手          富永太郎

 

 

おまへの手はもの悲しい、

酒びたしのテーヘブルの上に。

おまへの手は息づいてゐる、

たつた一つ、私の前に。

おまへの手を風がわたる、

枝の青蟲を葺くうに。

私は疲れた、靴は破れた。

(註・この詩は中原中也の作品ではありません)
 トップページへもどる