信長さんは、本当にカミサマ嫌い?                                    サイトの歩き方」も参照してください

  わたしの辞書に「神仏」は無い? 比叡山(図会)  京都・祇園社(図会)

元亀二年(1571)九月二十一日、京都・比叡山を完全に包囲した織田信長(おだ・のぶなが,1534〜1582)の軍勢は延暦寺の建物すべてを焼き払い、堂内に居た僧侶は勿論、一般人も含め数千人を一挙に殲滅しました。俗に言う「叡山焼き討ち」の悲劇です。この事実に加え信長は、この後、天正二年(1754)の長島一向一揆と翌天正三年の越前一向一揆でも数千から数万の門徒衆を執拗な残虐さで殺していますから、彼には神仏を尊ぶという考え方がまったく無く、その一方で「合理的」な物の考え方をする中世には珍しい「進歩的」な人物であった、という歴史的な評価がなされています。また、当時キリスト教の布教活動をしていた外国人が信長の日常生活に触れて『彼自身が神であるかのように振舞った』と伝えている事も信長・無神論説を裏付ける材料になっていますが、果たして信長という人物は、本当に神も仏も全く信じない、当時としては希な合理的な考え方の人だったのでしょうか?

信長の出自については例によって幾つもの学説があるようですが、難しい先生方の論文は読むだけでも大変な作業になりますから置いといて、オノコロ流に分かっている事実だけ、それも単純な事実だけを取り出してお話しをすすめましょう。そこで、先の「無神論」者・信長はカミサマ・ホトケサマなど決して信じていなかった…、という辺りから始めますが、大阪府下にある、さして有名ではない、とある神社では、次のような文章を「由緒書」に載せています。(文言はやや異なりますが『豊島郡誌』『摂津名所図会』『大阪府志』にも同様の記述が残されています)

    元亀、天正の頃、織田信長は天下統一の手段としてキリスト教の布教につとめ
   近畿一円の神社仏閣を多数焼却するに際して、天照大神春日大神八幡大神および信長の産土神である
   
牛頭天王(須佐之男)の諸神は恐れ畏んで破壊しませんでした

このお話しは、その神社が、それまでお祀りしていた別の神様を「スサノオ」に取り替える(つまり嘘をついた訳です)ことによって焼却破壊を免れ、現在まで存続する事が出来たという事情を説明するために掲載されているのですが、スサノオなら皆さんもお馴染みのカミサマですよね。では、本当に信長さんがスサノオを信じていたという証はあるのでしょうか?実は、あるのです。

破壊を免れていたスサノオたち

織田氏の出自について諸説があることは先にも紹介しましたが、現在では古文書(『藤原信昌・兵庫助弘置き文』)などの研究により越前丹生郡の出身ではないか、とする説が有力になっているようです。いずれにしても、信長の父・織田信秀(おだ・のぶひで)は関東管領・斯波氏の陪臣(家来の家臣)だった人で、所謂武家の家系でみれば主流の地位を占めていた有力な家門ではなかったのです。で、祖先話に移りますが、ごくごく大雑把に言って信長さんのご先祖については三つの説があり、それは@平氏説 A藤原氏説 B忌部氏説−の諸説です。まず平氏説ですが、これは信長が元亀二年六月に越前の白山別山権現に寄進した鰐口にある銘文に「平信長」とあり、ずっと後、従三位権大納言兼近衛大将に任命された記録(『公卿補任』)にも「平信長」と記されてあることに基づくものですが、Aの藤原氏説が存在するように信長自身も、また信長より前の世代の複数の織田氏も藤原姓を名乗っていた事実(天文十八年十一月付け『尾張熱田八ケ村宛制札』)があり、いずれも決定的なものではありません。

  左から五人目に「信長」とあるのが見えます『公卿補任』より  天王祭りを描いた錦絵

では残る忌部氏説はどうなのか?信じるかどうかは皆さんの判断にお任せしますが、信長の一生涯を書き記した『信長記』や各種の「織田家系図」によれば、彼の12代前(二百数十年前くらい?)の先祖に「親真」という人物がおり、この人が平氏の子孫であり織田の剣神社の神官をしていた忌部氏の養子になった、とされているのです。ところが忌部氏に伝わる系図では、親真の母親自身が平氏の娘であり、その女性が忌部氏に嫁いで生んだ子が親真であることになっています。系図というものが、一体、どれほど怪しげなものなのかオノコロ・シリーズを読んでこられた皆さんには、もう十分お分かりになっていることでしょう。これらの系図や伝承に根拠が無いとは断定しませんが、忌部氏であると主張するなら、その方は一つの疑問に答えなければなりません。それは、信長が信じていた−−とするカミサマに関する事柄についてです。

破壊を免れた神々が天皇家と藤原氏そして武家の神・八幡さまであったことは、ごく自然に頷けます。信長ほど頭が良い人であれば、自分を中心とした強固な利害関係(国家体制といってもいいでしょう)を築きあげるためには、国内の、どの勢力あるいは、どの派閥そして、どの氏族の誰と結びつくのが最も効果的であるのか、を常に考えたに違いありません。その冷静な判断のもとに以上の三神は信長公認のカミサマとして生き長らえたのだと言えます。そして問題の「スサノオ」です。

 剣神社はスサノオを祀る(WEBより)   織田信長を葬り去った明智光秀  

現代語訳 信長公記 (新人物文庫)

新品価格
¥1,028から
(2016/10/31 17:44時点)

福井県丹生郡内にある剣神社が信長の「信仰」を一身に受けた神社で、無論、祀られているのは須佐之男。このカミサマが系譜上は天照大神の弟でオオクニヌシにも繋がる非天孫系の神様であることは皆さんもご承知のことと思いますが、先の忌部氏説に立つと信長がスサノオを氏神としてことと矛盾することになります。と言うのも、忌部氏は天御中主神高皇産霊神につらなる天布刀玉命(あめのふとだまのみこと)を始祖とする家系で、もともと祭祀儀礼を取り仕切っていた一族です。「神話」が苦手な皆さんにも分かりやすく古事記の伝える一場面を紹介すると「父親の言う事も聞かず任地へも行こうとしない弟をいぶかしんでいた姉・アマテラスの所に荒々しくやってきたスサノオは、姉が所有していた田んぼを滅茶苦茶にしただけでなく、機織をしている部屋に物を投げ込み機織女を負傷させるなど乱暴の限り」をつくしました。(追考:天布刀玉命という神様が、アマテラスの三男である天津彦根命の別名である可能性があります。従って、忌部氏が祖神としてスサノオを祀ることは有り得ます)

これに怒ったアマテラスは「独り大きな岩屋に引きこもってしまったため、世の中は真っ暗になってしまった」のです。アマテラス側の神様たちは、何とかして早くアマテラスに出で来てもらおうと策を練るのですが、いつの時代でも人、いやカミサマの考える事は同じらしく「岩屋の前で大宴会でもして大騒ぎをしたら、きっと大神様も気になって出でくるだろう」という安易なセッティング。そこでカミサマたちは飲めや歌えの大騒動、そこへ天宇豆女命(あめのうずめ)というヒョウキン者が一座の真ん中に踊り出て、何やら怪しげな舞踊(例えは良くありませんがドリフターズ『全員集合』の加藤ちゃんダンスのようなもの)を始めたものですから、芸術鑑賞が好きなカミサマたちは、ドッと笑い転げたのです。

その笑い声が岩屋のアマテラスにも届き「わたしがいなくて皆悲しんでいるはずなのに、なんでカミガミは笑っているのだろう」と顔を覗かせた時、力持ちで有名な天手力男命(あめのたぢからおのみこと)が磐戸を開き、アマテラスの側近中の側近・天布刀玉命が再びアマテラスが岩屋に戻ってしまわないように注連縄を磐戸に張り巡らせたのです。要するに、忌部氏のご先祖は、明らかにアマテラス側に立つ神様であり、スサノオとは相容れない存在だと言いたかったのですが、少し、くどかったですね。また、剣神社よりも著名で全国にある天王社の総本社として知られている津島神社(愛知県津島市=祭神は建速須佐之男命と大穴牟遅命)でも「信長が氏神と仰いで社殿の造営に協力した」と伝えていますから、信長のスサノオ好きは彼一流の周囲を煙に撒くポーズではなかったようです。

信長という人物を、どうしても旧秩序・旧価値観の破壊者そして近代的志向の持ち主だと考えたい人々は、彼が自ら官職を辞した事実にのみ焦点を当て、天皇制そのものも否定していたかのように論じていますが、これも本当のことなのでしょうか?信長もまた道鏡のように天皇に代わって日本国の主として君臨する考えを抱いていたのでしょうか?永禄十一年(1568)信長は足利義昭(あしかが・よしあき,1537〜1597)を伴い上洛していますが、それ以後彼は一貫して朝廷の守護者として振る舞い、その代わりといっては何ですが浅井・朝倉連合軍との戦いや大坂本願寺との合戦にあたっては朝廷の権威を巧に利用して講和に持ち込んでいます。彼が京都に上ったときの官職名が「弾正忠」(だんじょうのちゅう=律令制による警察機関の副官)だったことも合わせて考えると信長の意図が少しは見えてくるような気がします。お互い、持ちつ持たれつというのが実情だったのです。

すべての官職の辞任は何を意味するものか?

天正六年(1578)四月九日、信長は突然、右大臣・右近衛大将の官職を辞任します、そして以後何の官職にも就いていません。これが旧秩序・体制打破への布石だと考える根拠ともなっている訳ですが、先にも見たように旧秩序・価値観の根本であると言っても良い日本古来の神様(の幾つかだけ)の存在を認め、かつ、その中でもスサノオを氏神として奉っている、という事柄に注目するなら、彼が単なる破壊者ではなかったことが分かるでしょう。藤原氏でも平氏でも、或いはまた忌部氏でも、信長にとって自分の出自は大したことではなく、破壊神から国創り神(もっと正確に言えば、その親神)に柔軟に変身した須佐之男に、己の生き様を投影していたと考えるのは滑稽でしょうか!!また、彼はキリスト教の布教を認め、自分の部下である大名が入信することさえ許していますが、既成の価値観と言うなら外国の神もまた同列の存在であるはずです。

運命の年、天正十年(1582)四月二十五日、武家伝奏・権大納言の勧修寺晴豊(かしゅうじ・はるとよ)が京都所司代・村井貞勝の屋敷を訪れ、信長を「太政大臣か、関白か、征夷大将軍のいずれかに推任」するため、安土に使者を使わすことが決まったと伝え、天皇・親王の親書を携えた使者は五月六日に信長と会談しています。親王の書面には『いかやうの官にも任せられ』とあり白紙委任に近いものだった事が分かるのですが、当然のことながら信長は即答していません。運命の日の前日、六月一日、伝奏役の勧修寺は同役・甘露寺経元と共に再び勅使として本能寺の信長を訪ねているのですが、この時は儀礼的なものだったらしく会談の模様も記録として残されてはいません。翌二日、本能寺の変で彼は不帰の客となりました。『是非に及ばず』森長定が反乱軍が明智軍であることを告げたとき、信長が応えた最期の一言です。

       
     
 人気のページ   お地蔵様の正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは天目一箇命か   邪馬台国と卑弥呼