(かも)は「」なのか、それとも「」なのか                                               「サイトの歩き方」も参照してください。

古代史に関わる資料に眼を通したことがある方なら「鴨神遊行」説話という文字に見覚えがあるでしょう。もともと大和葛城の地に居を構えていた「鴨」氏が伝えた伝承だと考えられていますが、いつも利用する『新撰姓氏録』は次のような註文で祖神の「大功」を語り伝えています。

  神日本磐余彦天皇[謚(おくりな)神武] 欲向中洲之時 山中嶮絶 跋渉失路 於是 神魂命孫鴨建津之身命 化如大烏翔飛奉導 遂達中洲
  天皇嘉其有功 特厚褒賞 天八咫烏之号 従此始也

物部氏や尾張氏の英雄は「神剱」を奉った高倉下でしたが、それにも負けない位の「八咫烏(やたがらす)」こそ鴨氏の祖先だと言うわけです。「山城国風土記」逸文に云います。

  加茂の社。加茂と称うは、日向の曾の峯に天降りましし神、賀茂建角身命、神倭石余比古(神武帝)の御前に立ちまして、大倭の葛木山の峯に宿りまし、
  そこより漸くに遷りて、山代の国の岡田の賀茂に至りたまい、山代河のまにまに降りまして、葛野河と賀茂河との会う所に至りまし、
  賀茂川を見遥かして、言りたまいしく「狭小くあれども、石川の清川なり」とのりたまいき。依りて、名付けて石川の瀬見の小川と言う。
  その川より上りまして、久我の国の北の山基に定まりましき。その時より、名付けて賀茂と言う。

鴨縣主系図  穂積宿禰系図 

風土記逸文は続けて賀茂建角身命が「丹波の国の神野」の神伊可古夜日女(いかこやひめ)を娶って「玉依(たまより)日子」と「玉依日売」の二人の子供を儲けたと伝え、更に玉依日売が「石川の瀬見の小川」に流れて来た『丹塗矢(にぬりや=男神の霊代)』に感応して「男子(可茂別雷命)」を産んだ。その丹塗矢は「乙訓の郡の社」に坐す火雷神であると自家の系譜を記しています。この「丹塗矢」伝承は、古事記が神武帝の『皇后選定段』で比売多多良伊須気余理比売命の出生に付いて「美和の大物主神」が「丹塗矢に化りて」三嶋溝咋の娘・勢夜陀多良比売の許に通ったとする説話を、殆ど変形せずに取り入れたものであることが分かります。つまり「矢」は「雷神」の象徴と云えるのです。神様たちの系譜については「事代主命と鴨」の頁で詳しく解説をしましたが、ここでもう一度お浚いをしておきます(上右は田使首の系譜です)。

  田使首系譜  @伊久魂命−−−−A天押立命(神櫛玉)B陶津耳命−−−−C玉依彦命−−−−D剣根命               (註・陶津耳の兄弟が都留支日子=剣彦)
  鴨  氏系譜  @天神玉命−−−−A天櫛玉命−−−−B賀茂建角身命−−C玉依彦命−−−−D五十手美命−−−E麻都躬乃命      (註:五十手美の兄弟が剱根命)
  三上祝系譜  @天照大神−−−−A天津彦根命−−−B天目一箇命−−−C意富伊我都命−−D彦伊賀都命−−−E天夷沙比止命
  物部氏系譜  @天照大神−−−−A天押穂耳尊−−−B火櫛玉饒速日−−C饒速日命−−−−D宇摩志麻治命−−E彦湯支命             (物部大連系譜より)
  斎部氏系譜  @天底立命−−−−A天背男命−−−−B天日鷲翔矢命−−C大麻比古−−−−D由布津主                 (天日鷲翔矢命の子が天羽雷雄命)
  三嶋氏系譜  @〇〇〇命−−−−A天湯川田命−−−B少彦根(名)命------玉櫛姫(活玉依姫、溝杭玉櫛姫)                   (少彦名命と三嶋溝咋は同神)

天照大神を「初代」に見立てて、各氏族が伝えてきた系譜を並べてみたものを上に表示してありますが、今回の主人公である「賀茂建角身命」は、アマテラスからみれば「三世の孫」の世代に属している神様のように見えます。ところが実は、物部氏、三上氏を除き上の丸数字@ABに縦に並んだ神様の多くは「皆、同じ神様の別名」だと思われるのです。つまり、

  賀茂建角身命は、陶津耳命であり、また天日鷲翔矢命であり、更には少彦名命でもある

という訳です。本来、祖先神は大変尊い存在ですから、氏族の勝手で名称を変えてしまうことなど在り得ないと思われがちですが、一人の神様には多数の子孫があり、それぞれが自分の家の祖先神の「独自性と優位性」を主張した結果なのかも知れません。それはさておき、上の画像に興味深い記述があるので紹介しておきます。加茂の神は「丹波国」の神伊可古夜日女を娶って二人の子供が誕生しましたが、配神の名前にある「いかこや」は、恐らく「雷」をも意味する天孫系の「いか、いそ(五十)」を踏まえた名称だと考えられ、当然「いか」は「イカズチ」をも含んだ呼称に他なりません。また、天孫系の頂点の一つに立つ「スサノオ」と「五十猛神」の尊称でもある訳です。そこで、物部系統の系譜を調べていた時に見つけたのが「穂積宿禰」系譜でした。上中央の画像にある通りニギハヤヒの娘として名前が載せられている一柱に「熟穂屋姫命(うましほやひめ)」とあります。そして、全国的にも良く知られている越後一の宮・弥彦神社の紹介文によれば、

 天香久命(別名、高倉下)の母親は、天道日姫命。妃は熟穂屋姫命(ニギハヤヒと御炊屋姫との子)

ですから、天香久命はニギハヤヒの娘と結ばれていたことが分かります。そして問題は、その左隣に薄く見えている部分にある神名なのですが、筆者の眼には「−伊加古夜○○」と読めます。風土記の伝えた内容(姫の生国)とは合致しませんが「天日鷲翔矢命(あめのひわしかけるや)」でもある鴨氏の当主に、天孫族の一員であり物部の宗家でもあるニギハヤヒの家から嫁取りをした可能性は十分あると考えて良いでしょう。また、先に「丹塗矢」は「雷神」の象徴でもあると述べましたが、天日鷲翔矢命の神名には正にその「矢」が含まれていますし、斎部氏の系譜によれば同神の子供として「天羽雷雄命(あめのはいかずちお)」があげられている点も、賀茂建角身命自身に雷神の性格が色濃くあったことを示唆しています。

天羽雷命神社  葛城の山並み

神々の系譜からすると、今、見てきた「賀茂建角身命(天日鷲翔矢命、少彦名命、三嶋溝杭命などと同神)」には「雷、いかずち」の性格が強いことが分かります。そして、彼の兄神は天目一箇命であり「都留支日子(つるぎひこ)」とも呼ばれる「剣神」でした。なんだか、どこかで良く見た組合せだとは思いませんか?そうです、石上神宮の祭神でもある「布都斯魂=フツヌシ」と一緒に出雲の国譲りで大活躍した武甕雷神、その二柱の組合せ方は瓜二つ。更に、日本書紀は神代下、第九段と一書第二の中で次のように意味ありげな書き方をしています。

  言訖りて遂に(大己貴神)隠りましぬ。ここに、二の神、諸々の順わぬ鬼神たちを誅いて、
  一に云わく、二の神遂に邪神および草木石の類を誅いて、皆すでに平けぬ。その不服わぬ者は、ただ星の神、香香背男のみ。
  故、また倭文神、建葉槌命を遣わせば服いぬ。故、二の神、天に登ると言う。倭文神、これをば斯図梨俄未(しとりがみ)と言う。果に復命す。

  一書に曰く、天神、経津主神・部甕槌神を遣わして、葦原中国を平定めしむ。時に、二の神曰さく、
  「天に悪しき神有り。名を天津甕星と言う。亦の名は天香香背男。請う、先ず此の神を誅いて、然りて後に降りて葦原中国を撥わん」と申す。

筆者は古代史の資料調べを通じて「天若日子」に関わる「返し矢」伝承は天孫族間の覇権争いを物語化したもので、実際には葦原中国(倭国の一部?)を逸早く支配下に置いた天津彦根命一族の追い落としが行われたと考えています。上の記述を見る限り雷神・剣神の二柱でさえ「天の悪しき神」を誅することが出来ず、天日鷲翔矢命の子・天羽雷雄命だけが「香香背男」を服従させることが出来たという謎めいた背景には、天津彦根命親子の間で深刻な対立が存在していたことを窺わせます。推理小説なら、ここら辺りで犯人捜しが始まるのですが、何分、証拠が揃っていませんから、高皇産霊尊から「作木綿者(織物の第一人者)」に定められた天日鷲神に注目している事だけを指摘しておきます。さて、いよいよ表題に掲げた疑問に答える番ですが、国造りで最も威力を発揮したと思われる神々の中心に居たのが「剣神」と「雷神」でした。「剣=KEN」は容易に「KAN,KAM」に転訛します。そこから「KAMI,KAMU,KAMO」までは、ほんの一跨ぎではないでしょうか?「剣」は「神」であり「鴨」でもあるのです。

 TOP    
     
 人気のページ   お地蔵さまの正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは天目一箇命か   邪馬台国と卑弥呼