応神天皇は「」の子だったのか?                              サイトの歩き方」も参照してください

白鳥伝説と共に語り継がれる古代の英雄ヤマトタケルの父だとされる景行帝(オオタラシヒコ)は大変な艶福家であったらしく、多くの后妃を娶り、一家は大いに栄えました。古事記は子弟について、

  凡そ、この天皇の御子等、録せるは二十一柱、入れ記さざるは五十九柱、併せて八十柱

であったと伝えています。日本書紀によればこのうち、

  日本武尊と稚足彦天皇と五百城入彦皇子とを除きての外、七十余の子は皆国郡に封させて、各その国に如かしめた

のですが、稚足彦天皇(ワカタラシヒコ、成務帝)と並んで、ヤマトタケルと五百城入彦皇子(イオキイリヒコ)の三皇子が別格扱いを受けていた事実が明らかです。この点について古事記も『この三王は、太子(ひつぎのみこ)の名を負ひたまう』と述べていますから、崇神帝の直系に位置づけられた八坂入媛命(ヤサカイリヒメ)の名前が象徴している「イリ」の血筋が、景行−−成務−−仲哀(タラシナカツヒコ)と連なる「タラシ」王統の内部で尊重されていた証しと見ることが出来るでしょう。応神帝の「名」に関する疑念については、かなり前、宇佐神宮のページでも取り上げた経緯があるのですが、継体帝の謎を追い続ける過程で、再び、大王と称号の問題を考えざるを得なくなり、今回の主題としました。。(以降は、似たような名前が連続します。…つまり退屈です。そのつもりで読み進んでください)

景行陵古墳  白鳥陵古墳  応神陵古墳

後世「始祖王」を意味する「ハツクニシラス」の諡号を贈られた崇神帝の名は、御間城入彦五十瓊殖(ミマキイリヒコイニエ)と言い、実在性の高い大王の一人であるとされていますが、その名前には幾つもの王位・血統を象徴するのではないかと思われる語彙が含まれています。それは「イリ」などの言葉で彼の両親(開化帝、伊香色謎命)はもとより、彼の先祖にあたる諸大王の中で「イリ」を含んだ名前を持った人物は一人として存在していませんから、彼が「イリ」と関係の深い大王であった可能性が強まります。また「五十」を「イ」と読ませる例としては、

  五十猛神(イタケル、スサノオの子供)  姫蹈鞴五十鈴姫(ヒメタタライスズ、神武の妻)  

など既に神代に属する神々、しかもアマテラスではなくスサノオ系の神々を通して伝えられた呼称で、字面からは「多い」「強い」「豊か」などの概念を含んでいる事が想像されます。また、彼と后妃との間に生まれた子供たちに、

  豊城入彦命(トヨキイリヒコ)  十市瓊入姫命(トオチニイリヒメ)  渟名城入姫命(ヌナキイリヒメ)  八坂入彦命(ヤサカイリヒコ)

の名称が付与されていることからも彼・崇神が「イリ」の血統を継ぐ者であったことが分かります。更に「五十=イ」については、孝安紀二十六年春二月十四日条に、

  姪、押姫(オシヒメ)を立てて皇后とす。
  一に云はく、十市県主五十坂彦が娘、五十坂姫という。

とあることと「五十」の外国語音が「オシ」に酷似している点から「五十=オシ=押・忍」だとする説が一部の研究者から発表されていますが、押姫以外の人物名について同様の『読み替え』『文字の取替え』が行われていたという実例が示されている訳ではありません。三つ目の「二」については多くの学説通り「瓊=玉」であると見て良いと思います。つまり海神(豊玉彦)の娘であり、初代神武の母親でもある玉依姫の「玉=至宝」であり、同時に第二代綏靖(神渟名川耳、カムヌナカワミミ)と第三代安寧(磯城津彦玉手看、シキツヒコタマテミ)の名にも含まれる「ヌ」「タマ」そのものです。この貴種の証とも言うべき「イリ・イ」の名は当然、次代の垂仁帝にも引き継がれ、彼は「活目入彦五十狭茅、イクメイリヒコイサチ)と呼ばれたのですが、次の大王の代になって異変が起こります。それが冒頭で記した景行帝です。

彼は系譜上、垂仁帝と皇后・日葉酢媛(ヒバスヒメ)との間に生まれた嫡男ですから、その名には当然「イリ」或いは「イ」の文字が含まれているべきなのですが、何故か彼の名前は息子である成務(ワカタラシヒコ)に対応する形で「大足彦忍代別、オオタラシヒコオシロワケ」となっています。「タラシ」を一種の称号あるいは出自を示す名称であるとするなら、その使用例はスサノオ・オオクニヌシの子孫で、鳥鳴海神や国忍富神の後裔にあたる「遠津山岬多良斯神、トオツヤマサキタラシ」の神名にまで遡ることもできますが、大王の外戚に限定すれば先に見た第六代孝安の母親で尾張連の遠祖・オキツヨソの娘・世襲足媛(ヨソタラシ)が最も「古い」例で、その子供達には孝安(アメタラシヒコクニオシヒト)、天足国押人(アメタラシオシヒト)の様にタラシが含まれています。つまり母方の「名」の一部を称号の中に取り入れたものだと考えられる訳ですから、その推理をそのまま景行にあてはめるとすると、母の日葉酢媛に「別名」があったか、或いは母の名前が後世「替えられた」可能性があります。又、全く逆の発想で景行の名前そのものが何らかの理由で「変えられた」と見ることも出来ます。何故なら、大足彦の兄弟たちは誰一人として「タラシ」の名は負っておらず、むしろ五十瓊敷入彦皇子、稚城瓊入皇子、倭媛、大中姫といった極「当たり前」の名前が付けられているからです。

ここで憶測を逞しくするなら、垂仁が治世三十年の春、わざわざ五十瓊敷命(長男)と大足彦尊(次男)の二人だけを呼びつけ『汝等、各、情願しき物を言え』と問いかけ『弓矢を得んと欲う』と答えた長男には武器を与え、弟には「皇位」を与えた逸話の存在を軽く見るつもりは無いのですが、三十五年には遣わされた河内国で『高石池や茅渟池を造』り、三十九年の冬十月には、その茅渟の菟砥川上宮において、

  川上部とも裸伴(あかはだとも)と呼ばれる剣一千口を作り、石上神宮に蔵めた

五十瓊敷命が、その後『石上神宮の神宝を主らしむ』とあり、大王は彼に「楯部、倭文部、神弓削部、神矢作部、大穴磯部、玉作部、神刑部、日置部、太刀佩部」など十箇の品部を下賜したとの記述を素直に解釈すれば、五十瓊敷入彦(イニシキイリヒコ)という皇子が大王の許可のもとで武器製造及び武器庫管理権と祭祀権を持ち、裁判権をも有していたのですから、これは明らかに大王に準じる存在であったことは明白です。又、その名前に「イ・ニ・イリ」の全てが含まれている点を重視するなら、むしろ彼が本当の後継者だったと言うべきなのかも知れません。若しも、そうであるとするなら、「オオタラシヒコ」などと云う「一風変わった」名前に変えた理由が存在したはずです。それが何なのか、明答を示したいのですが、今現在、恐らくそれが応神及び継体の大王就任に関わっていたのではないか、という処までしか分かっていません。(管理人は大王たちの系譜が、後世、書き換えられたと見ているのですが、その証拠となるものを示すに至っていません)

石上神宮の拝殿   PR

渦中の人・景行の血統は@崇神・尾張ラインの八坂入媛の子供たち=成務帝(ワカタラシヒコ)、五百城入彦皇子とAヤマトタケル、仲哀帝(タラシナカツヒコ)の二つに大別されますが、成務は跡を継ぐべき男子に恵まれなかったため止むを得ず仲哀が王位に就き、彼と神功皇后(息長足媛)の子である応神が即位した、ことになっています。ところで、良く知られているように応神帝の名は「誉田別、品陀和気、ホムタワケ)です。これは、上で見てきた命名ルールに照らし合わせるまでもなく「可笑しな」名前としか言いようがありません。何故なら、彼の父が「タラシナカツヒコ」であり、母が「オキナガタラシヒメ」であったなら、その大切な只一人の遺児である応神には、是が非でも「タラシ」の称号が付与されているべきだからです。八世紀の成立とされる『住吉大社神代記』に神功皇后が住吉大神と「密事」があったと記述されている事を取り上げ、応神は皇后と神との間に生まれた大王であるといった「説」が流布されていますが、難しく考える必要は無く、応神という人は「神功皇后」と仲哀帝との間に出来た子供などではなかったと解釈すべきだと思います。

勿論「神功・仲哀」という名を贈られた人物が存在しなかったと言うのではなく、応神も誰かと誰かの子供であった事には変わりありません。そこで思い至るのが垂仁三年春三月に来訪した天日槍の存在です。日本書紀によれば「七物(或いは八物)」の神宝を大王に捧げた彼は、

  播磨国に到着した後、宇治川より遡り、北、近江国の吾名邑に入って暫く住み、また近江より若狭国を経て、西、但馬国に到りて居を定めた。
  近江国の鏡村の谷の陶人は、天日槍の従人である。彼は但馬国の出嶋(いずし)の人、太耳の娘・麻多烏を娶って但馬諸助を産んだ。
  諸助、但馬日楢杵を生む。日楢杵、清彦を生む。清彦、田道間守を生む

とあり、ここに出てくる清彦こそ息長足姫の母・葛城高額姫の祖父なのですから、息長氏の伝承に天日槍にまつわる逸話が含まれていて当然です。一方、父方である息長宿禰命の家系は、彦坐王を通じて開化帝につながる王族だとされてきましたが、息長宿禰命の父・迦邇米雷王(カニメイカヅチ)と良く似た名前の持ち主で天津彦根命系の山代国造不遅の娘・綺戸辺(カニハタトベ)に注目すべきかも知れません。息長一族とアマテラスの子孫とされる天津彦根命とは一見、何の接点も無いように見えますが、彦坐王の妃となって丹波道主王を生んだ女性の名は息長水依姫と言い、彼女と山代(背)国造家は天津彦根命の孫である意富伊我都命(オオイカツ)を共通の祖先としているのです。また、天津彦根命の子・天御影命は鍛冶神の天目一箇神と同神ともされる近江の三上祝家の先祖でもありますが、治世五十三年に至りヤマトタケルが平定した国々を巡る旅に出た景行帝は五十八年春二月「志賀(近江国)」に移り高穴穂宮に三年住んだ後他界し、次の成務帝も同宮で天下を治めたとある事が、大王たちと金属生産基地としての近江との繋がりを強く感じさせます。

景行帝の巡幸が、唯の感傷旅行であったかのような書紀の書きぶりは信用できませんが、崇神朝以来国内の平定に努めて来たヤマト王権の内部に何らかの異変が生じていた可能性があります。それは、

  @ イリ系であるべき景行の「名」が「タラシ」に変えられ、後継者たちにも「タラシ」の称号が付けられている
  A 景行政権の末期になってから諸国への巡幸が始まり、最終的には近江に遷都している(大王の移動が頻繁に行われていた可能性もある)
  B 成務帝は長期に亘って大王の位にあったにも関わらず、その業績は殆ど語られず正式に皇后も迎えていない
  C 成務の跡を継いだ仲哀帝が「神意」に逆らったことにより亡くなり、神功皇后が摂政となった(仲哀の遺児は「反乱」を起こした)

諸点から導き出された推論ですが、応神帝の即位という事実が在った時点で、それまでの大王や豪族たちの系譜等が書き換えられ、その応神を祖先に持つとされた継体帝が大王位に就いた後、再び書き加えなどが行われたと思われます。息長氏、つまり古代の大王たちの后妃の実家と丹波のつながりを更に深く研究すべきかも知れません。

 HOME    
     
 応神帝の頁   応神の父は稲背入彦命か   阿蘇ピンク石と茨田一族   吉備と応神と稲背入彦   肥の国と野洲と兵主神社   宇佐神宮と黄金伝説   スサノオ国譲り