ニギハヤヒと天磐船巨石信仰について考える                                                「サイトの歩き方」も参照してください。

物部氏の伝承を記録した書物として良く知られている「先代旧事本紀」によれば、天祖とも称されるニギハヤヒは大勢の部下を従えて天磐船に乗り天降ったと云う。その模様を記した部分を紹介すると、

  饒速日尊は、天神の御祖神のご命令を受け、天の磐船にのり、河内国の河上の哮峯(イカルガのみね)に天降られた。さらに大倭国の鳥見(トミ)の白庭山にお遷りになった。
  尊は天の磐船に乗り、大虚空をかけめぐり、この土地をめぐり見て天降られた。すなわち「虚空見つ日本の国」といわれるのは、この故事に基づくものである。

という事なのですが、研究者たちの多くが『磐の船が空を飛ぶはずがない』という極めて短絡的な分析?を根拠に、全ては後世の関係者が机上で作り上げた架空の物語に過ぎない、つまりは「神話」なのだから事実とは異なるものだとして「研究」対象にすら取り上げて貰えないのが実情のようです。筆者もSF好き人間ではありますが、半村良(1933〜2002)の作品に出てくるような「岩を自在に操り虚空を舞う」人物が現実に存在するとは決して考えていませんが、自らの祖先を称える目的で何故『天磐船に乗って河内に天降った』と言う「破天荒な表現」を敢えて用いたのか、その心情を忖度することは古代人たちの価値観と生活振りを探る、大切な手掛かりに成るはずだと思うのです。彼等が「岩船」物語に託した先祖の偉業とは何だったのか、それが今回の主題です。

飛びそうです  石舞台  岩船

古代の実力者と大きな磐と来れば、直ぐに思い浮ぶものがあります。それが古墳時代に王族豪族たちの墓域を構築した石室や終の棲家となった石棺で、特に「飛鳥の石舞台」として観光客の耳目を集めている巨石の組合せは、正に「磐の船」そのものに見えなくもありません。また「益田岩船」(奈良橿原市)の名称で知られる石造物の用途などについては専門家たちの間でも意見が分かれているようですが、丘陵部に置かれた姿は何かの基壇のようでもあり、大空から降りてきた母船のようでもあります。推理小説家で歴史にも造詣の深かった松本清張(1909〜1992)が『火の路』という作品の中で、岩船が遠く離れたペルシャに源を発する拝火教(ゾロアスター教)との関連を示唆して話題になりましたが、上右の画像からも、その特異な形象と大きさが伝わると思います。近畿地方には、この「岩船」に匹敵する石のモニュメントが他にも存在しています。JR山陽本線(神戸線)宝殿駅から南西におよそ1.5qの地点にある物体について「播磨風土記」は次のように伝えています。

  大国の里、この里に山あり。名を伊保山という。帯中日子命(仲哀天皇)を神に坐せて、息長帯日女命、石作連大来を率いて、
  讃岐の国の羽若の石を求ぎたまいき。そこより渡り賜いて、未だ御廬を定めざりし時、大来、見顕しき。故、美保山という。(中略)
  原の南に作石あり。形、屋のごとし。長さ弐丈、広さ壱丈五尺、高さもかくの如し。名号を大石という。
  伝えていえらく、聖徳の王の御世、弓削の大連の造れる石なり。                                             [印南の郡、大国の里]

現在、この岩船を御神体としてお祀りしている生石神社(おうしこ)の祭神はオオクニヌシ少彦名命の二柱ですから、物部守屋(587年没)の伝承も含めて天孫族との深い関わりが感じられる処です。また、神功皇后が石作連と一緒に、大王陵築造に必要な石材を調達するため、讃岐国綾歌郡綾上村羽床まで出向いた逸話の直後に「大石」を照介している点も、帝室と二つの土地との古くからの繋がりや、息長氏との縁も併せて「物語」の一部に取り込んだ編集者の目線が何処に在ったのかを強く印象付けます。また石の宝殿から南西450mほどの場所に大山祇神社が建ち、その南東約400mには加茂御祖神社(祭神は建角身命=少彦名命)も鎮座していますから、この「大国の里」と呼ばれた地に或る「美保山(伊保山)」そして竜山一帯は大王たちの石切り場として千数百年前には既に開発されていたのだと思われます。(数百屯もの重量物を運ぶ事が可能だったのか、素朴な疑問が湧きますが、採石場や生石神社から直ぐの所を流れてる川の流れを利用する予定であったことは十分考えられます)真の継体天皇陵ではないかと考古学の専門家たちが推定している大阪高槻の今城塚古墳からも竜山石の破片が出土していますから、神功皇后とも縁の深い大王の石室や石棺材として播磨の竜山石が使われたのでしょう(「竜=龍」は世界の頂点に立つ者即ち、大王を意味する文字ですから、磐を神聖視する一族が開発そのものを指導したのかも知れません)。

石の宝殿  採石場  採石の跡

さて、では肝心の主題解明に取りかかりましょう。記紀神話を読めば分かることですが、古代に暮らした人々は、自分たちが暮らしを営んでいる自然のあらゆる所に神々が存在していると考えていました。自然崇拝アミニズムなどと一括りに解説されることが常ですが、山川草木は勿論の事路傍の小石にさえ神は宿るのですから、小山の様な巨石に言葉にならない偉大な「有り難い」何物かを感じないはずがありません。一方で、人々は自然と向き合い自分たちの生活に必要な資源を少しでも多く手に入れようとしました。古墳時代を迎えようとする3〜4世紀には従来の畑作に加えて水稲栽培もかなり浸透していたはずです。増え続ける家族たちを養うためには耕地を拡大してコメの作付面積を増やさなければなりませんが、其の為には何と言っても「鉄製の道具」が不可欠でした。鏡や銅鐸の原料であった銅では武具や祭具は拵えることが出来ても、太い樹木を切倒し堅い大地を開拓するための鋤鍬斧などを造ることが出来ないのです。出雲で国造りを行った神様は、あちこちから様々な土地を集めるために苦労して国引きしたそうですが、九州阿蘇には有名な「阿蘇の外輪山を蹴破り、湖水を引いて田畑を造成した」健磐龍命という始祖神の伝承が有ります。そこには明らかに自然と対立し征服して人々の暮らしを豊かにする神々への尊崇が見て取れるでしょう。

 軽箭と穴穂箭=その時に軽太子の作り賜いし矢は、その箭の内を銅にせり。故、その矢を号けて軽箭という。穴穂御子もまた、兵器(つわもの)を作り賜いき。
 この王子の作りたまいし矢は、即ち、今時の矢なり。これを穴穂箭という。                「古事記」允恭記、軽太子と衣通王の段より。

上に引用した古事記の文章は、少し時代が下った安康天皇の頃を舞台にした内容ですが、ここでも「軽箭=銅鏃を付けた矢」と「穴穂箭=鉄鏃を付けた矢」の対決という構図で「軽(カル=銅)」から「鉄」文化への移り変わりが示されていますが、鉱物資源の採掘にも鉄の道具が大活躍したことでしょう。山や巨石そのものは信仰の対象であると同時に武具、農工具製造に欠かせない鉱物を生みだす天然の宝庫でもあったのです。天孫族の大きな磐座に対する深い愛着と信仰の源泉が何であったにせよ『大石』は、彼らが自分たちと共に暮らす庶民たちに、神々の偉大さを形で示す、具体的な曼陀羅図のような役割を果たす物であったことは間違い無さそうです。磐船に乗り虚空を自在に駆け巡ったというニギハヤヒは、紛れもなく産鉄氏族の当主であり、様々な技術集団を率いて全国の鉱物資源を開発した古代のパイオニアだったのです。大和朝廷の基盤作りに大きな役割を果たしたと思われる垂仁帝の子供に磐衝別命(石撞別王)、石衝毘売命、鐸石別命など「磐(石)」を冠する名前の持ち主が見られるのも帝室の石信仰と無縁では無さそうです。

平成26年2月20日、京都山科にある「天智天皇陵」への学術調査目的の立ち入りが初めて行われましたが、一辺約70mの基壇下部の上に築かれた上部の構造は八角形(対角長約42m)で、角の周辺には竜山石が置かれているのが確認されたそうです。「竜山」という名称そのものが王者を象徴しているように思えます。

TOP    
     
 人気の頁   お地蔵様の正体を探る   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   石川五右衛門の仲間たち   オオクニヌシは天目一箇命か   邪馬台国と卑弥呼