大和忍坂息長氏そして天津彦根命の長い影                                  「サイトの歩き方」も参照してください。

「万葉集」の題詞(漢字による詞書)によれば第三十四代舒明帝(593~641)は登極間もなく即位儀礼の一環として天香久山に登って国見を行ったと見られ、巻一の冒頭近くに載せられた有名な一首は、その折、詠まれたものだとされています。それが、

  山常庭 村山有等 取與呂布  天乃香具山 騰立 國見乎為者  國原波 煙立龍 海原波 加萬目立多都  カ怜國曽 蜻嶋 八間跡能國者       (註:カ=忄+可)
  大和には 群山あれど とりよろふ  天の香具山 登り立ち 国見をすれば  国原は 煙立ち立つ 海原は 鴎立ち立つ  うまし国ぞ 蜻蛉島 大和の国は

という内容の歌です。古文の授業で習った記憶を持っておられる読者も居ることでしょう。舒明帝は西暦629年春一月に「大臣(蘇我蝦夷)、群卿」の要請を受ける形で位を継いだのですが、先帝推古が跡を継ぐべき資格を有した二人の皇子(田村皇子と山背大兄王[厩戸皇子(聖徳太子)の息子])に語ったとされる「詔(みことのり)」の内容が明瞭さに欠けていたこともあって、即位までの間ごたごた騒ぎが続けて起きており、朝廷内での不協和音は後に重大な事件を引き起こす伏線ともなって、山背大兄王一族に最悪の悲劇が襲い掛かる結果を齎した事に通説ではなっているようなのですが…、それはさておき。六世紀の後半から七世紀半ばまで凡そ一世紀は「蘇我氏の全盛期」であったと考えられており、その様子を日本書紀が次のような文章で書き留めています。

  元年の春正月、皇后(皇極)、即天皇位す。蘇我臣蝦夷を以て大臣とすること、故のごとし。
  大臣の児、入鹿、更の名は鞍作。自ら国の政を執りて、威父より勝れり。是に由りて盗賊恐懾げて、路に遺拾らず。

物取り稼業の輩ですら入鹿の「威(いきおい)」に恐れをなして、路傍に誰かが落とした遺物すら拾おうとはしなかった、と云うのですから都周辺の極めて緊張した雰囲気が伝わってきます。飛鳥の岡本宮を皮切りに田中宮、厩坂宮そして百済宮と居を移していた舒明帝が亡くなったのは十三年冬十月のことでしたが、この時、殯(もがり)の席で「誄(しのびごと)」を述べたのは若干十六歳の東宮開別皇子(天智帝)その人でした。「息長足日広額天皇(オキナガタラシヒヒロヌカ)」の諡号で知られる彼は、確かに敏達と広姫との間に生まれた押坂彦人大兄皇子の嫡男で、母方から息長氏の血統を受け継いでいます(広姫の父は息長真手王)。そして父の諱に「押坂」の文言が含まれているのだから、大和の忍坂村に陵墓が造成されたのは当たり前だ、つまり土地に深い縁があったのだという解釈が一般的に流布されています。確かに「おしさか(おっさか)」は帝室にとって大切な土地柄だったようです。神武帝が大きく和歌山紀国まで迂回した後、大和に入ろうとした時「大室を忍坂邑」に作って大いに敵を打ち破ることに成功、また大王の分身だと推測される五十瓊敷入彦命は自ら指揮して茅渟の菟砥川上宮で作り上げた「剱千口」を忍坂邑に蔵(おさ)めて、国の軍備を盤石なものに為したと伝えられて来ました。

舒明陵  忍坂生根神社  付近図

そして「ノビル」の逸話で良く知られている人物が第十九代允恭帝の皇后、忍坂大中姫です。雄朝津間稚子(オアサヅマワクゴ)宿禰という一風変わった名の持ち主である允恭は、どうも生まれつき病弱虚弱であったらしく、反正の跡を継いで欲しいと願う「群臣」の度重なる要請を「篤い疾」を理由に断り続けました。臣下たちの憂い嘆息している状況を見ていた皇后は水も凍る真冬の師走、身体を張って夫を説得、遂に帝位に就くことを承諾させたと日本書紀が記しています。この大中姫の勝気な為人を示す話が例の「闘鶏国造事件」の顛末なのですが、二つの伝承に潤色誇張が加えられていたにせよ、息長家を代表する強い女性として半ば象徴化された人物であったことは間違い無さそうです(その意味では応神帝の母に位置付けられてきた息長帯比売命の像とも重なり合います)。

もう一つ、忍坂と帝室を直接結びつける「物証」があります。それが、国宝の隅田八幡人物画像鏡と呼ばれる物で、考古学に興味のある方ならWEBや刊行物などで画像を見ておられるかも知れません。この鏡の製造年代や銘文解釈については諸説ありますが「意柴沙加宮」という文言が「おしさか」に存在した「宮(貴人の住む大きな建物)」を表したものだと考えられています。また「癸未年」を443年と仮定した場合には、その頃の大王として允恭(376?~453)が該当し「男弟王」には皇后忍坂大中姫命の兄弟である「意富富杼王」(継体帝の祖先)をあてることが出来るとする見方があります。鏡が作られた時代と銘文に登場する様々な人物の実像については未だ全てが解明されたという訳では無いのですが、大和の忍坂が古代において政権の一拠点となっていた可能性が十分ありそうだ、という事なのです。

 大中姫を巡る一つの推理=ヤマト初期王朝の礎を築いた大王の一人が垂仁帝です。彼と後の皇后である日葉酢姫命との間に生まれた娘の名を大中姫命と言い、五十瓊敷入彦命が石上神宮の祭祀を任せたいと願った相手が妹の大中姫命でした。息長氏で最も有名な人物と言えば外国遠征譚で知られる息長帯比売命(神功皇后)だと思いますが、彼女の夫の先の妃の名前も大中媛命と言い、彼女の父親は皇后と同様に息長系統に属する人物でした。そして、今回取り上げている允恭帝の皇后が息長の血脈を受けた『忍坂大中姫命』なのですから三人の大中姫という存在自体が何らかの意図を以て記紀の中に演出された可能性があります。また、日葉酢媛命という女性は伝説の彦坐王と天御影命の娘・息長水依姫の孫娘に当たり、父親は丹波道主王でした。つまり帝室と息長家は天津彦根命系と和邇日子押人命系の二流で複雑な婚姻を重ねて深遠な閨閥を生み出している訳です。更に、応神の皇后の名が仲姫命であったことも偶然とは考えられないでしょう。名前に含まれる「中」は神と人の間を取り持つ存在を意味しているのかも知れません。
  画像鏡    銘文    大同類聚方    PR

回り道をしました、舒明の陵墓に話を戻します。近鉄大阪線の大和朝倉駅で下車し、静かな住宅街を抜けながら南に1㎞余り行くと国道166号線の忍坂交差点に辿りつきます。彼の押坂内陵は、そこから更に南東方向に進んだ山麓に在りますが、国道から少し北に外れた地道に入り道標に従がって進むと左手に小さな神社が山肌にしがみ付くように建てられていることに気づきます。この忍坂坐生根神社は丁度舒明陵の西側近くに在り、正しく忍坂地区の産土神を祀ったものだろうと見当をつけ、境内に入ってみたのですが、その祭神は意外にも少彦名命と天津彦根命の二柱でした。真新しい案内板には「意柴沙加宮」そして忍坂大中姫との関連が縷々述べられ、この地が「息長氏の大和における拠点」であったと記されていたのですが、それよりも寧ろ次のような文章に興味をそそられたものです。

  「大和志料」では額田部氏の祖、天津彦根命を祀ると記され、平安時代の医書「大同類聚方」に当社相伝の「以久禰薬(額田部連の奏上)」のある事を伝えています。

早速「大同類聚方」に当ってみると「以久禰薬」という名称は見つけられなかったのですが、巻七十五に「西乃久保薬」という項目があって「大和国城上伊久根子乃神社所伝」「額田部連等の家方なり」との解説文が載せられ、どうやら妊婦のための「良薬」の製法(処方)を額田部連が伝えていたようです。また「大和志料」は、同書にある文言から額田部氏が生根神社の神職を務めながら薬の調合も行っていたのではないか、更には、氏族の祖先である天津彦根命を祀っていたのであろうと推測している訳ですが、古代には額田(部)を冠した皇子皇女が実在しており(額田大中彦皇子、額田部皇女=推古帝)、天津彦根命を祖とする額田部湯坐連、凡河内忌寸といった豪族の居たことも分かっていますから、帝室の子女を健やかに養育するのに必要な知識と財力を十分に備えた藩屏としての一員が額田部を名乗る氏族だったと考えられます。そして、大切な大王たちの子供が無事に生まれ丈夫に育つため神々に祈りを捧げるのと同時に、代々伝わる「秘薬妙薬」も逐次調合していたに違いありません。筆者は、これまでどちらかと云うと天津彦根命一族の金属冶金あるいは祭祀と武器製造などに焦点を当てて様々な資料を調べてきた嫌いがありますが、出雲を象徴するオオクニヌシが因幡の素莵を「ガマの穂」で癒したという説話からも類推される、神々の医薬面での貢献も視野に入れた推理が必要ではないかと、今、痛感しています。舒明陵についての話には、未だ続きがあります。

百済宮での大殯から一年三か月、皇極元年十二月先帝の喪が発せられ同月二十一日帝は「滑谷岡」に葬られたと書紀が記録しています。日本古典文学大系の註文によれば「なめはさまのをか」は高市郡明日香村冬野に比定されています。同じ年、大臣の蘇我蝦夷は「己が祖廟を葛城の高宮に立てて、八佾の舞を行」い、更には「民、併せて百八十部曲を発して、予め雙墓を今来に造り」「一つを大陵」「一つを小陵」と呼んだとも伝えています。これが事実であれば息長足日広額天皇は、初め出自とはなんら無縁の、しかも歴代の大王や近親者が誰一人として葬られた実績もない、多武峰から更に奥まった山間の僻地に眠ることを強いられていた事になります。わずか九か月の後、舒明は現在の忍坂の地に改葬された訳ですが、蘇我氏による山背大兄王一家への非情な襲撃が間近に迫っていたことを勘案すると、皇極二年九月という微妙な時期に、何故、敢えて蘇我氏の庭先近くの明日香村冬野から7㎞余りも離れた忍坂へ陵を移し替えたのか、今一つ判然としません。通説に在るように帝の父親から受け継いだ息長の血縁地縁を重く見たのであれば、最初から忍坂に陵を造れば済む話です。もっと言えば、父親である押坂彦人大兄王の眠る牧野古墳の近くに終の棲家を設えることも出来たでしょう。如何に蘇我氏全盛の世と云えども舒明は倭国の天皇なのですから、誰も訪れる者が無いようなうら寂しい場所を態々選ぶことも無いはずです。「延喜式」の記述を信用するなら奈良広陵町に造られた父親の牧野古墳の墓域は「東西十五町、南北二十町(一町=109m)」もの広大さを誇っていたのですから息子のために幾らでも陵造成用の土地を提供できたはずです。

鏡女王の墓  忍坂の周辺図  冬野の付近

押坂内陵への次の疑問は、陵と隣接している「鏡女王」「大伴皇女」の墓の存在です(上の付近図参照)。鏡女王の父親が若し鏡王であれば宣化帝の曾孫ですから、ほんの僅かですが息長の血を受け継ぎ、大伴皇女は欽明帝と堅塩媛の間に生まれた娘なのでこちらも息長の血筋はそれほど濃くはありません。むしろ蘇我系の皇女と云うべきでしょう。「延喜式」によれば鏡女王の墓は舒明陵の「東南」に在るとされていますが、現地を訪れた者なら方角が記録が合致しないことに直ぐ気づきます。上の地図を見てもらえば一目瞭然ですが「⊥」(墓地)の印は陵のやや北よりの東に位置しており、大伴皇女の墓は更に北東の標高が「高い」所に造成されています。些細な事に拘るようですが、親子兄弟あるいは夫婦という間柄でもない皇女や王女の墓が、時の天皇の陵を「見下す」位置に造られるものでしょうか?断定は控えますが、素朴な疑念として提示しておきます。

忍坂生根神社が教えてくれた忍坂と天津彦根命親子神との関係、そして額田部氏が伝えた「薬」との関わりについては、調べものを続ける内に興味ある別のつながりも発見できました。推古二十年(612)五月五日、日本書紀によると、この日『薬狩りして、羽田に集いて、相連きて朝に参興』いたとあって、高市郡の波多郷に出かけて「薬狩り(薬草採取か?)」が催されたようです。そして、その波多郷(明日香村冬野)には波多神社が鎮座しており、この社でも「志路木薬」と呼ばれる薬を調合していたと「大同類聚方」が伝えているのです。「波多(ハタ)氏」については色々な祖先を持つ諸流がありますが「薬」を手掛かりに論を展開してきた筆者としては「高皇産霊命(タカミムスビ)の後裔、波多祝」とする「大和志料」の記述に魅力を感じます。ツルギヒコの頁で詳しく述べましたが天津彦根命の別名が「ハタツミ」ですから、衣通姫の病を治したとする「志路木薬」の伝承を持つ波多神社と、上で見てきた忍坂生根神社には何かしらの「縁」があったと考えるのが自然です。美しさが衣服を「通して」尚、輝いていたという姫の伝承は記紀で全く異なりますが、忍坂地区では古事記による允恭帝の娘説(軽大郎女の別名)を採っており、生根神社の直ぐ近くには彼女を祭神とする玉津島神社という小さな社が建てられ、出生時に使ったとされる「井戸」まであります(下右の画像)。木梨軽皇子と軽大郎女の悲しい物語は次の大王となる穴穂皇子の優秀さを強調するための作為ではないかと思うのですが如何でしょう(「軽」のカルは銅を意味していると考えられます)。

 太子と穴穂皇子の戦い=ここに軽太子畏みて大前小前宿禰の大臣の家に逃げ入りて、兵器を備え作りたまいき。この時に作りたまいし矢は箭の内をにせり。故、その矢を号けて軽箭という。穴穂皇子もまた、兵器を作りたまいき。この皇子の作りたまいし矢は、すなわち今時の矢なり。これを穴穂箭という。「古事記」より。

最後に「冬野」について少し触れておきます。皆さんは飛鳥の石舞台を勿論ご存知だと思います。また、益田岩船や鬼の雪隠、鬼の俎そして亀石など旧都奈良に点在する所謂「不思議な石の造形物」についても知識をお持ちかも知れませんが、蘇我馬子の墓ではないかと見られている石舞台や益田岩船に用いられた巨石は冬野川渓谷の細谷地区で採石されたと考古学者は考えています。上右に掲載した画像は数メートル以上もあるような大岩が無造作に置かれた現地の様子を写したものですが、ここは丁度、石舞台と最初の舒明陵が在ったとされる冬野の中間あたりに位置する場所で、かつて石室などの造成に用いた閃緑岩の産地なのです。権勢を誇る蘇我氏と帝室の対立は緊張感を増していましたが、舒明の跡は姪でもある妻の皇極が引き継ぎ息長の血はかろうじて守られました。忍坂への改葬は、やはり母親・糠手姫の強い要請を受けたものだったのでしょうか?乙巳の変後も長生きした彼女は孫の天智の即位も見届け、664年に亡くなった折には「嶋皇祖母命」の称号を贈られています。蘇我氏の本拠であった「嶋」を宮として利用していたと思われ、栄枯盛衰の典型的な一幕物を観るようですが、伊勢の小豪族出身の彼女に国を動かす程の政治力があったとは、とても想像できないのです。やはり真相は謎のままです。

石舞台古墳  鬼の雪隠 

 TOP   
   
 人気のページ   オオクニヌシと天津彦根命   お地蔵さまの正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   邪馬台国と卑弥呼