ニギハヤヒウマシマチ、先代旧事本紀異聞               「サイトの歩き方」も参照してください。

物部氏の伝承を伝える「先代旧事本紀」が同氏と尾張氏の始祖をニギハヤヒとしている謎については、これまで幾度か取り上げてきましたが、同書の天孫本紀には一つの興味深い逸話が掲載されています。それはニギハヤヒとナガスネヒコの妹である御炊屋姫(登美夜毘売)との間に生まれた宇摩志麻治命(書紀は可美真手命、旧事本紀は味間見命と表記する)の出生に関するものなのです。

  任身ていまだ産まざる時、ニギハヤヒ、婦女に命して曰く。汝、任胎あり。若し男子にてあらば味間見命と号けよ。若し女子にてあらば色麻彌命と号けせよ。
  既にして産むところ男子なり。よって味間見命と号く。ニギハヤヒ尊、既に神損去坐せり。

解説を加えるまでも無く、ニギハヤヒは御炊屋姫との間に出来た一粒種のウマシマチが「生まれる前」に亡くなっていたと天孫本紀が伝えている訳です。そして同書には更に注目すべき記述があります。それは子供の誕生譚の前に置かれたもので、凡そ次のように記されています。ニギハヤヒを天降した高皇産霊尊は、まだ彼の死を知らない時、部下の一人(速飄風)に或る事をするよう命じます。

  我が御子であるニギハヤヒ尊を、葦原中国に遣わした。しかし、疑わしく思うところがあるので、お前が天降って調べて報告するように。

なんとも曖昧模糊として捉えどころのない命令ですが、高天原の責任者でもある高皇産霊尊が抱く疑念と言えば直ぐ、記紀が詳しく伝えた天若日子の一件に思い至ります。それは天孫降臨に先駆けて葦原中国に『道速振る荒ぶる国つ神等が多い』ので、これらの神々を「言趣ける(説得する、平定する)」ために遣わされた天若日子が、大国主神の娘・下照姫を妻に迎え葦原中国を我が物にしようとしたため、高木神(高皇産霊尊の別名)は天安河の河原に届いた「矢」を天上から投げ落とし「邪き心」を持っていた天若日子の胸に命中させました。この「物語」を前提にすれば、ニギハヤヒにも同様の「邪心」が有ったと疑われたことになりますが、旧事本紀の編集者が二番煎じともいえる逸話を部分的に挟み込んだのは、言外に「ニギハヤヒと天若日子の間にある重要なつながり=血統」を後世に伝えたい意思があった故と看做すことも出来そうです(天若日子という神様はアマテラスの三男・天津彦根命と同神と考えられます。記紀は、高天原の神々が天孫に葦原中国を治めさせるため、先ず露払いとしてオオクニヌシとの国譲り交渉役を次々送り込み、何度も失敗するという構成になっています)。

 天孫本紀より  亀井家系図 

新撰姓氏録  旧事本紀  本荘家譜

また物部氏は自分たちの祖神を天照国照彦火明櫛玉饒速日尊と表記して、あたかも天火明命とニギハヤヒが同一神でもあるかのような主張もしていますから、本来「天火明命」がニニギノミコトに先駆けて天降ったとするべき処を、敢えて世代的な隔たりを無視して独自の天孫降臨「話」として作り上げたのかも知れません。(オノコロ・シリーズの中で何度も繰り返し述べてきたように、ニギハヤヒは天忍穂耳尊や天津彦根命たちから見て、少なくとも二代後の世代に属する存在です)

物部氏の同族というよりも同氏の原点とも言うべき穂積姓で亀井氏という古族がありますが、この家が伝えた家譜に「天火明命=ニギハヤヒ」を同一神とする主張を具体的に見ることができます(上段中央の画像参照。系図の下の部分が切れていますが『天照御魂太神ーー天忍穂耳命ーー神饒速日命ーー宇摩志麻遅命』と繋いであります)。つまり親世代に相当する天火明命の位置にニギハヤヒを持ってきたため、彼の母親が「天忍穂耳尊の后である萬幡千々姫命」であると系図の註文が記録してはいますが、不思議なことに姫の父親は高天原の高木神(高皇産霊尊)ではなく「武乳速命」だと記しています。皇統譜に載せられた天忍穂耳命(ニニギノミコトの父親)の皇后「萬幡千々姫命」の名前を勝手に取り替える訳には行きませんから「母」の父神の本当の名前を記すことで事実の一端を示す苦肉の策が施された結果だと言えそうです。従って、出自の良く知られていないニギハヤヒの「外祖父」が武乳速命(タケチチハヤ)という名の人物であることになりますが、この神様を祭神とする神社は大和国旧添下郡にあった添御縣坐神社だけのようです。(ただ、この神社は現在スサノオと櫛稲田姫命も併せて祀っています。江戸期には牛頭天王社と呼ばれていた様なので、後世に祭神として加えられた可能性があります)

『先代旧事本紀』は添県主の祖先を興登魂命の児・武乳遣命(タケチノコリ、天児屋根命の弟)と伝えており『新撰姓氏録』も津速魂命の男・武乳遣命なりと記録していますから、名前の一部分が異なる点を不問とするなら、同氏は中臣氏の同族で古代帝室の直轄地を管理する立場にあったと考えられます。またニギハヤヒの母となった女性は、中臣氏の祖で天孫降臨にも随行した天児屋根命の「姪」にあたりますが、同じ中臣一族の荒木家譜には武乳速命(武乳遣命)という神名は見られず、添県主の祖は「建見合命」だとも記載されています。更に、本姓が「有道宿禰」で伊香色雄命を祖とする物部一族の本荘氏(丹後国、宮津藩藩主)が伝えた本荘家系図には「ニギハヤヒの母・萬幡千々姫命」は「天香語山命の娘」であると明記されている事と合わせて考えれば、武乳速命(武乳遣命)こそが天香語山神の実体であったと思われ、先代旧事本紀に記された「ニギハヤヒの子で尾張連の祖・天香語山命」は明らかな造作ではないかと言えそうです。古代の命名では父母など近親者の名前の一部を、子供などの呼称に遺す事が一般的だったようなので「ヨロズハタチヂヒメ」の父親が「タケチチハヤ」であり、孫が「ニギハヤヒ」だとする見方は首肯できると思います。

 TOP  
   
 人気のページ   オオクニヌシは居なかった   出雲の阿国は歌舞伎の元祖   石川五右衛門の仲間たち   邪馬台国の卑弥呼   お地蔵様の正体をさぐる