オオクニヌシと垂仁天皇と天津彦根命                                               「サイトの歩き方」も参照してください。

古代史の世界を長年探訪していると、その内、以前には思いつかなかった神々と大王そして日本各地の豪族たちとの隠された繋がり、縁等が複雑に絡み合った麻糸状の一端が朧気ながらも暗闇の彼方に見え隠れして、秘密の財宝の在り処を記した門外不出の古地図を発見でもしたような気持に、ほんの一瞬浸れることもある。それが資料の分析に時間と能力の全てを注ぎ込んだ己自身への細やかなご褒美でもある訳ですが、そんな歴史探訪の旅を続ける内に、何とはなく「お気に入り」の神様や人物の像が幾つか形作られます。筆者の場合、早くから継体大王の出自などをHPのテーマの一つに掲げていた事情もあり、系譜を遡る途上で応神そして垂仁という二人の存在が大きな意味を持つようになったと思われます。また、十代の半ばの三年近くを過ごした出雲地方を代表する神様の一柱であるオオクニヌシは、サイトを始める前からの関心事でもあった訳ですから出雲阿国が始めたとされる歌舞伎芝居は勿論、出雲大社そしてスサノオなどが登場する様々な神話を通して古代氏族にも大いに興味を持つことになったと言えそうです。そして、二つの関心事が出雲の「国譲り神話」という舞台を調べる内に深く複雑に交錯していることに気付きます。

古事記と云う書物は様々な特徴を持つ資料で、見る者の持つ問題意識により時に万華鏡のような風景が現れたり、その一方では記された文言の意味すら解読不明で、編者たちの意図さえ掴みかねる部分も少なくありません。後者の典型が「オオクニヌシの神裔」と呼ばれている一連の系譜で、概ね次のような神様たちの名が伝えられています(註:この段の冒頭にあるオオクニヌシと多紀理媛命、また神屋楯媛命との子供たちは除き、八島牟遅能神の子以下についてのみ書き出してあります)。また、近江の御上神社の社家である三上祝の系図との比較が必要なので下の段に並置しました(三上氏の家系は『諸系譜』を参照したもの。第四代の彦伊賀津命が神武帝の時代に同期します)。

   初代 二代   三代  四代 五代  六代   七代  八代 九代 
 父  大国主神   鳥鳴海神  国忍富神  速之多気佐波
  夜遅奴美神
 主日子神  多比理岐志
 麻流美神
 美呂  布忍富鳥鳴海神   日原大科度美神
 母  鳥耳神
(八島牟遅の娘)
 日名照額田毘道男 
  伊許知邇神
  八江媛神  前玉媛神
主神の娘)
 比那良志神
淤加美神の娘)
 活玉前玉媛命  青馬沼媛神
(敷山主神の娘)
  若盡女神 遠津待根神
 (狭霧神の娘)
 子  鳥鳴  国忍富神  速甕之多気佐波
  夜遅奴美神
 甕主日子神  多比理岐志
  麻流美神
 美呂浪神  布忍富鳥鳴海神  天日原大科度美神  遠津山岬多良斯神
  初代   二代 三代   四代  五代 六代   七代  八代  九代  十代 十一代   十二代
神名  天津彦根命  天御影命(天目一箇神)  意富伊我都命  彦伊賀津命  天夷沙比止命  川枯彦命  坂戸彦命  国忍富命  大加賀美命  鳥鳴海命  八倉田命  室彦命

ゴチック体に変えてある黒文字部分の神様たちの名前が、二つの系譜で重複しているのは明らかですが、整合性は全く窺えません。と云うよりオオクニヌシは稲佐の浜で国を譲り渡した出雲神の代表者であり、天津彦根命は皇祖アマテラスの息子の一人であり天孫・ニニギノミコトの叔父に当る存在なのですから、本来、二つの家系に「共通する」祖神が複数居る事自体を不審に思うべきなのですが、当サイトでは『神々は子孫によって祀られる』と云う原則に基づいた推理により、出雲風土記が一切口にしない「オオクニヌシ」という神格は、記紀神話に天若日子の名称で登場する天孫族の一員(親子?)をモデルに、編集者たちの手によって創作された架空のもので、その実体は天津彦根命(及び、その息子の天目一箇命)であったとする見方を是としていますから、古事記が三上氏の系図を模して著した「神裔」にも何らかの意図が隠されているものと見て、更に論を進めたいと思います。先ず、神様の事情を知るには神社の情報が手掛かりに成りそうです。オオクニヌシを祀る社は全国に数多く有りますが、その児神である鳥鳴海神、そして孫の国忍富神を祭神とする神社は何故か極、限られています。

実は、鳥鳴海神を主祭神としてお祀りしている社としては愛知県犬山に建つ成海神社(羽黒八幡宮)しか見つける事が出来ませんでした。この神社は東方凡そ数百mの距離に在る鳴海杻神社(なるみてがし神社、犬山市羽黒字成海。祭神:山岬多良斯神、高淤加美神)という名称の式内社と何らかの関連があるお宮さんだと思うのですが、両社でオオクニヌシの神裔とされる最初と最後の神々を祀っている事実に強く惹かれるものの、特別な伝承なども探り中てる事は出来ませんでした。(尾張国内に鎮座している地理的な側面を重視すると日本武尊を祀る成海神社(愛知県鳴海町)更には尾張氏との繋がりも考慮すべきなのかも知れませんが、まだ調査出来ていません)鳥鳴海神を合祀する社も二社あります。伊勢国旧朝明郡に建っている多比鹿神社(たびか)がその内の一つで、ここの主祭神は神裔の六代目に上げられている多比理岐志麻流美神(たびりきしまるみ)なのですが、二柱の神様たちが創建当初から一緒に祀られていたのかどうかは不明です。明治の維新後に約三十もの小社が統合されたと記録にもあるので、鳥鳴海神が別の社に居た可能性は残ります。同じような事情を抱えるもう一つの社が伊賀市にある植木神社(旧山田郡、式内社)で、ここの祭神はスサノオと櫛名田姫であり『播磨国の広峰山から牛頭天王を勧請した』と云う社伝が残されているのですが、配祀されている神々が鳥鳴海神など三十柱にも及ぶことから、本来の祭神であったのかどうか疑問が残る処です。次は孫神の国忍富神の番ですが、こちらは地元の出雲地方に唯、一社が在るのみという寂しさでした。出雲市斐川町富(とび)にある富神社が祀る主祭神は国造りの大神として知られる八束水臣津野命(淤美豆奴神)、天之冬衣命(大国主神の父親)の二柱で、足名椎・手名椎・稲田姫の一家と共に国忍富神そして布忍富鳥鳴海神を合祀しています。出雲のオオクニヌシの「関係者」としては極めて穏当な人選?だと思いますが肝心の「本人」を除外している辺りに不満も残ります。

鳴海杻神社  風土記逸文   出雲風土記  

次に着目したのが第四代、五代を中心に見られる「水」に関わると思われる神名です。鳥鳴海神自身が「海」という一字を持っており「広い海原を自由に飛来する(女)神」のような印象を内包していますが、第四代に相当する二柱の親神は何れも水神の性格を持った神様であると言えそうですし、(「甕」は水の象徴)その両親から産まれた「甕主日子神」は当然の如く「水を掌る」神であると見て間違いありません。そして、彼の妻とされているのが「淤加美神の娘=水の女神」なので、この二代を構成している諸神は古代祭祀において重要な地位を占めていた「真名井(聖泉)」を示唆していると思われます。また「甕(みか)」という文字から直ぐに連想されるのが出雲風土記に登場する天甕津姫命という女神で、旧出雲郡伊努郷に在る伊努神社の祭神は、愛知県一宮市(旧尾張国、丹羽郡)に建つ阿豆良神社(あずら)の神様としても知られており、「釈日本紀」が引用する『尾張風土記』逸文は記紀が伝えない不思議な物語を書き留めています。

  丹羽郡吾鬘郷、巻向珠城宮御宇天皇(垂仁)品津別皇子、生七歳而語。傍問群下無能言之、乃後皇后夢有神告曰、吾多具国之神、名曰阿麻彌加都比女、吾未得祝、
  若為吾充祝人皇子能言、亦是寿考、帝ト人覓神者日置部等祖建岡君ト食、即遣覓神、時建岡君到美濃国花鹿山攀賢木枝造縵誓曰吾縵落処、必有此神縵去落於此間、
  乃識有神、因堅社由社名里、後人訛言阿豆良里也

ここで言う垂仁の皇后とは兄と共に「謀反」を起こし火中に没したとされる狭穂姫命で、二人の息子とされる「品津別皇子=ホムツワケ=応神帝」の逸話は記紀も採録していますが、そこに現れるのは「出雲の大神」であって水の女神ではありません。また、この伝承は尾張在住の日置氏一族が残したものだと推測出来ますが「日置部」を垂仁から「賜った」とされる五十瓊敷入彦命(実体は景行帝か)との繋がりも捨てきれません。ただ、一方には同神は大国主神が多紀理姫命との間に儲けた阿遅鉏高彦根神の妻・天御梶日女神の別名であって、その系譜「塩屋彦命--観松彦伊呂止命--大日原富命--建御名方富命--男立命」に上で紹介したオオクニヌシの神裔の名に似た神様たちが含まれているのも事実ですから、どちらかに断定することは中々難しいようです。三つ目の着目点は神名に冠された「」の文字です。一般に天神地祇と総称される神々ですが、天神が「天降った」側であるのに対し、オオクニヌシなど国を「譲った」側の神様には「天」の文字を付けないのが通例です。ところが水神を産んだ前玉姫(さきたま)の父親は天甕主神の名称を持ち、尾張氏の始祖である天前玉命(天忍人命と同神)を意識した様にも見受けられます。更に、第六代の妻にも活玉前玉媛命という殆ど同じ内容の名前を持つ女神が配されている事にも留意すると、前玉神社(祭神:前玉姫命、前玉彦命、武蔵国旧前玉郡)との関わりも捨てきれません。何故なら、同地の実力者であった无邪志国造の祖先は天夷鳥命(亦の名、天日照命)とされており、出雲国造とは同族の間柄になるからです。その様な繋がりを前提に鳥鳴海神の配偶者の神名を見直すと「日名照(ひなてる)」と「額田(ぬかた)」の何れもが出雲国造と結びつく可能性がありそうです。               [註:出雲国風土記作成時の出雲郡の大領は日置臣佐底麿、また大原郡の少領は額田部臣伊去美でした]

物部氏の伝承を記した「先代旧事本紀」は、その冒頭部分で天地開闢を次のように簡潔に言い表しています。

  天が先に出来てから、地が後に出来たのである。その後、高天原に神が生まれた。名を天譲日天狭霧国禅月国狭霧尊と言う。独り神であった。
  ともに生まれた神二代。夫婦で生まれた神五代。いわゆる神世七代とは、これらの神々のことである。

同書が「天祖」と称する根本神の名前に「譲」「禅」の二文字が含まれている背景には、ニギハヤヒによる神武帝への「国譲り」という重大事件が横たわっているのでしょうか、それはさておき。ここで登場した天祖と極めて良く似た名の「天狭霧神」が、神裔の末尾間際で「遠津待根神」の父親として姿を見せています。この神様が大山津見神と野椎神の子供である「天之狭霧神」と同じだとすると櫛稲田姫の両親、足名椎・手名椎とは兄弟の間柄ですから、オオクニヌシの末裔としては穏当な名付けだと言えますが、この神様を祀る唯一の社が中国山地の只中にある仰支斯里神社(かみきり、島根県仁多郡。出雲風土記には髪期里の社として掲載)ですから、子供の山岬多良斯神が「遠く」離れた愛知県に鎮座している理由が中々浮かんできません。この記事を書き始めた当初は、大山津見命が三嶋神社の祭神であることに注目して天津彦根命との関係を探りたいと考えていたのですが、ここまで分析を進めた結果「神裔」の系譜は、出雲の神々や出雲系とされる氏族と深い繋がりが有ることは理解出来たものの、その系譜が示した「真の意図」は未だ闇の向こう側に在り、筆者の解読を拒み続けています。[追記:旧事本紀が言う『天祖』を物部氏、三上氏、出雲国造家などの祖神の天津彦根命に比定することも可能ですが、そうすると、これらの系譜はメビウスの輪のような無限軌道を表現したものの様にも見えてきます。また、日本書紀はアマテラスの五柱の息子たちが産まれる様子を『八坂瓊の五百箇の御統を乞い取りて、天真名井に濯ぎて、さがみに咀嚼みて、吹き棄つる気噴の狭霧に生まれる』とも表現しています。果たして真相は?]

 HOME  
   
 人気の頁   オオクニヌシは天目一箇命か   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは居なかった   お地蔵様の正体を探る   石川五右衛門の仲間たち