熊野大社、紀州出雲の結びつきを考える                     サイトの歩き方」も参照してください

前回は、神様たちが出雲に集まり、来年のことを話し合うということや、出雲大社よりも熊野大社のほうが、どうも昔は偉かった(人々の信仰を集めていた=より古い神様を祭っている)ことについて見て来ましたが、その証拠の一つに、神様を伊那佐(いなさ)の浜に迎えにゆくとき、竜神さまの一行が必ず立ち寄る場所があり、地元の人たちは、何の変哲もないその場所のことを『一の宮』と呼び習わしていることがあげられるでしょう。つまり、竜神が立ち寄らねばならないのは、イズモよりも格式の高い一の宮=熊野大社なのです。多分、これは、熊野大社のカミサマに大切な儀式に使う道具を授けてもらうのと同様、これから行う儀式の事前報告をしているのだと考えられるのです。

その熊野大社の名前についてですが、今は漢字で表現しているので、つい、あの動物のクマを想像してしまいますが、その可能性がまったくないとは言えませんが、どうやら語源はべつな所にあるらしい。それは、古代の人たちが『非常に良い場所』=神聖な土地を「くまくまし」と言っていたらしいのです。この「クマ」は、想像ですが熊本や大隈のクマにも通じるものなのではないかと思います。だから、案外「クマ」のつく地名が全国的に多く残っているのかも知れません。

イズモの熊野大社は、これまで見てきたように、もともとは穀物・豊穣のカミサマだった可能性が強いのですが、それがアマテラスの弟で乱暴者(自然現象としての暴風雨や災害を象徴している、といった見方もあります)のスサノオと何故同一視されるようになったのか、皆さんも一度考えてみられては如何ですか。

本宮大社  速玉大社  那智大社

では、紀州にある熊野大社とは、どんなカミサマを御祭りしてあるか、というと熊野三神の中心である本宮大社の祭神も、皆さんの想像通り「スサノオ」なのです。もっとも、表向きは「ケツミノミコト」とされていますが、これは出雲熊野大社の祭神「クマノノオオカミクシミケノミコト」と同一のカミサマであるらしいので、それはスサノオと同じだという結論になります。そして「紀伊続風土記」にも、

    沢山の木を植えた「クマノクシミタマミケヌノミコト

という表現で本宮大社のカミサマを記していますから、出雲と紀伊の熊野が古くから大変密接な関係にあったことは間違いないと思われます。

これは余談になりますが、現在でも奥出雲地方の名家として知られる『田部』(タナベ)家は、もともと紀州の田辺地方出身(一方では出雲の田部氏が紀州の田辺を開いたとも)との言い伝えもあるくらい、双方の縁は深いのです。では、何故、出雲と紀州がそんなにも強い結びつきを古代からあったのでしょうか?その答えのヒントがヤマタノオロチ伝説に隠されています。

古代出雲は「」の名産地であった!

ヤマタノオロチの正体については、これまでにも様々な解釈がなされていますが、その中でも特に説得力のある説が二つあります。その一つは「自然=河川の氾濫」を象徴しているというもので、後の一つが製鉄のタタラを意味している、という説なのです。古代出雲は独自の文化圏=勢力範囲=を持っていたと考えられていますが、その背景、つまり経済力の源が鉄の文化にあったのではないか、と考えられるのです。

鉄は勿論、農具にもなりますが、カマやスキは少し手を加えるだけで、そのまま武器にもなります。つまり、出雲王国というものが存在していたとするなら、それは古代の武器庫としての役割を担っていたのではないのか?もし、そうだとすれば、古代のタタラ製鉄には大量の燃料=木材が必要になりますから、木の国・紀州と鉄の出雲が結び付く理由の原点も見えてくるのではないか?そんな気がするのです。そうすれば、荒神谷遺跡に埋められていた大量の銅剣の謎も解けるかも知れない。(銅の文化を鉄の文化が駆逐した)もっと言えば、古くから出雲一帯を支配していたクマノ大社(銅の文化)を、新たに進出したイズモ大社(鉄の文化)が圧倒した経過が、先に見た神事の核心なのではなかったのか、と想像してしまうのです。

  出雲大社の復元図(想像もつかない高さです、何と48メートル)    

熊野三山 (楽学ブックス)

新品価格
¥1,620から
(2016/10/29 09:16時点)

スサノオという神様の名前と言い伝えからすると、

    スサの男、海から来る者、火を教えた神、食料の神、木の神

など、実に多くの示唆が含まれた、この神様が、本当は日本の国を作ったオオクニヌシではなかったのか、とさえ思えてなりませんが、皆さんはどのように感じましたか!!

神話の国は動物園マタは同じ言葉なのか

話はガラリと変わりますが、神話には、どうして多くの動物が出で来るのでしょう。そんなこと、考えてみたことはありませんか!!。外国の童話や寓話も同じですが記紀神話には、大事な場面に多くの動物(と思われる)が登場しています。その一番手は、先に紹介した「イナバの素兎」ですが、これはどうも「白い兎」ではなく「裸のウサギ(という人物)」のことらしい。では、その皮(衣装=財産、所持品)を剥いだ(獲った)ワ二とは一体何物なのか?ウサギが人であるなら、ワ二も人でなければなりませんよね。

そうすると「イナバの素兎」の物語は、

    山賊か海賊に襲われた因幡の住人・ウサギ

が身包み全部剥がれて途方にくれていたところをオオクニヌシが通りかかり、哀れなウサギを助けてあげた、という事になり、神話というより実話に近いニュアンスも漂ってきます。また、この悪者のワニさんについては「日本にはワニなど生息していない。だからサメの間違いだ」と真面目に論議している方もおられるようですが、ウサギが動物ではなく人を象徴している(実名を書くのは何らかの理由で憚られた)と考えれば、当然、ワニも人の名前、或いは集団の名前を表していると考えるのが自然です。ワニは、そのまま人名だと言い切ってしまっても良いのですが、悪者にされたワニさんの子孫が裁判でも起すと大変困りますので、…やめておきます。

次に登場してくるのが例の「ヤマタノオロチ」なのですが、これは自然現象とかタタラ製鉄の様子という解釈を除けば「大きな大きな蛇」ということで皆さん、何となく納得している訳ですが、この『ヤマタ』という形容詞が、単純に「八股」つまりは沢山の首(股・脚ではなく)のある巨大な蛇を表したものなのか疑わしい。「大きな」という意味を尊重するなら、ヤマタと似た言葉で、古代に登場する「ヤタ」と通じる言葉だと考える方がすっきりします。

この「ヤタ」は、三種の神器のひとつである「鏡」の形容詞に使われていて、やはり「大きな」モノを表していると考えられているのですが、古事記の編集者の一人が古語のヤタを知っていて、出雲神話を書いていたとき「やっつ」と「ヤタ」の語呂合わせをしたのではないのか、と勘ぐりたくなるのです。勿論、沢山の首を持つ蛇は外国にも例があり、その模倣とも考えられるのですが、管理人としては、次の話につなげるためにも、ヤマタとヤタを同じものだと言いたい事情があるのです。勿論、ウサギの例からすると「ヤマタ」が人の名前であった可能性も残されています(研究者の中には、古事記を海神族の後裔たちが書き上げたものだとする説を唱える人もいます)。

では、つぎの有名な動物とは何でしょうか?お分かりですか!「ヤタ」がヒントなのですが、読者のほとんどが知らないと思うので、先に進みましょう。それは熊野大社と縁がとても深いカラスです。

  熊野那智大社はイザナミが祭神  ヤタガラス

神話上「神武天皇」が日本の国作りを進めている時、紀州の地で道案内をしたのが「ヤタガラス」だと言われています。そのカラスは巨大な三本脚のカラスだったそうで、後年、この地方で活躍した雑賀孫市が陣羽織の紋に使っているように、紀州・木の国を象徴する日本で最も有名なカラスなのです。この場合の「ヤタ」は鏡の形容詞と全く同じ使われ方をしていますが、ずっと見てきているように、これも実際には「カラス」などではなく、人間であったことは間違いありません。ただ、中国などには「カラスは太陽の使者」といった伝説があるので、太陽信仰の名残であることも十分に考えられます。ただ、古事記の作者たちは、極めて意図的に動物を物語の筋書きに取り入れ、一種の狂言回し的な役割を与えている−実名を書きたくない、或いは書く事でマサツが生じる−ので、三本脚のカラスという『存在しえない』動物も、奇妙な現実感をもって当時の人々に受け止められたのではないでしょうか。もっと言えば、そのカラスが誰を指しているのか、熊野の人たちには、分かっていたのではないか、と思えてなりません。

最後にもう一つ、出雲と熊野を結び付ける大切な要素を紹介して、今回のお話を終わりたいと思います。それは、出雲とならんで、

    熊野の有馬村がイザナミの亡くなった場所

だとされていることです。出雲では怪獣騒ぎで有名になった比婆山が終焉の地とされていますが、その近くに流れている川の名が熊野川だと言ったら、皆さん、信じますか?そして熊野神社もあるとしたら…。これは、決して偶然などではないのです。最後の最後にもう一つ、イザナミの終焉地とされる有馬の地は、その名前の通り「アリマ」氏の本拠地だったのですが、出雲に伝わる伝説は「紀州の有馬は出雲出身」者であった、ことになっています。その「アリマ」氏は、果たしてどのような集団だったのか、当然、製鉄に関係した人々だったに違いありません。

     
     
 人気の頁   お地蔵様の正体   出雲阿国は歌舞伎の元祖   石川五右衛門の仲間たち   トランペットの吹き方    山背大兄王と聖徳太子   邪馬台国と卑弥呼