金太郎はクマに勝てたのか?                      サイトの歩き方」も参照してください

 猿と兎の相撲の結果は?  芸をする金太郎  籤引き?

  此の世をば 我が世とぞ思ふ 望月の かけたる事も 無しと思へば

さて、御堂関白の称号でも知られる、この傲慢な歌を詠んだ人の名前は何と言うでしょう−−?というのが今回の主題ではありません。見出しにもある通り、主人公は、おとぎ話でも人気の有る金太郎さんです。では、どうして平安貴族の代表格であり、摂関政治の頂点を極めた藤原道長(ふじわら・みちなが、966〜1027)が登場するのかと言えば、彼の日記『御堂関白記』(みどうかんぱくき)に、次のような記述が残されているからに他なりません(下右の画像)。

   帥(大宰府の長官)のもとより書を送らる。書を開き見るに曰く

  相撲使・公時死去の由なり。件の男は随身なり。

   ただいま両府(左近衛府・右近衛府)の者の中、第一の者なり

   日来(ひごろ)かく云々により、憐れむ者多し

これは道長が寛仁元年(1017)八月二十四日の項に書き留めた、大宰府の長官から送られた公文書の一部だと考えられる文言なのですが、その主旨は、

   都から相撲使として、力自慢・腕自慢の兵を探しに大宰府へ出かけていた

   近衛兵の第一人者である「公時(きんとき)」という者が死去した。

   日頃から彼を噂するものが多かったので、皆、その死を憐れんでいる

というものですが、どうやら、この実在した相撲使・公時が、われらが金太郎のモデルになった人物ではないかと思われるのです。ただし、この公時さんは、無論、大人、それも力自慢の兵士であった訳ですが、彼(公時)の名前は、道長と同時代を生きた他の貴族の日記にも登場しており、競馬や弓の名手としても知られた武人であったらしいのです。

源頼光   頼光の父・満仲   関白記    

金太郎

ただ、当時、太政大臣を辞退していたとは言え、政界の頂点を極めていた藤原道長自身の家来であった訳ではなく、道長に仕えていた清和源氏源満仲(多田満仲、みなもと・みつなか,912?〜997。彼については『義経』のページを参考にしてください)の長男であり、摂津河内源氏の祖である源頼光(みなもと・よりみつ、948?〜1021)の家臣のひとりではなかったか、と推測されています。その根拠のひとつとなっている書物が、これまで何度も紹介してきている『今昔物語集』で、公時の死後、ほぼ一世紀を経た時点で公時は次のように表現されています。

   今は昔、摂津守・源頼光の朝臣の郎等にてありける

   平貞道、平季武、公時という三人の兵ありにける

   皆、見目もきらきらしく、手利き、魂太く、器量ありて

つまり公時は頼光の家来の中でも特段秀でた三人衆の一人で「器量に優れ、見栄えのする好男子で、かつ腕自慢の豪傑」だったということなのですが、その彼が、十三世紀の半ば頃に成立した『古今著問集』では、頼光の使者として描かれ、さらに時代が下った室町時代の『御伽草子(おとぎぞうし)』では、大江山の酒呑童子(しゅてんどうじ)を退治する源頼光・四天王の一人として大手柄をたてた人物として表現されることになります。つまり、段々と英雄像が拡大されていった訳ですね。

とまぁ、ここまでが史実に基づいた「公時」さんの人物像紹介なのですが、その大豪傑であった「公時」が、一体、何故、あの可愛らしい金太郎に変貌していったのか?その細かい謎解きは大変難しいように思えます。ただ、確実に言えることは、時代を経た江戸期に大衆娯楽として発展をした浄瑠璃・歌舞伎芝居が、物語の流布に大きな影響力を持っていた、という事実です。

演劇関係のWEBサイトによれば頼光・四天王の一人である「公時」は、1658年に刊行された「あやつり人形劇(浄瑠璃の原点)」の台本『宇治の姫切』で初登場し、翌年の出し物『四天王武者修行』では「金時(きんとき)」の名で大活躍をしています。そして十七世紀に入ると江戸の浄瑠璃師が好んで「金時」と、別の主人公「金平(設定は金時の息子)」の二人を舞台で取り上げ、あやつり人形劇の世界では「きんぴら浄瑠璃」として世間に持て囃されていたのです。(下・右の画像は演劇博物館の収蔵品です)

奥の部屋にいるのが酒呑童子  古今俳優・団十郎一家    市川団十郎が演じた金時

この浄瑠璃人形劇による「金時」人気に、輪をかけて江戸の大衆に影響を与えた一人の男が登場します。それが初代市川団十郎(いちかわ・だんじゅうろう。1660〜1704)に他なりません。彼の父親は甲州出身の侠客で「菰の十蔵」の異名をとる人物であったとする説もありますが、それはともかく団十郎は、芝居小屋・中村座の隣町・江戸和泉町で育ち芝居の世界へと入った訳です。そして、1673年、十四歳の初舞台『四天王幼立(してんのうおさなだち)』で坂田金時を演じ、荒々しい大立ち回りで大成功を収めました。彼は「紅と墨」で顔に派手な隈取をほどこし、大江山の場面では、例の「大鉞(おおまさかり)」を担いで舞台に現れ、酒呑童子を初めとする鬼の四天王を相手に大暴れして、大喝采を浴びたのです。団十郎の芸風とも言われる「荒事」の原点は、まさに「金時」さんにあったのでした。

聖徳二年(1712)演劇の世界で一つの出来事がありました。「公時」の実像が「坂田金時」の虚像と重なり、次第に団十郎が演じた「金時」像が人々の空想世界を支配するようになった時、近松門左衛門(ちかまつ・もんざえもん,1653〜1724)が名作『嫗(こもち)山姥(やまんば)』を書き上げます。その筋書きは、

    切腹した(金時の父)坂田時行の血を浴びた

    難波の遊女・八重桐が山姥となって生んだのが

    五、六歳の童。五体の色は朱のごとく

    鹿、狼、猪を引き立てて積み重ね、木の根を枕に伏したる様、

    誠の鬼の子なんめり

という、些か怪談めいたしろもので、この時誕生した主人公「怪童丸」こそ坂田金時いや、金太郎そのもので、奥州遠征の帰り道、足柄山で偶然出合った源頼光に所望された怪童丸は、

    荒熊の片足をつかんでくるくると回し

    二、三間も投げ飛ばし

た後「ああ、くたびれた乳が飲みたい」と言って母親の膝にもたれかかった、そうです。(下右の画像は演劇博物館の収蔵品)浄瑠璃の「山姥」は、二年後の正徳四年に歌舞伎芝居として大阪で初上演されています。

  熊にまたがる    歌舞伎の金時 山姥  PR

つまり、結論めいた言い方をするなら、金太郎そのものは創作世界の人物ですが、その大元になった実在したであろう人物の「伝説」が、姿を変え、時代を経てお江戸の町に煌びやかに出現したわけです。また金太郎の誕生に際しては「公時」の英雄伝説だけが背景として在ったのではなく、各地にあった「山姥伝説」も色濃く反映されていると考えられています。それは、今風に言えば「野生児への恐れと憧れ」でしょうか!「山姥」そのものは町の人から見れば恐ろしい存在なのですが、彼女が慈しみ育てた「自然児」は人にとって決して疎ましい存在ではないのです。自然の中で動物たちを遊び相手に伸び伸びと育った子供は、江戸という一見安定した管理社会の中で暮さざるを得なかった庶民たちにとって、ある種の理想像であったのかも知れません。

民俗学の柳田國男は、その「山姥」について、

   新しい信仰が行われるようになると、

   それまで信仰されていた「神」は、落ちぶれ

   妖怪に姿を変えられてしまう

との説を唱え「山姥」を「山の神」の剥落した姿に他ならないと述べているそうですが、民話で伝わる「山姥」は、

   髪の毛は銀の針金のようで、大きな目玉をくるくると剥き

   口が耳まで裂けて、赤い舌をだらりと垂らし、人を取って食う

恐ろしい山の妖怪、だとされてきました。この「人食い」云々については、皆さんお馴染みの『今昔物語集』(巻第二十七)にも南山科に住む鬼女として記述されており、誕生間もない赤ん坊の寝姿を見た「一人暮らしの老女」は、

   穴甘気、只一口(なんと美味そうな、一口で食べられそうだ)

と呟いたため、子供の母親は恐ろしさの余り、早々に逃げ出したそうです。そんな「山姥と子供」の取り合わせの原型がどこにあったのか、先の柳田説からは中々答えがみつかりそうにありませんが「山の神」に仕えた「神の妻」としての「巫女」が、手掛かりを与えてくれそうな気もします。それでは、金太郎さんの母親だとされている「山姥」の画像を紹介して、今回のお話しを締め括ることにします。それから、ご亭主族にとって恐ろしい存在である妻女のことを『山の神』と称するのは、この山姥伝説に源を発しているのかも知れません。

     

サラリーマン金太郎五十歳【分冊版】(1)

     
 人気の頁   お地蔵様の正体   トランペットの正しい吹き方   出雲阿国は歌舞伎の元祖   石川五右衛門の仲間たち   山背大兄王と聖徳太子   邪馬台国と卑弥呼