摂津三島と継体帝そして鎌足、異聞                                 サイトの歩き方」も参照してください。

ここ半年余り、継体帝と二人の息子たちの足跡を追いかけて、河内の息長氏にたどり着いたまでは良かったのですが、この先、何処で何を探すべきなのか皆目見当が付かず、一箇月あまり時間を無駄にしてしまいました。見え隠れする複雑な補助線を効果的に引けないというのか、取っ掛かりが見えてこないと言うべきなのか、まぁ要するに書くべき適切な主題が見つからないのです…。などとぼやいてみても仕方がありません、ので、これまでの取材で手にした材料を幾つかご紹介してお茶を濁すことにします。オマケ話の盛り合わせ、とでも考えて貰えば良いかと……。

河内の「息長氏」から分家したのが近江の継体一族だとする旧家の「家記」が、どこまで事実を伝えたものなのかは分かりませんが、かつて大阪の南部を流れる「息長川」が存在していたのはどうやら本当のようで、大阪高津の住人、森謹斎幸安が宝暦三年(1753)に表した東京国立公文書館収蔵の『摂津国難波古地図』(下左の画像)には杭全(くまた)付近を流れる想像上の川筋が示され、享保二十年(1737)に出版された『五畿内志』下巻「摂津志二」にも、

  今川、旧名河内川は河州丹北郡より流れ、本郡喜連の西に至り、息長川と曰う。

と明確に書き記されています。また管理人は未見ですが『摂津名所図鑑大成』巻の六という資料には、

  生長川は桑津の東にあり、世俗、翁川という。また当時は今川とも言えり。
  一説に、神功皇后の御父、生長足彦命の旧地とも言う。

等という識語が添えられているようで、喜連・杭全の地に「生(息)長川」が流れ込み、かつ息長氏に関する伝承が江戸期まで語り継がれていた事が良く分かります。明治36年4月に刊行された『大阪府志』第五編は(注意・「大阪府全志」大正11年刊とは別の資料です)「万葉集」巻20所載の和歌(4458番)を作ったとされる馬史国人が天平勝宝六年(754)に楯原神社を勧請したと伝えるなど、喜連周辺の社(の縁起)にまつわる情報の混乱振りを示していますが、一方で、息長一族に関する伝承が別の形で保存されてもいます。その一例が、楯原神社境内に置かれた「息長真若中比売」の石碑なのですが、神社近くのお寺(西池善法寺)にも「息長沙禰王」の慰霊碑なるものがあり、碑の背面には系図らしきものまで掘り込まれています。また、最近知ったことなのですが、件の「家記」の持ち主というか、子孫の方たちがご健在のようです。(下左の図にある赤の二本線で示された部分が息長川です)

(古地図・部分) 沙禰王の石碑  楯原神社  PR

河内馬飼首は陵墓の造営にも関わったのか?

百舌鳥と書いて、どうして「もず」と読むのか…、考え出すとキリがありませんから次の話に移りますが、反正・仁徳・履中など50基余りもの古墳が集中している南北・東西それぞれ4km四方の一帯を「百舌鳥耳原」と呼ぶ様になった理由について「日本書紀」は、仁徳紀の中で、

  67年の冬十月に河内の石津原に幸して、陵地を定めたまう。丁酉に始めて陵を築く。
  この日に、鹿ありて忽ちに野の中より起りて、走りて役民の中に入りて仆れ死ぬ。時に、その忽ちに死ぬることをあやしんで、
  その傷をもとむ。即ち百舌鳥より出でて飛び去りぬ。

と古事記には採録されてい無い説話を紹介しています。単に地名の「由来」を伝えただけのものなのか、それとも別な意味をも含んだ寓話なのかは不明ですが、このような伝承を背景に仁徳帝の陵墓は「百舌鳥耳原中陵」と呼ばれている訳です。ところで不思議なことに、継体帝のものだとされる高槻今城塚古墳のある旧三島郡の地にも「毛受野(もずの)」と云う字(あざな)を持つ土地があり、そこは現在でも「耳原(みのはら)」と呼ばれ、その周辺には、

  毛受野にある耳原古墳こそ、第17代履中天皇陵であり、
  さらに西にある鼻摺古墳(耳原方形墳)が、反正陵である。

との口碑が伝えられています。『大阪府全志』が云う、土地の開発者として「富貴繁栄を極め」「数代にわたって地域に居住した」という耳麻呂長者・伝説もあり、真相は闇の彼方に霞んでいますが、耳原という地名が「毛受野」の字と共に残されている事自体、珍しいとは思いませんか!勿論、耳原古墳は六世紀後半の円墳(径約23m)、鼻摺古墳(下右の画像)は七世紀初め頃に築造されたと考えられる方墳(一辺約33m)ですから、五世紀の大王の陵墓とは関係がありませんから、友人や知人には「教えて」あげないように願います。また継体帝は即位にあたって、河内馬飼首荒籠という人物からヤマト政権内部の実情を内々に知らされたと「書紀」が伝えていますが、欽明22年の新羅の使者に関する記述の中に、荒籠に近しい人物(子供?)ではないかと思われる河内馬飼首押勝が「穴門(下関)」に在った館を修理する「工匠(たくみ)」として登場していますから、この一族は単なる「馬飼い」の集団などではなく、建築建造の技術をも併せ持った機動部隊のような存在だった可能性が高く、王たちの陵の造営にも関与したと考えられます。ただし、押勝は朝廷の意向に沿った「虚偽」の返答を新羅の使者に行う役割を負っていたことも明記されていますから、荒籠と同様、情報要員でもあった訳です。

物語風の脚色が許されるなら、今城塚築造を命じられた河内馬飼首は三島の地を訪れ、基本設計に基づく縄張りを終えた後、地元の豪族で帝室とも関わりの深い三島県主の協力も得て多くの作業者を集め、幾つかの班に分け、それぞれ仕事を競わせます。暫くして現場を訪れてみると、基礎工事を担当させていた或る班の仕事ぶりが目覚しく、その区画だけ飛びぬけて捗っていました。予想外の進捗ぶりに感心した馬飼首は、班の責任者がどんな人物なのか興味を覚え、或る日、夕餉に誘います。件の人は、自らの来歴などを語り住いが「耳原」にあると告げました。河内の百舌鳥野で大王陵の造営にも関わった祖先を持つ馬飼首は名状しがたい因縁を感じて、思わず百舌鳥の伝説を「耳原」の住人に語り始めるのです…。昔話が各地に広がるのも、案外、このような経緯だったのではないか、そんな思いがしています。(方円墳の基本設計を「三つの型」に分類する説があって、応神・太田茶臼山そして今城塚の三陵は同型なのだそうです。偶然とは考えられません)

耳原古墳の石室内部 鼻摺古墳

鎌足が阿武山終の棲家に選んだ訳とは?

古墳にまつわる話を続けます。今城塚と耳原の丁度中間あたりに、国内最大級の古代ハニワ工房跡「新池遺跡」があります。現在、そこは公園として整備されてもいるのですが発掘調査により、五世紀から六世紀にかけての(つまり丁度、太田茶臼山古墳や今城塚古墳が造られた頃)窯18基、作業場3棟、住居14棟を擁する大規模なものだったことが明らかになっています。一つの窯で一度に焼き上げることが出来るハニワの数は「30本程度」だと云うことですから、三つの窯焼きチームが労働基準法を無視して1年間焼き続けると「約4,000本」造ることが可能です。試算では、墳長190m前後のもので2,000本、最大級の仁徳陵大仙古墳になると実に30,000本のハニワが必要で、数十名の作業者がかかり切りで数年かかっても焼き上げられないとのこと。また、継体の皇后・手白香皇女の墓が天理市の西山塚古墳ではないかと推定されるのも、この新池製のハニワが出土しているからなのだそうです。

耳原からは少し離れていますが、ほぼ真南に数キロメートルほど下ると弥生時代の工房跡・東奈良遺跡もあります。ここは紀元前後に銅鐸や銅戈そして勾玉などを製造した工場と工人たちの住居があった環濠集落として知られていますが、三島と言えば「大化の改新(645年)」を成し遂げた功臣・中臣鎌足(かまたり,614〜669)とも縁の深い土地柄であることも良く知られています。この地に「別業(別荘)」が在ったとも伝えられていますし、彼の墓ではないかと思われる阿武山古墳も存在します。また、春日神社が多いことは後の藤原氏の隆盛を反映したものであるとしても、中臣を冠した復姓氏族が居たことも事実なのです。(阿為神社の中臣藍連、太田神社の中臣太田連など)つまり古くから様々な製造技術を持った渡来系と思われる人々が多く住み、祭祀用具やハニワなどの供給源であったわけです。

みなさんも良くご存知の『竹取物語』は、遅くとも十世紀半ばまでに成立した我が国最古の物語であるとされていますが、そこに登場する五人の貴族には、それぞれモデルとなる人物が居たと思われ「蓬莱の玉の枝」を取ってくるように言われた車持皇子は、鎌足の次男・不比等(ふひと、659〜720)に擬せられています。それは彼の母親が車持君国子の娘・与志子だったからで、その車持君の本貫の地は鎌足と同様、関東群馬のようですが「新撰姓氏録」(摂津国皇別)にも「車持公」が豊城入彦命の後裔として挙げられているので、三島と無縁ではなさそうです。この氏族と直接つながりがあったのかどうか資料は残されていませんが、茨木の安威川上流には「車作(つるまつくり)」という大字(おおあざ)が残り、白鳳時代の物とされる献上札が保存されています。

新池遺跡で立ち話をしてくれた土地の古老から聞いたのですが、昭和の初め頃、京都帝国大学が地震観測所を新たに建設するため三島各地の地盤を調査し、最も「固い」場所として現在地に決定されたのだそうです。

  『阿武山が高槻と茨木を分ける位置にありますが、地盤には相当、硬軟もあるのですか?』
  『西側の安威のあたりには軟弱な場所もあったようです。今で言う断層の跡も見つかっています』
  『鎌足さんも、その辺のところ、分かってたんですかね?』『そうかも知れまへんなぁ』

様々な形のハニワの一部に付けられた「キズ」のような「記号」のような線刻を見つめながら、古代の窯跡に別れを告げました。この項を書き進める中、以前思いついた鎌足の「カマ」は金属の「かま」ではなく、ハニワに関連した「窯」の意味を持たせた名前だったのではないかと言う妄想が何度も脳裏をよぎったのですが、ついに確かな像を結ぶことはありませんでした。

新池遺跡 阿武山古墳

(このサイトのトップページや最新のページへ行きたい時は、ご面倒ですが左下のリンクをクリックして下さい)

   
     
 人気のページ   お地蔵さまの正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは天目一箇命か   応神天皇は神の子