高倉下と神武天皇そして物部氏             「サイトの歩き方」も参照してください。

神武天皇は初め瀬戸内海を東へ進み,、波速の渡りを経て河内湖に入り、そのまま河内国草香邑白肩の津に船団をすべり込ませた後、軍備を整え更に畿内の中心部へと進もうとしたのですが、その日下には登美毘古に率いられた精強な軍団が待ち受けており、兄の五瀬命は敵の放った矢が手に中り負傷してしまいます。『日の御子である者が、日に向かって戦うのは良くない』と気づいた神武帝たちは一端軍を引き、南側に回り込み紀の国の港を目指します。敗戦の痛手から立ち上がる暇もなく五瀬命が男の水門で亡くなり、すっかり意気消沈した神武天皇は、それでも気力を奮い起こし自ら陣頭に立って熊野に到ったのですが、ここで地神の化身した「大熊」に遭遇し、急に激しい疲れが襲い掛かり昏倒するように眠りこけてしまいます。この時、何処からともなく一人の男が現れ、神武の前に捧げものを差し出しました。古事記は、その模様を次のように記しています。

  この時、熊野の高倉下(これは人の名)一ふりの横刀を持ちて、天つ神の御子の伏したまえる地に到りて奉りし時、天つ神の御子、即ち寤め起きて

精気を取り戻し目覚めた神武帝が「横刀(たち)」を得た所以を彼に問うと、およそ次のような答えが返ってきました。

  私が見た夢の中で天照大神、高木神二柱が建御雷神を召され、葦原中国が今、大変騒がしい状況になっており、私の御子も病みなやんでいると聞く。
  その葦原中国は貴方が言向けた(平定した)国だから、再度、神降って平穏を取り戻してはどうか、とお尋ねになりましたが、
  建御雷神は『私が降らなくても、あの国を平定した横刀さえ御子の手元に届ければ状況は一変するでしょう』『高倉下の倉に刀を落としいれることにします』と答えられたのです。
  「夢の教えのままに、朝、私の倉の中を確かめると、この横刀がありましたので」急ぎお持ちしました、と。

古事記は、ここで手渡された太刀について『この刀の名は、佐士布都神といい、またの名は甕布都神といい、またの名は布都御魂という。この刀は石上神宮に坐す』と註文を書き加えて説明していますが『先代旧事本紀』の天孫本紀などは、これより後、物部氏の遠祖とされる宇摩志麻治命が、難敵の長髄彦を排除して帰順した「大勲」を殊の外嘉した神武天皇が授けた神剣が布都主神魂刀(また名、佐士布都。また名、建布都。また名、豊布都神)であると記述している通り、物部氏が家宝・神宝として伝えた剣に他なりません。つまり熊野の地において皇軍=神武の大和入りを実現させた「物部の功績」を称える伝承が筆意の核になっているべき重要な場面のはずなのですが、神剣を齎した人物について天孫本紀は不思議な系譜と共に高倉下(タカクラジ)を同族他氏の先祖だと主張しています。それが次の系図です。

  天照大神ーー天忍穂耳尊ーー天照国照彦火明櫛玉饒速日尊ーー天香語山命(高倉下)ーー天忍人命ーー天戸目命ーー建斗米命………乎止与   尾張国造の祖

天香語山命  高倉下  神倉神社

古代の銅剣 

古代氏族の系譜には不案内な方が多いと思われますが、物部氏は自家の遠祖を「アマテラス大神の孫」であるニギハヤヒだとしてきました。そして天忍穂耳尊の子供で「実の兄弟」にあたる瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が帝室の祖神だという訳です。ところが、天孫本紀は尾張氏もその聖なる血脈を同等に受け継ぐ氏族であると公言している訳です。そして更に注目すべき点は国史である日本書紀にも下記のような記事が載録されている事実です。

  火闌降命と号く。これ隼人等が始祖なり。次に生り出ずる児を彦火火出見尊と号く。次に生り出ずる児を火明命と号く。尾張連等が始祖なり。(神代下、第九段)
  一書に曰く(中略) その天火明命の児、天香山は、これ尾張連等が遠祖なり。

つまり物部氏が唱える尾張氏との同祖「説」を八世紀初頭ころの大和朝廷が認めていたと考えられる訳ですが、書記に先駆けて編まれたと見られる古事記には同様の記述が全く見当たりません。とは云うものの確かに同書も考昭天皇条において、

  この天皇、尾張連の祖、奥津余曾(瀛津世襲)の、名は余曾多本毘売命(世襲足媛)を娶して生みませる御子、天押帯日子命、次に大倭帯日子国押人命(孝安天皇)。

と伝えてはいるのですが、孝安帝の長子であるとする天押帯日子命の後裔とされる十六氏の中には肝心の尾張連の名前は含まれていません(春日臣、小野臣、柿本臣などが、この命の子孫だと称している)。また、孝元天皇条においても『尾張連等の祖、意富那毘の、葛城之高千那毘売を娶して生める子、味師内宿禰』の一文が認められますから、揺籃期の大和朝廷において尾張連家の娘たちが帝室に嫁ぎ、大変親密な外戚関係を結んでいた可能性を窺うことは出来ます。ただ、その尾張氏と「同族」なのが住吉神社の社家を務める津守氏だと言われていますが、良く知られているように同社の主祭神は「表筒男命・中筒男命・底筒男命」三神であり、これらは「海」や「水」の神様(ワタツミ)であって、帝室が祀る神々とは本質的に異なるものであることは明らかです。天武・持統両朝は中央集権を確実なものにするため「聖なる血統」を重要視した施策を進めていたはずで、尾張氏が系譜の改編を認められたのには相応の理由があったと考えるしかありません。その一つが「壬申の乱(672年)」での対応に求められそうです。

吉野への行幸から帰ったばかりの持統天皇は、十年(696年)三月八日、尾張宿禰大隅に直広肆の位を授け、あわせて「水田四十町」を下賜しています。更に、ほぼ十年後の霊亀二年(716年)には大隅の児・稲置にも功田が下賜されており、朝廷は孝謙帝の治世下で行った「功田」の等級見直しの際に、大隅の壬申の乱時における功を、

  天智天皇の崩御の後、密かに関東に出て、兵を起こされた天武天皇の先払いとなり、私邸を祓い清めて行宮とし、軍資をお助けした功績は「上功」に値する

ものであると評価、大隅への功田は「三代の後まで相続させる」旨を決定しています。時代が少し遡りますが息長氏=応神天皇の血脈を受け継いだ継体天皇が、まだ大和朝廷の大王位に就く前に迎えていた尾張連草香の娘・目子媛の存在も無視できないと思います。何故なら、二人の間に生まれた男の子が、後の安閑天皇と宣化天皇として皇統を引き継ぎ、欽明朝の基礎固めの役割を果たしており、継体帝の誕生時にも尾張氏が何らかの具体的な支援を惜しまなかったと推測されるからです。三つ目の理由が熱田神宮の神宝に関わるものです。事件の内容は詳しく伝わっていませんが天智七年に沙門(僧侶)道行という者が熱田神宮に忍び込み、三種の神器の一つである草薙剣を盗み出しました。幸いな事に海路逃亡中に時化に遭遇し近くの沿岸に漂着、神器は無事取り戻され以降、宮中内に保管されていたのですが、天武の体調が優れなくなった朱鳥元年六月、占った結果「病は草薙剣の祟り」そのものが原因だと分かり「即日」熱田社に送り返されたと日本書紀が記録しています。帝室の宝物が天皇に「祟る」というのも不思議な話ですが、想像をたくましくすれば天武帝の「病」を口実に、神剣を熱田側に返還させようとした知恵者が朝廷内で暗躍したのかも知れません。

日本書紀はこの年九月に亡くなった天武天皇の殯(もがり)において「第一に大海(凡海)宿禰麁蒲が、壬生の誅」を奉ったと記し、同月二十八日には直広参・石上朝臣麻呂が、法官の事をしのび奉ったとも記録しています。天武帝が「大海人皇子」と呼ばれていたのは、その養育係を大海氏が務めていたからに他なりません。そして大海氏は海神(ワタツミ)を信奉する安曇一族の雄であり、かつ尾張氏の同族でもあるのです。左大臣・石上麻呂は西暦717年まで朝廷内で一定の存在感を示し続けました。その影響力は藤原氏には到底及ばなかったものの書記編纂にあたって「伝承」の一部を修正させるだけの実力は保持していたと見るべきでしょう。尚、余談になりますが紀州の新宮市に神倉神社という社があり、高倉下命を祭神として祀っています。ただし、尾張氏とのつながりは無さそうです。天武三年八月三日、帝は忍壁皇子を石上神宮に遣わし、膏油をもって神宝を瑩かしめ、その同じ日『元来、諸家の神府に貯める宝物を今、みな、その子孫に還せ』と命じています。皇子が壬申の乱では吉野から天皇に付き従い、天武十年三月には「帝紀および上古諸事の記定」事業にも参画しています。書紀の「正史」に恣意的な修飾を加えさせた背景には、天武自身の尾張氏に対する深い思い入が存在していたのかも知れません。彼の諡号は天渟中原瀛真人天皇でした。そして「瀛」は大海を意味する漢字なのです。

 TOP  
   
 人気のページ   オオクニヌシは居なかった   石川五右衛門の仲間たち   お地蔵様の正体をさぐる   邪馬台国と卑弥呼   出雲の阿国は歌舞伎の元祖