中原中也                 「サイトの歩き方」も参照してください。

 

 

渋つた仄暗い池の面で、

寄り合つた蓮の葉が揺れる。

蓮の葉は、図太いので

こそこそとしか音をたてない。

 

音をたてると私の心が揺れる、

目が薄明るい地平線を逐ふ……

黒々と山がのぞきかかるばつかりだ

――失はれたものはかえつて来ない。

 

なにが悲しいたつてこれほど悲しいことはない

草の根の匂ひが静かに鼻にくる、

畑の土が石といつしよに私を見てゐる。

 

――竟に私は耕やさうとは思はない!

ぢいつと茫然黄昏の中に立つて、

なんだか父親の映像が気になりだすと一歩仁保歩みだすばかりです


  中也   

中原中也全詩集 (角川ソフィア文庫 360)

新品価格
¥1,469から
(2016/11/7 09:45時点)


 中也   PR
(このサイトのトップページや最新のページへ行きたい時は、左下のリンクをクリックしてください)

  トップページへもどる  中原思郎さんの思い出に進む PR 「専門書アカデミー」