スサノオと(みそぎ)について                                       「サイトの歩き方」も参照してください。

スサノオは不思議な神様です。彼は父親の伊邪那岐(イザナギ)が妻の伊邪那美(イザナミ)と会うため黄泉の国を訪れた後、黄泉比良坂を越えやっとの思いで筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原に辿りつき「禊ぎ」を行った時、最後に生まれた男の子でした。尊い三柱の子供を「生みの終」に得たイザナギは大変喜び天照大御神には「高天原を知らせ」、月読命には「夜の食国を知らせ」、建速須佐之男命には「海原を知らせ」とそれぞれの役割を示して委任したのですが、スサノオだけは命じられた国を治めないで『八拳須心(やつかひげむね)の前に至るまで』激しく泣くばかりでした。その凄まじい泣き声は青山を枯らし河海を乾し上げる有様で「萬の物の災い」が起き始めたため、たまりかねた父神が理由を尋ねるとスサノオは『僕は母の根の堅州国に罷らんと欲す』と答えました。これを聞いたイザナギは大いに怒り『お前はもう、ここに住んではならない』と追放してしまったのです。居所を失った彼は『そうだ、天照大御神に挨拶だけしておこう』と思い立ち、天上界を目指しますが「山川悉く動み」「国土皆震えた」ため大神は驚き、スサノオには「我が国を奪おう」という良くない心があるに違いないと早合点し、男装した上に軍装し迎え撃つ態勢を整えました。

「邪心など、欠片も無い」と応じたスサノオとアマテラスの二柱は、十拳剣と八尺の勾玉をお互いに交換して「宇気比(ウケイ)」を行い、五柱の男子と三柱の女子が生まれます。「うけい」とは予め未来に生じる「結果」を決めた上で行う「誓約」の事なのですが、記ではスサノオが「自分が女子を得たのだから勝った(つまり邪心は無かった)」と宣言しているのに対し、日本書紀では『若し吾が所生めらん、これ女ならば、濁き心有りと以為せ』(神代上、第六段本文)と真逆の発言が記録されています。記述混乱の原因が何だったのか良く分かりませんが、古事記では「うけい」の前提そのものが示されていないので、厳密に言えばどちらが勝ったとも言えないようにも見えます。ただ、書紀の編集者としては「皇祖アマテラス」の子供に正勝吾勝勝速日天忍穂耳尊(瓊瓊杵尊の父親)を始めとする五人の「男子」が生まれなければ、その先の筋書きが一切組み立てられませんから、何が何でもスサノオを「悪役」に仕立て上げなければならなかったのでしょう、それはさておき。暇乞いの挨拶に訪れたはずのスサノオは「勝者」として高天原で好き放題の大暴れ、思いつく限りの「悪い行い(天津罪)」を繰り返し、最後にはアマテラスが機織りをしている忌服屋に馬を投げ入れ、驚いた機織女が亡くなる惨状を呈したのです。そして天の岩屋戸隠れの場面となるのですが、今回の主題とは直接関係しないので、はしょります。

八百万の神々は協議して、スサノオに「千位の置戸(夥しい購い物)」を科して、自らの罪を償わせた上で高天の原から追放しました。本居宣長も『古事記伝』の中で「祓いには二種類ある。一つは伊邪那岐大神の阿波岐原の禊ぎのような形である。もう一つはここに出た解除(はらえ)の形である。これは罪を犯した者に科すもので、対価・祓具(はらえつもの)と言う」と解説していますが、古代から犯した罪の大きさにより、その罪科の軽重も共同体の総意として遵守されていたのだと思われます。正に「悪の権化」とでも言えそうな不名誉な烙印を押され、神々の世界から追い払われたスサノオが辿りついたのは「出雲国の肥の河上」鳥髪という名の土地でした。記はイザナミは「出雲国と伯伎国との堺の比婆の山」に葬られたと火神被殺の段に記述していますから、亡き母の終焉の地に行きたいと切望していた彼にとって出雲国は、是非とも最初に訪れなければならない因縁の土地だったのでしょう(但し、書紀は紀伊国熊野の有馬村に葬られたと記録しています)。

ヤマタノオロチ退治  須佐神社(島根)  スサノオ

大祓詞後釈  「六月の晦の大祓」  「神道五部書」

スサノオは本当に不思議な神様です。天高原では数えきれない程の「罪」を犯し、あらゆる持ち物を祓具として差し出し這う這うの体で追い払われた嫌われ者の彼が、出雲国に降り立った途端、他者のために身の危険をも顧みず、勇気を奮い起こしてヤマタノオロチと対決する若き英雄として櫛名田姫の前に出現するのですから…。計略を用いて八俣遠呂智を退治したスサノオはオロチの尾の中から「異(あや)しい」太刀を見つけます、それが有名な草那芸の太刀と呼ばれる神器です。この神剣は発見の直後アマテラスに献上されますが、大蛇を斬った彼の剣「大蛇之麁正(オロチノアラマサ、又名・天羽羽斬之剣)」は後に石上神宮に納められ同社の神宝の一つになっています。約束を果たしたスサノオは目出度く櫛名田姫と結ばれ須賀の地で宮を作り、新たな生活を始めます。良く旅番組などでのナレーションで流される『八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作る その八重垣を』という歌は新居が出来たときの喜びを素直に表現した一首だとされています。

さて今回の主題は「禊ぎ」「祓」というものですが、天上界で犯した罪による穢れも正しく解除(祓、はらえ)を行うことによって清浄さを取り戻せるのですから、人々が生活の中で知らず知らずの内に身に纏った「汚れ」「良くない諸々の事柄、災禍」も、当然「祓」の儀式を正しく行うことによって「取り払われる」ものだと考えられていた訳です。神職が神様の前で読み上げる祝詞(のりと)は、その一典型だと言えますが『六月の晦の大祓』には次のような文言が連ねられています。

  かく聞し召しては皇御孫の命の朝廷を始めて、天の下四方の国には、罪という罪はあらじと、科戸の風の天の八重垣を吹き放つ事のごとく、朝の御霧・夕べの御霧を
  朝風・夕風の御霧の吹き掃う事のごとく、大津辺に居る大船を、舳解き放ち・艫解き放ちて、大海の原に押し放つ事のごとく、彼方の繁木がもとを、焼鎌の敏鎌もちて、
  うち掃う事のごとく、遺る罪はあらじと祓えたまい清めたまう事を、高山・短山の末より、さくなだりに落ちたぎつ速川の瀬に坐す瀬織津姫という神、大海の原に持ち出でなん。

夏越の祓、茅の輪くぐりは民間で行われる行事としても定着していますが、もともとは朝廷が国と国民全体のために行った「祓」儀式が原点だったようです。ところで、この「祓」にある『遺る罪はあらじと祓えたまい清めたまう』比類のない能力を秘めた水の女神・瀬織津姫は何故か記紀に一切登場しません。古代祭祀の中でも取り分け重要な地位を占めている神様への言及が為されない事は極めて不自然で、神話を含め記紀の編纂に当って記述を認めない力が作用した可能性がありそうです。古事記について長年研究した宣長は瀬織津姫について『倭姫命世記』(『神道五部書』の一部)にある、

  荒祭の宮一座、皇大神の荒魂、伊弉那岐大神の生んだ神で、名は八十枉津日の神。一名瀬織津比盗_これなり。 御形鏡座

の文言を拠り所として、瀬織津姫はスサノオが黄泉の国から戻った際に行った「禊ぎ」で最初に生れ出た「八十禍津日神(ヤソマガツヒ)」と同神とする解釈を行っていますが、その根拠とされた資料の作成された時期が十三世紀後半であることに一抹の不安を感じないでもありません。しかし「あらゆる禍の元」であったスサノオの対極にある瀬織津姫もまた「八十禍津=全ての禍」を掌る神様の和魂であるという考え方には魅力を感じます。スサノオは「最後」に生まれた子供でしたが、その位置付も「最初」に生まれた八十禍津日神と対照させている様にも見えます。

 TOP    

HG 1/144 GNX-U02X マスラオ (機動戦士ガンダム00)

新品価格
¥1,190から
(2017/1/27 10:21時点)

     
 人気のページ   オオクニヌシは居なかった   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   石川五右衛門の仲間たち   お地蔵様の正体を探る   卑弥呼と邪馬台国