PANTOMIME       富永太郎

 

 

うす暗い縁側の端で、

琥珀色した女の瞳が

光つた――夫に叛いた。

 

もうむかうへ向いた、

庭の樹立と遊んでゐる――

あの狡猾なまなざしは。

 

とり残された共犯者が

清潔な触手で追ひかける。

だがみんな滑つてしまつた、

女の冷たい角膜の上を。

 

夫の眼がやつと、鋭く、追ひかけた。

薄闇の中でカチカチとぶつかる

樹と 夕焼と 瞳と、

瞳と……瞳と……。

(註・この詩は中原中也の作品ではありません)
  トップページへもどる