月の光 その一     中原中也                                               「サイトの歩き方」も参照してください。

 

 

月の光が照つてゐた

月の光が照つてゐた

 

   お庭の隅の草叢に

   隠れてゐるのは死んだ児だ

 

月の光が照つてゐた

月の光が照つてゐた

 

   おや、チルシスとアマントが

   芝生の上に出て来てる

 

ギタアを持つては来てゐるが

おつぽり出してあるばかり

 

   月の光が照つてゐた

   月の光が照つてゐた

 

 

   月の光  その二

 

 

おゝチルシスとアマントが

庭に出て来て遊んでる

 

ほんに今夜は春の宵

なまあつたかい靄もある

 

月の光に照らされて

庭のベンチの上にゐる

 

ギタアがそばにはあるけれど

いつかう弾き出しさうもない

 

芝生のむかうは森でして

とても黒々してゐます

 

おゝチルシスとアマントが

こそこそ話してゐる間

 

森の中では死んだ子が

蛍のやうに蹲んでる


  中也    

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2016/11/3 18:42時点)



(このサイトのトップページや評論のページへ行きたい時は、下のリンクをクリックしてください)

   トップページへもどる    「生い立ち」のページに進む

 人気のページ   お地蔵様の正体を探る   石川五右衛門の仲間たち   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   中原思郎さんの思い出