大王の血脈から見た「欽明」の位置づけ                           サイトの歩き方」も参照してください。

何やら小難しそうな題目ですが、幾ら考えても、これよりマシな文言を見つけられなかったので、取り敢えず書き始めます。日本書紀によれば、皇極二年(643)十一月、蘇我入鹿が「聖徳」太子の直系である山背大兄王たち一族を斑鳩(いかるが)の地で「襲撃」した時、王は『馬の骨』を取って来て寝殿に置き、追撃する者達の目をくらませ一時的に生駒山へ隠れることに成功したのだそうですが、世間で氏素性のはっきりとしない、つまり、このオノコロ・シリーズの管理人の様な者の事を蔑んで「どこの馬の骨とも分からない」云々と言うのも、てっきり山背王の「故事」に因んだものだと、最近まで思い違いをしておりました…、それはさておき。

父親の祖先が、当時、既に伝説的な大王中の大王とされた人物(応神帝)で、母親は先の大王の姉、また母方の祖先を辿れば、何れもが代々大王の位を受け継いできた家系という、飛び切り高貴な「家」の嫡男として生まれて来た人の「幼名」が伝わっていない。また、加えて、その人の「子供」からは二十近くの「分家」が派生しているにも関わらず、本人から直接分家した一族が全く存在していない。そんな「大王」が居たとして、貴方は、どのような感想を抱きますか?

第29代欽明の父である継体(450?〜531?)は、第25代武烈(489〜506)に嫡子がなかったことから、ヤマト朝を構成していた豪族連合の意向を受け、武烈の姉・手白香皇女との婚姻を条件に謂わば婿入りの形で大王の位を「引き継いだ」人物とされ、欽明(509〜571)は王家本流として敏達から舒明、そして天智・天武へと連なる大王家の礎とも云える存在である、との見方が歴史的になされてきました。父・継体については、その出自が色々と問題視されては来ましたが、尾張目子媛との間に生まれたとされる次男・宣化帝の子孫が後々まで宮廷で活躍していることから、その「存在」自体を疑う史家は極少数に留まっています。また、もう一人の息子である安閑帝(466〜536)に関しても管理人は独自の「妄想」理論から得た推理により、実在していた可能性が濃いものと確信しています。ところが、嫡子であり本家本元に相当する欽明帝の足元が揺らぎかねない一つの疑念が払拭出来ずにいるのです。それは、こう云う処に端を発します。

平安初め、西暦815年(弘仁6)に編まれた『新撰姓氏録』は、オノコロ・シリーズでお馴染みの文献ですが、そこには初代神武帝を「祖」とする姓は勿論、古代からヤマトで連綿と命を繋いできた貴族豪族達の「出自」が区分けされ記録されています。その記述から、色々な情報を汲み取ることが可能な訳ですが、例えば、「◎◎」という姓の氏族は「□□」という神様、あるいは人物の末裔であると云った文言を集約すると、歴代の大王の子孫たちだけを抽出することも可能です。そして、姓氏録の記載事項を信用するなら、第29代欽明帝を祖先とする子孫氏族は一つも存在しないのです。一方、記紀などの史書は、同帝には敏達帝、用明帝、崇峻帝など大王となった諸皇子の他に多数の男子が居たと記録しています。勿論、その中には早世夭折された方もいますから、全ての皇子たちが「成人」して新たな分家を設けたとは限りませんが「父と息子」の実在が確実視されている人物本人の「影」しか見えないというのも異様なことです。(勿論、この背景には「悪役」蘇我氏一族の排斥という歴史上の事実が横たわっています。何しろ稲目の娘・堅塩姫と小姉君だけで『十一男七女』を産み、その内、三人が大王となっているのです。後世の記紀編集者たちも流石に、これら蘇我系すべての子孫を消し去る事は出来なかったのかも知れません。更に想像を逞しくすれば「聖徳」太子の子孫が蘇我氏の企みにより完全に潰えた、という筋書きは「蘇我」につながる家系そのものの抹消という課題から創造されたものだと推理することも可能です。)

山背大兄王と太子  広隆寺は太子を祀る  

先に「幼名」が伝えられていないと書きましたが、それは、こう云うことです。昔の大王たちに、我々下々のように「太郎」「花子」といった「名前」が付けられていないことは明らかですが、それでも、王たる人物が生まれて直ぐ「何々大王」と呼ばれる訳ではなく、大抵は養い親の支配地あるいは母親の出自等に因んだ「呼称」が与えられます。例えば欽明帝の最も身近な存在である親兄弟などを例に取ると以下のようになります。(安閑と宣化の諡号は省いてあります)

  継体 男大迹(おおど) 彦太尊(ひこふとのみこと
  安閑            勾大兄(まがりおおえ
  宣化            檜隈高田(ひのくまたかた
  欽明 天国排開広庭
  敏達 沼名倉太玉敷  訳語田(他田、おさだ

つまり、如何に偉大で突出した「存在」であったにせよ、大王位に就くまでは他の王たちと区別するためにも何らかの「呼称」は記録上必要な訳で、それが伝えられていない、と云う事が様々な憶測を呼ぶ結果につながるのです。管理人は決して、この欽明帝にあたる人物が『存在しなかった』とは考えていませんが、そうかといって記紀の記述どおりの史実があったとも思っておりません。はてなマークを添付すべき事項は幾つか挙げられますが、最大の疑念は、

  父親が継体帝だとして、母親は本当に仁賢の娘・手白香皇女だったのか?

その辺りに有るように思われてなりません。先ず、年齢的な問題ですが継体の生年は大体450年頃だと推測され、一方、仁賢の産まれた年も継体とほぼ同じなので「皇女」が一世代(20歳くらい)年上の大王に嫁いだとしても、それ自体は不思議なことではありません。(継体の年齢や生没年などに関しても記紀の間ですら大きな隔たりがあるのですが、ここでは書紀の記述に従っておきます。)問題は『播磨風土記』美嚢郡の記述に見られるような伝承の存在にあると言えます。それは、

  仁賢天皇の母親が手白髪命(たしらがのみこと)

とする内容のもので、単なる系譜上のミスなのか、それとも風土記の記述者が名前を取り違えたものなのか、今となっては確かめる術もありませんが、良く似た「系譜」上の混乱は欽明の子・敏達の后妃の一人にも見られます。それが西暦575年に立后し舒明の父・押坂彦人皇子を生んだ後に亡くなったとされる広姫で、この人は近江地方の豪族・息長真手王の娘なのですが、実は、書紀によれば、この姫の姉妹と見られる麻積娘子(おみのいらつめ)が敏達の祖父・継体に輿入れした事になっているのです。どちらの記述が史実に近いのか即断は禁物ですが、敏達の孫である舒明の和風諡号が『息長足日広額(おきながたらしひひろぬか』と伝えられている点を重視すれば、こちらの伝承を「可」とすべきであるのかも知れません。つまり蘇我氏亡き後、記紀の編集に当たり、息長氏に好意的な誰かが、大王家と息長氏のつながりの深さを「演出」したと云う訳ですね。

この様な系譜、系図上の「混乱」を取り上げ始めるときりが無く、又、とても煩雑になりすぎるのでこれ以上深入りしませんが、八世紀初めの段階で既に継体帝の皇后と、その父親(大王)に関して正史(記紀)とは異なる内容のものが、中央以外の土地で言い伝えられていた事だけは確かなようです。また、記紀の記述に見られる「混乱」を、そのまま編集者たちの杜撰さと受け取るのか、それとも敢えて読者を惑わせるための作為と見るのか判断に悩むところではあります…。さて、本題に戻りましょう。そうです、今回の疑問は、何故、欽明の「幼名」または大王となる前の「呼称」が正史で伝えられず、書紀の即位前紀でさえ、

  皇子天国排開広庭天皇、群臣に令して曰はく

などと云う極めて異例な表現を採っているのか?と言う点にあった訳ですが、管理人的には、欽明の「幼名」を記述することが、記紀を作成した当時の朝廷を構成する人々の不利益につながる恐れが十分にあったからだと推理しています。蘇我色の払拭、出来得れば蘇我氏にまつわる史実全ての「抹消」こそが記紀の大きな目論見であったのかも知れません。日本史、それも古代史に興味がある方は一度、ご自分の手で簡単な系図を作ってみられると良いでしょう。オノコロ・シリーズ管理人の下手な文章を読むよりも6〜7世紀のヤマトが立体的に見えてくると思います。欽明帝を核として左右に后妃を配して記紀が伝える皇子皇女を書き込んでみて下さい。そこには欽明と蘇我氏が築き上げた「王朝」の実像が浮かび上がるはずです。そして、記紀が伝える蘇我氏の「悪行」が、実は蘇我氏自身にとって何の「得」にもならない、敢えて言うなら誰かによって仕組まれた自滅行為に他ならなかった「事実」も明らかになることでしょう。崇峻、穴穂部、山背大兄王は皆、蘇我「一族」であり、欽明は父方(用明)、母方(穴穂部皇女)いずれから見ても「聖徳」太子の祖父に当たるとされる存在なのですから…。

出雲に居た騎馬集団?の実力者なのか?

欽明帝に関するあれこれについて考えあぐねていた時、出雲で一つの「発見」がありました。中村1号墳そのものは2002年に見つかっていたのですが、七月の調査で「金メッキを施された馬具」が確認され、しかも鉄製と合わせて「三組」同時に出土した例は、1985年の藤ノ木古墳以来と言う珍しさ。横穴式石室(長さ9.4m)を持つ古墳時代後期(6世紀後半)のものとされる同古墳は島根県出雲市国富町(旧出雲国、出雲郡、宇賀郷、出雲大社の東約11キロ))にあり、丁寧にメッキが施された儀式用の馬具は、いずれも畿内で作成されたものと見られていることから、西暦500年代後半(つまり欽明の時代そのもの)島根半島の付け根辺りに、畿内のヤマト王朝と深いつながりを持った有力な豪族が勢力を持っていた証しだと云えそうです。(下画像左三つは、いずれも出雲市文化観光部の提供によるもの、中央は太刀)

沢山の馬具  太刀  美しい石室内部

発掘を担当した出雲市文化財課では、中村1号墳の位置について、

  当時は、宍道湖が現在より西にまで広がっていた。
  国富地域は出雲西部と東部をつなぐ湖上交通の要衝として栄えた土地

と分析していますが、太刀から大王を特定するような銘文が見つからないものかと少なからず期待して、今回のお話を締め括ることに致します。

(このサイトのトップページや最新のページへ行きたい時は、左下のリンクをクリックしてください)

     
     
 欽明関連のページ   三島の謎、蘇我氏と継体天皇   記紀神話が創られた時代   継体天皇と三島の謎、その2   安閑天皇と勾と軽(カル)   謎の大王、中大兄皇子