村の時計   中原中也                   「サイトの歩き方」も参照してください

 

 

村の大きな時計は

ひねもす動いてゐた

 

その字板のペンキは

もう艶が消えてゐた

 

近寄つてみると

小さなひびが沢山にあるのだつた

 

それで夕陽が当つてさへが、

おとなしい色をしてゐた

 

時を打つ前には、

ぜいぜいと鳴つた

 

字板が鳴るのか中の機械が鳴るのか

僕にも分らなかつた


  中也    

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2016/11/3 18:42時点)


(このサイトのトップページや評論のページへ行きたい時は、下のリンクをクリックしてください)

     トップページへもどる   「生い立ち」のページに進む    「中原思郎さんの思い出」に進む