崇神天皇は孝霊帝の子供なのか?欠史八代」を推理する                 「サイトの歩き方」も参照してください。

古代史に関心を持ち、ある程度資料なども自分で調べ、それなりの知識を備えている人たちに『古代の大王で最も子孫の多いのは誰ですか?』と尋ねた時、咄嗟に景行帝と答える人は意外に多く居るかも知れません。何故なら、伝説の域を出ないものも含めてですが、彼の子供は「八十人」に及んだとされる程の子沢山の大王だったからです。しかし、九世紀になって編集された豪族の名鑑『新撰姓氏録』(815年)に採録された記述を根拠にするなら、歴代の大王の中で最も多くの氏族が祖先だとして上げた帝は孝元でした。姓氏録の完本は伝わっておらず、記録された氏族も一部(半分程度)に限られていますから、孝元の「108氏」を上回る子孫の数を誇った大王が別にいた可能性を排除することはできませんが、それでも全1,182氏の「ほぼ10%」という割合は他の帝たちと比較しても突出しています。この背景には全国で多くの一族が繁栄した物部氏の祖とされる人物の妹たちが、孝元に嫁いで多くの子女を儲けたことがありますが、何より有名なのは蘇我氏の祖・竹内宿禰自身が孝元の子(記、比古布都押之信命。書紀は孫と伝える)に位置付けられ、その他紀氏、巨勢氏、葛城氏、平群氏などの古代有力豪族も祖先を同じくしているという伝承を持っていることでしょう。また、稲荷山古墳出土の鉄剣銘から実在の可能性が濃くなった大彦命の子孫には安倍氏や膳氏も居り、孝元後裔を称する氏族は枚挙にいとまもありません。

 物部氏と帝室=古代豪族によって伝えられた系譜は当然、その豪族たちの主張を含んでいますから、全てを鵜呑みに信じることは危うさを伴います。しかし、伝えられた物の中に見える矛盾が却って当時の実情を示唆してくれる事もあります。特に研究者たちによって「欠史八代」などという有り難くない呼称で一括りにされている第二代~九代の大王の 一人でもある孝元の配偶者たちのうち二人が物部氏の女性であることや、その兄弟たちの活躍する時期などを勘案することで編集者の意図を探ることが出来ます。例えば竹内 宿禰の祖である彦太忍信命の母親は伊香色謎命ですが、彼女の兄・伊香色男命は崇神朝に「神班扱者」に任じられており河内青玉繁の娘・埴安媛が産んだ武埴安彦命は妻と 共に「崇神10年」に謀反を起こしています。伊香色謎命が孝元の子・開化帝に再び嫁ぎ、生まれたのが崇神であるという系図の信憑性が疑われても仕方ありません。崇神帝を 初代の大王だと考える研究家は多いようですが、系譜に疑義が生じているだけで特定の大王たちの存在を全て否定することが「科学的」であるとも思いません。ある人物が突然 この世に誕生するはずはありませんから、残された手掛かりを基に想像力を働かせて、大王たちの出自を推理すべきです。歴史文書を後になって「誰か」のために書き直そうと する時、必ず本来その場にいない者を登場させたり、或いは逆に居るべき人物を別の人格に変身させたりするものだという点に十分留意しながら…。

記紀などが後世に伝えた逸話からは絶頂期の蘇我氏には、時の大王をも凌ぐほどの権勢があり、民衆も皆その存在を畏怖した様子が窺えますが、それだけ無類無比の立場にあったのであれば、どうして「第八代」などと云う中途半端な大王に自らの出自を求めたのか?「聖徳」太子と共に「国記」などを編纂する国家の最中枢に位置していた彼等であれば、どのようにでも自在に己の祖先の独自性と希少性を強調する系譜作りが出来たはずなのに…等と思うのは青史などとは縁の無い庶民の僻目なのかも知れません、それはさておき。淡海三船が大日本根子彦国牽尊(オオヤマトネコヒコクニクル)に「孝元」という漢風の諡号を贈ったからには、後の代から見て彼には「元=源」と称するに相応しい神武直系大王の一人であったと云う認識、評価があったのでしょう。だからこそ有力な豪族諸家がこぞって孝元の後裔に自らを位置付ける伝承を守り続けたのだと考えるべきなのかも知れません。そして、孝元の后妃を巡る記述内容に多くの疑問符が投げかけられるのも又、彼自身および子弟を含めた系譜全体が後から度々修正された故であり、その意味で「孝元」前後の帝室系譜および婚姻関係にあった物部氏などの諸氏の系図の全てが「取扱い注意」の範疇に属していると見て推理を進めてゆくべきだと思います。

「孝元陵」古墳  剱池   軽境原宮跡

崇神天皇陵古墳   PR

オオクニヌシという神様についてスサノオの娘婿であり、かつ五世六世の孫でもある等と摩訶不思議な系図を示して人間どもを煙に巻く記紀神話から見れば、大王や王子たちが一見奇妙な異世代間の婚姻を結んでいても余り気にする程の事でもないと云うのが素朴な実感なのですが、垂仁皇子の名前を巡る一つの想像が今回の記事の発端になりました。第十一代垂仁には十一人の皇子があり、その内の一人が五十瓊敷入彦命(印色入日子命、イニシキイリヒコ)の名前で記紀に登場します。彼は「後の皇后、日葉酢媛」が初めに産んだ男の子で武器の生産や祭祀の管理を任されたり、灌漑用池を幾つも河内に築造するなどヤマト初期政権の発展に寄与したとされる人物なのですが、その没年は不明で後裔を名乗る氏族もありません。業績だけを見れば他の大王と比較しても決してひけは取らないにも関わらず、その実体となるとまるで影法師のように捉えようがありません。そこで注目したのが彼の名前でした。父親の活目入彦五十狭茅尊(イクメイリヒコイサチ)と比較してみると確かに「イリヒコ」と「五十(イ)」の文言が含まれているので「実の親子」の関係に見えるのですが、祖父とされる崇神の名前・御間城入彦五十瓊殖尊(ミマキイリヒコイニエ)には皇子の名前に含まれる「五十瓊(イニ、立派な玉)」がそのまま入っています。そして何度もサイトの中で書いてきたように、この「瓊(たま)」の一文字はアマテラスの直系である瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の正統を象徴した特別な言葉なのです。(有名なアマテラスとスサノオの誓約の場面で、天照大神が身につけていた飾りを『八坂の五百箇の御統』と表現しており、天忍穂耳尊五兄弟はこの御統(みすまる)から誕生しています)

同じ推論を崇神にも当てはめることが出来ます。記紀などは開化帝と伊香色謎命の子供がミマキイリヒコだとする系譜を掲げていますが「孝元--開化」と続く二代の大王たちの名前は、それぞれ「オオヤマトネコヒコクニクル」「ワカヤマトネコオオビビ」ですから「ヤマトネコ(倭の初源的な支配者)」の文言による繋がりを注視すれば、この二人の大王たちに親子の関係があったと考えることは可能ですが、肝心の一文字が何処にも見当たりません。実は崇神以前の大王で「瓊」の字を持った者はたった一人しかいないのです、それが第七代孝霊帝その人です。彼の名前は「大日本根子太瓊尊」(オオヤマトネコフトニ)といい「太瓊」は「大きくて立派な玉」ですから「五十瓊」と全く同じ意味合いの言葉であることが分かります。そして、崇神は神々の祭祀問題で悩んだ末、神浅茅原で占いを行いますが、その折神がかりして大物主の神託を伝えた倭迹迹日百襲姫命は彼の娘なのです。三代前の大王の娘が当代の御代に生きていた確率がゼロだとは言いませんが、少なくとも崇神と姫が同じ時空間で生活していたとする伝承を重くみるのであれば、二人の「親」も同世代だったと考えるのが自然です。これらの事柄を総合してゆけば①崇神の父親に相応しいのは第七代孝霊帝である、②孝霊と孝元の二人は、何れも諡号にオオヤマトネコを含み、開化がワカヤマトネコの称号を持っているので、孝霊と孝元は同世代である可能性が強い(少なくとも親子ではない)、③倭迹迹日百襲姫命も①から類推して崇神と同じ世代に存在したと考えられる等の推論が得られます。

孝霊帝は古代史関連の資料でも吉備氏の祖として取り上げられる程度で、余り知名度の高い大王ではありませんが、彼が都(住居)を置いたとされる黒田廬戸宮は現在の奈良県田原本町黒田周辺とされ、鏡作神社が集まっている地域に近接した土地です(鏡作伊多神社のある保津までの距離は約1.5㎞)。また、弥生時代を代表する鍵唐古遺跡も東約2.5㎞ほどの位置にありますから、山間部で勢力を培っていた帝室が大和平野部への進出拠点とするのに適した場所だったようです。「瓊=玉」を手掛かりに、もう少し系譜が遡れるか試みてみましょう。孝霊の父親とされる第六代孝安には「日本足彦国押人尊(ヤマトタラシヒコクニオシヒト)」の尊称が与えられていますが、その名称は母親とされる世襲足媛(ヨソタラシヒメ、尾張氏の祖、瀛津世襲の娘)から「タラシ」の称号を受け継いでいるものの、全体として抽象的で個人の名前らしからぬ印象を強く与えます。また、この大王は「兄の娘」つまり姪にあたる押媛とだけ結ばれて孝霊独りのみを儲けたとされていますが、新撰姓氏録は後裔氏族が全くいなかった様に伝えています(孝安の后については異伝が二つあり、その何れもが事代主命の後裔です)。天孫瓊瓊杵尊の直系を称する大王の「父親」としてだけ存在しているかのような影の薄い孝安帝ではなく、その先代に位置付けられている第五代孝昭(観松彦香殖稲尊、ミマツヒコカエシネ)か或いは更に、その前第四代懿徳(大日本彦耜友尊、オオヤマトヒコスキトモ)こそが孝霊の実父ではないかと思われるのですが、その場合「オオヤマト」の言葉を冠している懿徳帝が候補者としてより可能性が高いようにも感じます。ただ、この二人とも諡に「瓊」の一字を含んでいませんので、今までの「瓊玉理論」から逸脱してしまうことになります。

鏡作伊多神社  孝霊神社(黒田)  長公系譜より

ところで崇神帝の名前には、もう一つ帝室譜を探るのに適したヒントが隠されています。それが「御間城、ミマキ」という文言に他なりません。また、彼の配偶者の一人が孝元の息子・大彦命の娘の御間城姫(ミマキヒメ、記は御真津姫とする)であり、更には崇神本人の妹が御真津姫(ミマツヒメ、母親は伊香色謎命)であることから、孝昭帝の諡「観松彦(ミマツヒコ)」との類似が重要性を増してきます。一方、天孫系ではありませんが、彼らに国を譲り渡した側つまり「大物主命--事代主命」の系統に属する長公(ながのきみ)の系図(上右の画像参照)に現れる「観松彦命(ミマツヒコ)」という祖先名や「先代旧事本紀」国造本記に記録された「観松彦色止命」の名前から、

  神武帝がヤマトに入った後に従わせたとする「ニギハヤヒ・長脛彦」たちが治めていた部族国家の首長を「観松彦」と呼んで崇めていたのではないか

と想像することが出来ます。そして「御間城姫」「御真津姫」二人の母方が何れも物部氏の本流である欝色謎命と伊香色謎命であることは「観松」という尊称が必ずしも大物主命の三輪系統一族だけに限られたものではなく、ニギハヤヒを生んだ天孫族の一派(天津彦根命の子孫など)でも共有されていたのだと思われるのです。従がって、崇神帝の名前も本来は「ミマキイリヒコイニエ」ではなく「ミマツイリヒコイニエ」であって、彼の父・孝霊帝の先代は「ミマツヒコ」の言葉を含む第五代孝昭であったと考えられます。「欠史八代」も残りわずかに三代を残すだけとなりました。その中でも最も難問に思えるのが第四代懿徳帝の解釈です。伝えられる彼の名前は大日本彦耜友尊(オオヤマトヒコスキトモ)と言い、上で見てきた二つの「理論」は通用しません。また、古事記が書き残した享年が僅か「45歳」で他の大王たちとの格差が大きすぎるのも否定的材料の一つと言えます。更に孝安と同様、自身の兄弟の娘(天豊津媛命)と結ばれたとする婚姻形態にも潤色の疑いが残るのですが、書記が伝えた「一書」の、

  一に云わく。(皇后は)磯城縣主葉江が男弟、猪手が娘、泉媛という。一に云わく、磯城縣主太真稚彦が娘、飯日媛という。

伝承を参考にすると、初期王権と倭三輪の旧支配層であった磯城縣主(師木、志貴も同じ)一族との深いつながりが垣間見え「スキトモ」という諡も三輪を代表する「味耜高彦根命」の「スキ」を意識した命名であったと想像することが出来そうです(「耜」の表記からスキと呼んでいますが、発足当初のヤマト朝と三輪の豪族との密度の濃い関係を思えば、本来は「磯城=シキ」であったのかも知れません)古事記は何故か、天若日子の葬儀の場面でだけ『阿遅志貴高日子根神』という表記を行っています。「瓊玉理論」を学んだ読者の皆さんの眼には、次の歌がどのように映ることでしょう。

  天なるや 弟棚機の 項がせる 玉の御統(みすまる) 御統に 穴玉はや み谷 二渡らす 阿遅志貴高日子根の神ぞ

天若日子の妻である高比売命が、迦毛大御神とも尊称される「アジシキタカヒコネ」が「一つの緒に貫いて拵えた見事な玉の首飾り」を頸にかけ、二つの谷に跨る広大な土地を明るく照らしている(支配している)と最大級の賛辞で兄を称えた「夷振」の歌は、正に彼こそ「天照らす大神」の原形だったことを伝えています。その大神と天若日子は「容姿、甚能く相似」ていたと謂うのですから、古事記の編集者は二柱の神々がいずれも「玉飾り」を帯びたヤマト本来の大王だったと強調したかったのに違いありません。「磯城」「スキ」に就いての推理は懿徳の父、第三代安寧帝の諡が「磯城津彦玉手看尊」(シキツヒコタマテミ)であることも有力な補強材料になるでしょう。彼の「シキツヒコ」は明らかに母親の五十鈴依媛命(一書云う、磯城縣主の娘、川派媛)の血筋を示すもので「玉」は「瓊」そのものを表し「看(み)」は「見る」すなわち「観る」ですから「観松彦」の尊称を略した一字に他なりません。(「御統(みすまる)」は難読漢字の代表格ですが、これが『すばる』『すべる』に変化し、更には『すべらみこと=すめらみこと』へと昇華したのかも知れません)さて、残すところ後一人です。

鍵唐古遺跡  ヒスイ  国造本紀   

第二代綏靖帝の後裔を名乗る氏族は存在していません。古事記は日子八耳命を、神武の三人の男子の一人としているのに書紀は名前すら載せておらず「新撰姓氏録」と阿蘇氏の系譜のみが「神八井耳命の子」つまり神武の孫であるという情報を伝えています。また、これまでにも屡見られた「姨(おば)=母親の姉妹」との異世代婚によって次の大王を儲けています。結論から先に述べると神渟名川耳尊は名とは裏腹に、極めて存在感の薄い大王だと考えられます。日本書紀の綏靖前紀は次のような文章から始まります。

  山陵の事終わるに至りて、すなわち弓削稚彦をして弓を造らしめ、倭鍛部天津真浦をして真麛の鏃を造らしめ、矢部をして箭を作がしむ。

古事記を改めて読み返すまでもなく、倭鍛冶の天津真浦とはアマテラスが「天の岩屋戸」に隠れた折に天上の神々が態々呼び寄せた「鍛人(かぬち)」天津麻羅の別名(この場合は子孫と見るべきか?)ですから、神武没後わずか三年で「多芸志耳命」の反乱一大事に遭遇した天孫一家は、天津彦根命の後裔たちでもある武器製造集団(物部)の総力を結集して対応に追われます。神渟名川耳の武勇によって皇統は守られ、兄の神八井耳命は弟を補佐して「神祇を奉典」る「忌人」となりますが、この兄の子孫が多臣などの始祖だと云う訳です。その他に業績は何も記されていません。更に古事記は書紀が伝えない日子(彦)八井耳命の子孫が茨田連であるとも記しています。ここで、次の詔を発した大王の名が即答できる方は古代史通と言えるでしょう。

  食は天下の本なり。黄金満貫ありとも、飢をいやすべからず。白玉千箱ありとも、何ぞ能く冷を救わん。それ筑紫国は、遐く近く詣で届る所、去来の関門にする所なり。(中略)
  胎中之帝より、朕が身に泊るまでに、穀稼を収蔵めて、儲粮を蓄へ積みたり。遥かに凶年に設け、厚く良客を饗す。国を安みする方、更に此れに過ぐるはなし。
  故、朕、阿蘇の君を遣わして、また、河内国の茨田郡の屯倉の穀を運ばしむ。(後略)

随分と前に読まれたかも知れない継体大王に関連したページの記事を思い出される方もあるでしょう。これは宣化帝が即位の年の五月に出した詔勅とされている文言の一部です。大王自ら認めているように彼は『胎中之帝』つまり応神の子孫である継体帝の息子であり、その父親が妃に迎えた女性の一人が茨田連小望の娘・関姫でした。また、継体にとって最大の政治課題が九州の雄・磐井を支配下に収める事にありました。帝室と阿蘇氏が直接婚姻を結んだという伝承はありませんが、磐井の「乱」において重要な役割を果たしたであろう阿蘇氏が朝廷から特別な信任を得ていた可能性は十分あると思います。火君、大分君、筑紫三家連など北部九州を地盤とする豪族が阿蘇氏と同様、神八井耳命を祖先に持っているのも継体一族の御家「事情」を反映した系譜作りの結果だと見て良く、茨田連の祖であるとする彦八井耳命(の加筆架上)はその典型と判断して差し支えないでしょう。多氏については、その本拠地が田原本町多で、鏡作たちの郷や鍵唐古遺跡とはやや離れてはいますが、孝霊帝の黒田宮とも直線距離にして3.5㎞ほどの場所なので、生まれたばかりのヤマト政権(と云うより神武家)と親しい関係にあったことは確かなようです。多坐彌志理都比古神社が氏神を祀る社ですが、その名称に含まれている「彌(み)」が一般に言われている様に「水(み)」を表したものであるのなら、祖神の「神八井」の「井=井戸(水)」と通じるものが感じられ、帝室が祀る水の神「生井」「福井」「綱長井」の御井とも根っこの部分でつながっているように見えます。

神武・綏靖天皇陵の古図  安寧・懿徳天皇陵の古図

ここまでに見てきた「瓊」「観松」理論をまとめてみると、五十瓊敷入彦命から初代神武までの想定家系図は次のような形になります(ここで、直系ではないと推測された大王たちが全て架空の存在であったとは思いません。恐らく傍系の近親者、兄弟たちが系譜作りに総動員された結果だろうと考えています。ただ「○○」という名前で登場している大王でも、複数の存在を合成加工したものであったり、或いは別の人格に移殖変身されたりしている可能性は十分残されていると言えるでしょう。また丸数字は大王の即位順を示したものではなく、世代数を表したものです。従って、神武から見て五十瓊敷入彦命は『六世代』離れた子孫に当るという意味です。一世代を二十年とすれば百二十年、二十五年とすれば百五十年の時間差になるでしょう。崇神の時代を西暦300年前後と推定するなら神武のヤマト入りは西暦180~150年頃という事になります)

  ⑦五十瓊敷入彦命--⑥崇神--(開化、孝元)--⑤孝霊--(孝安)--④孝昭--③懿徳--②安寧--(綏靖)--①神武

 TOP    
     
 人気のページ   お地蔵さまの正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   オオクニヌシは天目一箇命か   邪馬台国と卑弥呼