こなん教授のサジェスチョン?!「天照御魂」とは?               サイトの歩き方」も参照してください

例えば旅の途中に、ふと立ち寄った見知らぬ土地で、たまたま通りかかった細い路地を抜けた向こう側に、こんな変わった名前の神社が若しも佇んでいたとしたら、貴方は、一体どのような神様をお祀りしている社だと思いますか?(別に「旅の途中」でなくても構わないのですが、こんな風に書き始めた方が何やら物語っぽくて、とっつきやすそうな気がしたもので…)

国道沿いの、いつも渋滞ばかりしている交差点のすぐ傍に社らしいものがあることは、かなり以前から分っていた。数百メートルばかり北側に十年来の通勤路が走っているのだが、その路と南北に交差する道端に、近頃の歴史ブームに刺激され設置されたのではと思わせる道案内の標識があり、そこに神社の名前が矢印と共に麗々しく記されていた。これは「にいやにます、あまてるみたまじんじゃ」と読むのだそうで「天照」は「アマテラス」とは読まない。「新屋」は土地の古い呼称を冠したものだと思われるので、「天照」という神様の「御魂」をお祀りした社であることに間違いありません。ただ、社の名前にわざわざ「天照」の二文字を掲げながら「アマテラス」と読ませないのは何故なのか?ここで、いささか不謹慎な妄想が沸々と湧きかけたのですが、資料も確かめずに不確かなお話しを進める訳にも参りませんので、少々遠回りにはなりますが、神社が平成十一年に刊行した書籍などを参考にしながら、古代の摂津を散策してみることにいたしましょう。

   天照御魂神社・西河原社 いい角しています。

先ず、初めに訪れた「新屋」さんは二つある分社の一つで、もともと物部氏の始祖・伊香色雄命(いかがしこお)によって大和朝廷時代の初期(社伝によれば崇神天皇七年秋九月)に築かれた本社は、大阪府茨木市福井(旧・摂津国嶋下郡新屋郷福井村)にある立派なお社で、その祭神は「天照国照天彦火明大神」「天照皇御魂大神」そして「天饒石国饒石天津彦火瓊瓊杵大神(あまにぎしくににぎしあまつひこほのににぎのおおかみ)」の三神であると説明がなされていました。ここでは、明らかに皇祖神のアマテラスと、その孫のニニギノミコトが合わせて祀られているのですが、主祭神は「火明命(ほあかりのみこと)」となっているのです。「国譲り」神話や「天孫降臨」神話をご存じない方のために、敢えて説明を加えますが、記紀などによればアマテラス大神が、自分の直系子孫であるニニギノミコトに「瑞穂の国」つまり日本国(は皇孫たちが『当然』治めるべき所であるから、直ちに、その国)を治めるように指示し、天の神々から力づくの要請を受けたオオクニヌシたちが、条件付きながら自ら治めていた国を天孫(アマテラスの子孫)に譲った、という筋書きの物語りが「国譲り」神話の中核を形作っているもので、その主旨は天孫たちが「当然」治めるべき国に「天降った」と云うものです。ここで、極、素朴な疑問が持ち上がります。

 「しこお」について=よく例に出される葦原醜男神(あしはらしこお)と同様、大変古い神様の呼び名で「しこ」は、字面通りに解釈する向きもありますが「強く」「逞しい」男の
 中の男といった風に理解した方が良いように思います。「葦原」が日本国を指すように「伊香」(いかが)も具体的な地名を指すものだとするなら、物部氏と縁が深い河内国
 伊香郷を考えてもよいでしょう。なお崇神天皇の母親とされる伊香色謎命(いかがしこめ)は伊香色雄命の姉に当たる神様です。

  アマテラスと直系子孫ニニギノミコトをお祀りしているにも「かかわらず」

  神社名に「天照」という二文字が入っているにも「かかわらず」

  「アマテラス」と読ませず「ホアカリ」を主祭神にしている

のは何故か?そして「火明命」とは一体全体、どのような素性のカミサマなのか?「天照国照」とは何を意味しているのか、等など、疑問の渦は益々広がり続けます。そして、このような疑念は管理人の専売特許ではなく、明治の大先達の一人が史学地理学会で行った『近畿地方に於ける神社』という講演(大正八年八月)の中でも詳細に語っています。その全てを引用する訳にも行きませんが、要点を拾い上げてみると、彼が云わんとしているのは(新聞記者から京都大国大学教授へと華麗な転身を遂げた彼の名前は内藤虎次郎と云い『湖南(こなん)』と号しました。東洋史学の祖と称される人物です。1866〜1934)、

本殿  新屋大社・本殿   拝殿

  「天照」という二字を冠った神社が割合に近畿地方に多数あるが

  それが大神宮(天照大神)と果たして関係のあるものか無いものか

  そのような事を(引用者注・学問として)誰も考えたことすらないのが現状だ。

  山城の国の木島坐天照御魂神社、城上郡の他田坐天照御魂神社、城下郡の鏡作坐天照御魂神社そして

  高安郡の天照大神高座神社、摂津の国の新屋坐天照御魂神社、更には播磨国には揖保坐天照御魂神社

などなど幾つかの神社があり、それぞれの祭神を調べてみても、

  一体、どういう神様を祀って居るかということは分らない

  又、天照大神と全く関係があるのか無いのか余程分り辛い神様

である、という処にありそうです。そして肝心の新屋さんの祀る神様に関しては、

  或る学説では天火明命だと決め付けているが、ここは三座に神様がなっており、

  その中の一座だけは土地の者からの伝えでは天照大神としてある。

とし結局『はっきりとは分らない』のだと率直に述べています。この「伝え」とされているものが所謂、神功皇后の三韓征伐に関わるもので、新屋の社伝(『平成新屋大社由緒記』平成3年8月刊)によれば、

  第十四代仲哀天皇の皇后、神功皇后は越前・角鹿の気比の宮より西国へ向かう途中

  摂津国・嶋下郡の新屋の河原で兵営(新屋)を建立、兵士を休養させた。

そして皇后は、その時「福井川の水」で禊(みそぎ)をされ安全祈願を行い、新屋大社に奉幣使を遣わした。また、遠征先の九州の地で誕生した品陀和気命(応神天皇)と共に大和に帰った後、皇后は新屋に参詣され「天照大神」の「幸魂」「荒魂」を上河原と西河原に分社されたと「伝」は明快な答えを用意して呉れているのですが、さて、どんなものでしょう。三韓征伐と新屋三座が深い縁で結ばれているのかどうかは別にして、第二十六代継体天皇以降数え切れない程の「奉幣使」が新屋大社に遣わされていたことは紛れも無い事実ですから、朝廷からの深い尊崇を集めていたに違いありません(初めての「奉幣使」が、継体帝が即位した元年三月に遣わされた点に注目すべきかも知れません)。そして肝心の「火明命」ですが、これについては意外な処から援軍が現れました。

池に祭られた大海神  「先代旧事本紀」より   「日本書紀」 より   PR

丹波一の宮・籠神社(このじんじゃ、京都府宮津市)に伝わる『籠名神宮祝部丹波国造海部直等氏之本紀』(通称「海部氏本紀」、養老三年未己三月廿)は国宝にも指定されている歴史資料なのですが、その系図の冒頭には、

  始祖彦火明命 亦名天火明命 亦名天照国照彦火明命 亦名天明火明命 亦名天照御魂命

と神名が連記され「火明命」と「天照御魂命」が同一の神であると明記してあります。この点については籠神社八十二代宮司の海部光彦氏も『彦火明命と天照御魂神は同神』で『天照国照天彦火明命の根本神格は原始太陽神』だと言明してるようです。つまり遠慮がちにではありますが、

  天照(あまてらす)大神、皇大神

よりも、

  天照国照(あまてるくにてる)     

という「神の呼び名」の方が歴史的にも古い形を残しており、本来の(より古い)神々の中心的存在であった太陽神は「天照国照神」と呼ばれていたのではないかと示唆しているようにも見えるのです。そして何より新屋福井地区には、

  天照大神自身が降臨、鎮座した

と伝えられる場所があり、そこは地区の住民たちから親しみを込め『日降りの丘』と呼ばれていたそうです。これも記紀神話の筋書きからすれば全く在り得ない「お話し」に過ぎませんが、福井村の西の丘に降臨した神様が天照(アマテラス)ではなく天照御魂神(あまてるみたま)であり、かつ、その時期がアマテラスに「先行」していたとするなら、決して在り得ない「話」ではないでしょう。そして、この想像は、もう一つの傍証『先代旧事本紀』巻五の尾張氏系図によっても補強されるのですが、ニギハヤヒについては又、別の機会に語ることといたしましょう。(「本紀」系図においても火明命は饒速日命と同神の扱いをされています。尾張氏はニギハヤヒの子、天香語山命[亦の名、高倉下命]の子孫だと称しています)

いつものオマケをもう一つ。「日本書紀」は本文と対比させる様な「一書」が幾つも列記されており、古代の「言い伝え」が複数あったことを示唆していますが、天孫に関する、つまり家系に関する部分にも大変興味深い一書が存在しています。それは天孫ニニギノミコトに纏わる記述部分で、そこには、

  火明命、つまり饒速日命(ニギハヤヒノミコト)がニニギノミコトの兄であり

  火明命の児・天香山が尾張連等の遠祖である

と明記されているのです。(本文では彦火火出見の弟・火明命が尾張連等の始祖だと書かれています。想像に過ぎませんが、帝室の基盤を整えた継体帝の妃・目子媛=安閑・宣化の母=が尾張氏から出ていることが、その始祖の出自にも強く影響したのだろうと思われます。更には、初代天皇とされる神武の母親である玉依姫が、海神族の娘であることも帝室と尾張氏を殊更に近しい存在とする主張の背景になっているのかも知れません)

同じ攝津国にある高槻の三島鴨神社を調べているうちに、一つの社の存在が気になり先日訪れてみました。その時、社務所に居た方(宮司さんだったかも…)と話す機会があり、どうやら、もともと「新屋坐天照御魂神社」の境内社であったとのことで、三島の神社に『神功皇后』の話が伝わっているのは、どうやら、こちらの方が本家のようです。そのお社を磯良神社(いそら)、通称を疣水(いぼみず)神社と言います。

磯良神社 「神水」の拝受所

同社の「由緒略記」によれば、祭神の磯良大神は「九州安曇氏の祖神」として知られ、また「住吉大社三神とともに神功皇后の遠征に際しては水先案内を努め航海の安全に功があった」とされる水運・海運の神様のようです。また『摂津名所図会』でも紹介され、通称の語源ともなっている「疣水」については、

  神功皇后が遠征に際して三島の地に立ち寄り、天照御魂神社に祈願をして
  社頭に湧き出ている「玉の井」で顔を洗った。
  すると美しい皇后の顔が、みるみる内に疣や吹き出物で覆われ、
  醜い男のような姿になった。ところが皇后は
  『これこそ神慮のたまものである』として、勇んで男装をして敵地へ赴き、見事な戦果を収めることが出来た。

と言う「話」を伝え、凱旋の後、夢のお告げによって、再び三島の地を訪れた皇后が、もう一度「玉の井」で顔を洗うと、元の美しい顔を取り戻したそうです。

(このサイトのトップページや最新のページに行きたい時は、ご面倒ですが左下のリンクをクリックして下さい)

 TOP    
     
 人気の頁   お地蔵様の正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは天目一箇命か   邪馬台国と卑弥呼