河内の息長氏と「継体天皇の血脈」を探る                                  サイトの歩き方」も参照してください

聖武帝(701〜756)と言えば何かと藤原氏との関係で語られる事が多く、事実、その母と妻のいずれもが藤原氏出身であるのですが、彼は何故か河内難波の地を好み、天平十六年二月には難波宮を「皇都」と定めたりまでしています。その聖武が奈良・東大寺の大仏建立を発願したのは天平勝宝元年も押し詰まった頃でしたが、直接のきっかけは西暦740年2月の難波宮行幸時の出来事にあったと謂われています。それが当時、河内国大県郡(柏原市)に在った知識寺の盧舎那佛との出会いで、妻子を連れて同寺を訪れた帝は、仏の姿にいたく感激されたらしいのです。

  にほ鳥の 息長川は 絶えぬとも  君に語らむ 言尽きめやも  (万葉集−4458)

この行幸に付随して、河内国伎人(くれ)郷の馬史国人(うま・ふひと・くにひと)という人物の館で宴が催され、その折、主人である馬国人が大伴家持(おおとも・やかもち,718〜785)に贈ったとされる一首なのですが、歌に織り込まれた「息長川」は従来、近江国に在る河川のことだと解釈されてきました。しかし、帝が行幸した宮が「難波(なにわ)」であり、その一行を迎えてわざわざ宴席を設えた役人が「河内国伎人」郷の住人だったのであれば、歌の背景として取り上げられた「風景」だけが、遠く離れた「近江」であるはずがありません。国学者本居宣長(もとおり・のりなが,1730〜1801)は『古事記伝』の中で「万葉に河内国伎人郷とある処なるを、久礼を訛りて喜連とは云うなり。孝謙紀・三代実録などに伎人堤とあるも此処の事なり」と明言している様に、伎人(くれ)とは正に大阪平野に「喜連(きれ)」の名で残っている地域を指していると思われます。ここで、お話しが前回(息長と継体)の楯原神社へと繋がります。

特異な伝承のある楯原神社 息長真若中女の碑 

井上正雄の労作『大阪府全志』が世に出たのは大正11年のこと。かつて「東成郡」に属していた喜連村の項には旧家に伝わる一つの「家記」が紹介されているのですが、書かれている具体的内容は先に見た楯原神社の由緒書や近隣の地で語られる口碑とも奇妙に一致しており、編集者の井上も『其の記する処を見るに、口碑の伝ふる所に符合し、口碑は此の家記より出しにはあらざるかと思はしむ』と述べています。では、継体帝に関わりのある「河内息長」氏の歴史と人物について見て行くことにしましょう。

  1 武御雷男の子孫が国の名を「大々杼国」、郷の名を「大々杼郷」と名づけたが、神武帝から大々杼の姓を賜った。
  2 神八井耳命と孝元帝が、大々杼彦仁の時、行幸された。此の折、孝元帝の像を彫刻し天神社にお祀りした。
  3 崇神七年、大々杼名黒が帝の詔を受け、新たに二つの社を建てた。その一つが祖神・楯之御前社である。
    名黒が祖宗以来領有している所は、南は多治比、北は浪速、東は味原までに及ぶ。
  4 仲哀帝は、大々杼黒城に嗣子の無いことを聞き及び、日本武尊(ヤマトタケル)の子・息長田別王を黒城の娘・黒姫に配せしめられたが、
    二人の間には杭俣長日子王が産まれ、田別王は狭山池の水を引いて田を作り、息長河を掘って水を淀川に注がしめた。

これまでの古代史では神功皇后の生家を近江息長氏(父が息長宿禰王)とし、その遠祖を「山代之筒木真若王−−日子坐王−−開化帝」の系譜にだけ求めてきた訳ですが、上記の家伝によれば息長家そのものが「仲哀帝の異腹の兄弟(タワケ)」と「河内の豪族の娘(クロヒメ)」との間に産まれた杭俣長日子王(クマタナガヒコ、『上宮記』では河派仲彦王)から始まった事になり、息長氏が後世にわたって半ば王家と同等の扱いを受けた(西暦684年『八色の姓』制定時、最高位・真人の筆頭が息長氏)背景が、より鮮明になります。そして上で見てきた人物たち全ての家系図を描いてみると分かるのですが、その中核となる位置に立っている主役がホムタワケ応神天皇その人に他なりません。家記に戻ります。

  @ 皇后摂政11年、皇太子品陀和気命は武内大臣、依羅吾彦などを引きつれ皇后と共に行幸され、息長の姓を与えられた。
  A 皇后摂政51年、杭俣長日子王の娘・息長真若中女が皇太子妃となり、56年、若沼毛二俣王が産まれた。
  B 応神8年、杭俣長日子王の求めに応じ若沼毛二俣王が婿入りし、弟女真若伊呂弁王と息長の家を継いだ。二人の間には、
    大郎子(大々杼王)、忍坂大中女命、沙禰王、琴節郎女(衣通姫)など七人の子宝に恵まれた。
  C 長子の大々杼王は仁徳帝の勅命を奉じて淡海の息長氏となり、弟・沙禰王が息長家を相続した。
  D 允恭帝の頃、沙禰王の娘・真若郎女を淡海の大々杼王の子・彦主人に嫁がせ、同帝39年、大々杼命が河内の産殿で産まれた。
    この王子は、産まれて後も河内で育てられ、8年を経た雄略帝元年、淡海の父親の許に送られた。
  E ところが実母の真若郎女が早世したため「異母」福井振姫に随い成長し、越前三国の君と号した。この王子は後、天下を治めた。
  F 継体帝2年春、帝は妃・安部波延女と娘・都夫良郎女を連れて御手洗池で「禊祓」をしていた処、娘が池の荒波に誘われて水中に流された。
    当主・息長真手王の一人息子・息長真戸王が、その姫を助けようと水中に飛び入り、二人とも亡くなってしまった。
    帝は、若い二人の死を大変哀れみ、死後ではあったが姫を真戸王に嫁がせ、垣内の御陵に葬った。
    更に帝は、自らの王子・阿豆王(「紀」では厚皇子)を真手王の娘・黒郎女に配し、息長家を相続せしめた。
  G 息長真手王は継体の諱名をはばかり、大々杼郷の名を廃し、高祖に因み「杭全(くまた)郷」と称した。
  H 息長阿豆王の娘・比呂女命(広姫)は敏達帝の皇后となり忍坂彦人太子が産まれた。

「家記」にある記述のすべてを鵜呑みに肯定する訳ではありませんが、創り物にしては話が込み入り過ぎていますし、「不敬罪」が存在していた旧帝国憲法下で公表された意図も定かではありません。むしろ、帝室に限りなく近い一族だとされてきたにも関わらず、その実態がほとんど解明されてこなかった「息長」氏の実像?の一端を垣間見る思いがするのは管理人だけでしょうか!また、古代氏族の家督(つまり支配地)相続の実態が生々しく伝わって来ます。実在性の高い黒城(くろき)を初代と仮定すると、忍坂彦人大兄王が丁度十代目に当たるのですが、実に、この間「三度」にもわたって「入り婿」を迎えて家の存続を実現しています。王家ではなく河内の豪族でさえそうだったのですから、大王家の当主だった安閑帝に「子」が無かったから、その血筋(と言うより王の本家)が途絶えたとする記紀の記述に疑念を抱かざるを得ないのですが如何でしょう?現に、彼の父親が王家の存続を危ぶむ重臣たちによって大王となっているにも関わらず、例え位を継ぐに足る「弟」が居たにしても…。(6世紀の頃には未だ「末子相続」が優先されていたと考えることに異論は無いのですが、皇妃たちに屯倉まで用意出来るのであれば「養子」の一人くらい、どうにでもなるのでは、と思ってしまうのです)また「日本書紀」が敏達帝の皇后・広姫を息長真手王の娘としている点について、同王の娘・麻績郎女が継体帝に嫁いでいることを踏まえ、以前「伝承に錯誤があったのでは」ないかと考えていましたが「家記」の内容により、その疑いも解消されます。継体の「孫娘」であって、かつ息長氏の「娘」であれば大王の后となって当然ですし、一豪族の女が産んだ王子が何故「大兄」(世継ぎの王子)と呼ばれたのかも納得できます。蛇足になりますが、敏達から「用明」「崇峻」「推古」と続いた蘇我氏系の大王位は、「息長足日広額」の諱名を持つ舒明によって継承された後、天智・天武へと受け継がれていったのです。

  杭全神社  杭全神社境内の碑  PR

大阪平野郷は、そもそも九世紀の初め征夷大将軍坂上田村麻呂の次男、広野麿が朝廷より杭全一帯の土地を賜ったことから、その名前「広野」がいつしか地名に転訛したものだと地元では伝えられており(『平野郷小史』)、平野宮町には田村麿の孫、当道が貞観四年(862)に勧請した杭全神社が鎮座しています。「書紀」「続日本紀」などが伝えるように、古代の河内地方は大規模な水害や旱魃が度々起こるなど「水」に弱い土地柄だったようです。昨今、全国各地で弥生時代の遺跡が発掘され、弥生人の水利工事の巧みさなどがTVでも報道されていますが、記紀が歴代の大王たちの業績として「治水」を挙げたのには、それなりの理由があった訳です。上で見てきた河内息長の一族も、恐らく、古くから農耕に必要な土地の灌漑や河川の整備を行ってきた有力者であったと思われ、最初に婿入りした「田別王」(「田=農耕地」を先代から「別=ワケ」与えられた、つまり引き継いだ王)の次に「杭俣(くいまた)」長日子の名が見られるのも、彼等が「杭(くい)=土木工事」によって地域の開発を推し進めた実績を端的に表しているのかも知れません。また、一族の祖先が付けたとされる「大々杼(おおど)」の地名に含まれる「杼」という文字には機織に必要な「ひ」という道具の意味がありますから「伎人(喜連)くれ」の地名とあいまって、外国からやってきた技術者集団が背後に存在していた可能性もあります。また「杼」が「梭」であり、機(はた)織りの重要部品であるとするなら、渡来系「秦氏」の影を見て取ることも不可能ではありませんね。

秦氏の足跡=古代史を語る上で、この氏族を抜きにした議論は在り得ないのですが、いざ、その実態はとなると意外にも視界不良な部分も多いのです。ただ、河内息長氏について、ここまで追跡を重ねてきた結果から推測すると、応神14年の「弓月君」の来朝そして雄略期の「秦酒公」の活躍も五世紀における渡来系技術者集団と、その管理者たちの歴史の象徴と考えられなくありません。継体の「子」欽明が「秦大津父」をわざわざ正史に登場させたのには、それなりの理由があってしかるべきですが、大々杼一族の発展を影で彼等が支えていたとするなら、書紀の記述にも十分納得が行きます。これは全くの想像に過ぎませんが、五世紀の初め頃すでに河内の大阪湾近くで開拓団を率いていた「秦」のリーダー達がほぼ一世紀の時間をかけ畿内の有力者たちと同盟あるいは主従の関係を築き、その中でも積極的に彼等の「技術」を用いた一族が王家の親族だった。継体の「即位」にも大きな役割を果たした「秦」は、その後、ヤマトに最も近い讃良郡太秦へも拠点を進め、大県や交野の製鉄遺跡にも深く関わった。継体が淀川沿いに都を設営できたのも「秦」が六世紀までに山背太秦に勢力圏を確立していたからではないでしょうか?!

さて、ここからはオマケ話に移るのですが、武甕槌命と大国主命を祀る楯原神社の境内には、不思議な摂社が同居しています。それが十種神宝神社という名のお社なのですが、その由来がちょっと変わっています。そもそも「十種神宝(とくさのかんだから)」とは、物部氏の祖ニギハヤヒがその太祖から授けられた「鏡、剣、玉、ヒレ」などの祭祀儀礼に必要な品々だとされているものですが、天正元年(1573)八月、天下布武を目指していた織田信長配下の武将達により石上神宮が焼打ちに遭った際、難を避けるため宝物が持ち出されたのですが、以後、その行方が知れないまま年月が過ぎました。ところが、信長の跡を継いだ豊臣秀吉に「神宝」のありかを告げる者があり、秀吉は宝を一旦「生魂の森」に納めたのですが、御一新を目前にした慶応三年「おかげまいり」の大興奮の坩堝に巻き込まれ、神宝は二度目の行方知れずとなったのでした。誰もが、宝の捜索を諦めかけていた時、たまたま「町の古道具屋」の店頭に晒されていた処を喜連の住人・小林某が「発見」、これを買い求めたのだそうです。これが浅井家、増池家の手を経て昭和初年になって楯原神社に奉納されたのだとか…。

十種(とくさ)の社  楯原神社の摂社は神宝を祀る  神宝記の碑文

「先代旧事本紀」によれば、ニギハヤヒは天岩船に乗って河内の川上の哮峰(いかるがのみね)に天下ったとされており、これは現在の大阪府交野市私市(きさいち)の辺りだと思われますから、正に、河内一帯は物部氏の故郷でもあったのです。この一族が古代最強の「武力」集団の一つであった事は確かですから、上で見た河内息長の「歴史」とりわけ始祖神を武甕槌命とする構図には、先住者(服従した者)たちの「伝承」を下敷きにしたのではないかと思わせる部分があります。また、今回、喜連に残されていた「家記」の記述から知ることのできた『死後の婚姻』という特例?は、驚きの収穫でした。この様な家同士の婚姻が、例え「例外的」にではあっても王家豪族の間で行われていたのであれば、その「事実(実態)」を知らずに系譜系図を見た、後の世代の者たちが、かつて実際には存在しなかった家と家との結び付きを、何の疑いも抱かず信じ更に後世に伝えてしまう「危険性」が高いと謂わざるを得ません。つまり、それだけ「系譜」というものには危うさが潜んでいるのです。

「系譜」という面から、もう一つオマケ話を続けると、物部氏の宗廟とも言える石上神宮ですが「日本書紀」によれば景行帝の兄(つまりヤマトタケルの伯父さんです)五十瓊敷入彦命(イニシキイリヒコ)が、垂仁帝39年10月、川上宮において造った「1,000本の剣」を石上神宮に奉納したのち、同命が石上の「神宝」を管理したと伝えており、今回ご紹介をした河内喜連に在った「家記」は建御雷男(タケミカヅチ)の子孫・大々杼彦人は、神武帝から「大々杼」の姓と共に「剣臣(つるぎおみ)」の号も賜ったと記されています。その「剣」を冠した神社が福井越前にあり、謀反の疑いで神功皇后に攻められ滋賀大津で亡くなったはずの忍熊王(応神帝の義理の兄)が気比大神と共に祀られているのは一体何故なのでしょう?また、応神帝(ホムタワケ)が、正に、その気比大神・イザサワケと「名を取り替えた」という伝承は、何を意味しているのでしょうか!更に、今回も登場した織田信長の氏神が剣神社であったことを付け加えて、お開きといたします。

(このサイトのトップページや最新のページへ行きたい時は、左下のリンクをクリックしてください)

     
     
 人気のページ   お地蔵さまの正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは天目一箇命か   継体一族の后妃の謎