三歳の記憶     中原中也                     「サイトの歩き方」も参照してください。

 

 

縁側に陽があたつてて、

樹脂が五彩に眠る時、

柿の木いつぽんある中庭は、

土は枇杷いろ 蝿が唸く。

 

稚厠の上に 抱へられていた、

すると尻から 回虫が下がつた。

その回虫が、稚厠の浅瀬で動くので

動くので、私は吃驚しちまつた。

 

あゝあ、ほんとに怖かつた

なんだか不思議に怖かつた、

それでわたしはひとしきり

ひと泣き泣いて やつたんだ。

 

あゝ、怖かつた怖かつた

――部屋の中は ひつそりしてゐて、

隣家は空に 舞い去つてゐた!

隣家は空に 舞い去つてゐた!



   中也    

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2016/11/7 19:00時点)


(このサイトのトップページや評論のページへ行きたい時は、下のリンクをクリックしてください)



 トップページへもどる  「生い立ち」のページに進む  「中原思郎さんの思い出」に進む