます。垂仁、応神そして継体という三つの王朝(権力)にとって不可欠な血脈が「息長」と「和爾」だとすれば、一方の「天津彦根命・天御影命」の一族は「古代祭祀」に関わる第一人者的な存在だったと言えそうですが、彦坐王が現実に娶った女性は恐らく山代之荏名津姫(亦の名、苅幡戸辨)一人だったと筆者は想像しています。垂仁の第一子が何故「ホムツワケ」という名称を冠せられていたのか?それは、応神帝(ホムタワケ)の出自を暗示したものでした。そして「物を言わない」王子の介添え人として出雲の聖地・宇屋谷に赴き「出雲の大神」の「祟り」を氷解させた曙立王が「伊勢の品遅部君、伊勢の佐那造」の祖となったのは当然の成り行きだと言えます。荒神谷と加茂岩倉の二つの遺跡に大量の銅器を埋納したのは誰だったのか?もう、皆さんお分かりのことでしょう(註:銅鐸のことを、かつてサナギと呼んでいました)。出雲の地で銅鐸などを神器として祀り栄えた天孫の流れが確かに存在したのです。

   トップページへもどる    
       
 天津彦根関連の頁   剣と鐸と天津彦根   オオクニヌシと垂仁と天津彦根   ツルギヒコとハタツミ   坐摩神社と天津彦根   忍坂と息長と天津彦根