言葉なき歌     中原中也               「サイトの歩き方」も参照してください。

 

 

あれはとほいい処にあるのだけれど

おれは此処で待つてゐなくてはならない

此処は空気もかすかで蒼く

葱の根のやうに仄かに淡い

 

決して急いではならない

此処で十分待つてゐなければならない

処女の眼のやうに遥かを見遣つてはならない

たしかに此処で待つてゐればよい

 

それにしてもあれはとほいい彼方で夕陽にけぶつてゐた

号笛の音のやうに太くて繊弱だつた

けれどもその方へ駆け出してはならない

たしかに此処で待つてゐなければならない

 

さうすればそのうち喘ぎも平静に復し

たしかにあすこまでゆけるに違ひない

しかしあれは煙突の煙のやうに

とほくとほく いつまでも茜の空にたなびいてゐた


  中也    

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2016/11/3 18:42時点)


(このサイトのトップページや最新のページへ行きたい時は、下のリンクをクリックしてください)

  トップページへもどる  評論のページに進む  中原思郎さんの思い出