つみびとの歌       中原中也          「サイトの歩き方」も参照してください。

           阿部六郎に

 

 

わが生は、下手な植木師らに

あまりに夙く、手を入れられた悲しさよ!

由来わが血の大方は

頭にのぼり、煮え返り、滾り泡立つ。

 

おちつきがなく、あせり心地に、

つねに外界に索めんとする。

その行いは愚かで、

その考えは分ち難い。

 

かくてこのあはれなる木は、

粗硬な樹皮を、空と風とに、

心はたえず、追惜のおもひに沈み、

 

嬾懦にして、とぎれとぎれの仕草をもち、

人にむかつては心弱く、諂ひがちに、んくて

われにもない、愚事のかぎりを仕出かしてしまふ。


  中也    

汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集 (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2016/11/3 18:42時点)


(このサイトのトップページや評論のページへ行きたい時は、下のリンクをクリックしてください)


    トップページへもどる  「生い立ち」のページに進む   「中原思郎さんの思い出」に進む